2019年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

マドリードのイベリア航空ラウンジが良い!JALサファイアで利用可。

スペインの首都マドリード。

マドリードにあるバラハス空港はスペイン最大の空港です。

スペインの空の玄関口であるバラハス空港へは日本からJALとコードシェアをしているイベリア航空の直行便があります。

しばらく日本からスペインへの直行便はなかったですが2016年にイベリア航空便が20年振りに復活。日本から行きやすくなりました。

そんなバラハス空港にて、スペインのフラッグキャリアであるイベリア航空のラウンジを利用しました。

とにかく広い、食事、ドリンクが豊富。快適なラウンジでした。

マドリード・バラハス空港のターミナルは4つ。ワンワールドはターミナル4発着。

バラハス空港には4つのターミナルがあります。

  • ターミナル1,2,3・・主にスカイチーム、スターアライアンス便
  • ターミナル4・・主にワンワールド便

 

スペインのフラッグキャリアである『イベリア航空』や『ブリティッシュエアウェイズ』を利用する場合は、ターミナル4になります。

建築デザインが独特の空港内。曲線フォルムが美しい。

 

チェックインを終えFast track(優先レーン)を利用しました。ワンワールド・サファイア以上で利用可能。かなりスムーズで待ち時間はほぼ無し。

 

さて、ターミナル4ですが、別にターミナル4S(サテライト)があるので注意してください。

便はターミナル4に集中していますが、ブリティッシュエアウェイズ運行便だと4Sになります。搭乗券をよく見て進んでください。ターミナル4とターミナル4Sは結構距離があります。

 

ブリティッシュエアウェイズ便を利用するのでターミナルSに進みイベリア航空のラウンジへ向かいました。

 

ターミナル4Sにあるイベリア航空ラウンジ

イベリア航空機体のロゴ、機内のシートは赤をメインにしたデザインです。

ラウンジは免税店が並ぶエリアにあるのですが、一瞬スペインブランドの免税店かと思うほど鮮やかなエントランスでした。

 

ラウンジはとにかく広いです。ダイニングルーム、バーエリア、シャワールーム等があります。

スポンサーリンク

ラウンジの様子

広い、広いラウンジ内。混んでいましたが、席が多いのでどこかには座れる感じでしたね。

 

 

二人でも十分くらいのソファ。テーブルは小さいのでドリンクくらいが良いかな。

食事、ドリンク類

食事はそれほど多くはありませんが、搭乗前で機内食が待っているなら十分な量です。

ドリンクは豊富。お酒好きはもちろん、ソフトドリンク(コーヒー、紅茶)も多いので飲めない人も楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒー、紅茶、オレンジジュース、ファンタ系、ミネラルウォーター等。

 

 

 

 

こんな感じで頂きました。良い味付けのオムレツにベーコン。食べませんでしたが、これにパンを加えると最高かな。

 

窓際に座り次の出番を待っている機体を眺めながらの食事は最高です。

 

食事エリアは左右に1箇所ずつあります。どちらでもOKですが、入って右側奥にはバーエリアがあるので、飲む場合はその付近で食事を取った方が効率が良さそうです。

ダイニングエリア

ラウンジに入って左奥に進むとダイニングエリアがあります。

食事、ドリンクは他のエリアと変わらないですが、座ってゆっくり食べれるエリアです。空いているのでおススメ。

 

中々洒落た食事、ドリンクコーナー。

 

 

 

スポンサーリンク

バーコーナー

ラウンジに入り、右奥に進むとバーコーナーがあります。各種ワイン、ウイスキー、ビール。

 

 

 

 

スペイン産のサンミゲルを頂きました。飲みやすくグイグイいけそう。コロナの様な感じ。

シャワールーム、仮眠室

シャワールーム、仮眠室は中央にあります。シャワールームはエントランスで鍵をもらってください。仮眠室は自由に出入り可能です。

 

 

 

仮眠室は出入り可能なので貴重品の管理には気をつけてください。

 

クロークがあるので、大きい荷物はそちらで。

ラウンジ利用方法、まとめ

お洒落なラウンジでした。

広くて食事・ドリンク豊富で使い勝手良し。
ターミナル4Sのラウンジを利用しましたが、イベリア航空便で日本へ行く場合はターミナル4のラウンジになります。

 

マドリードからロンドンへはブリティッシュエアウェイズ便を利用しました。

イベリア航空と同じワンワールドのブリティッシュエアウェイズのマイルで発券。

2019年5月に提携会社の必要マイル数が上がったAviosですが、自社便は変わらず。欧州内は使いやすいです。

【Aviosも330日前解放へ】BAマイルを使ったJAL国内線。メリット、注意点まとめ。

 

ラウンジはビジネスクラス搭乗時、ワンワールドサファイアで利用可能です。JALだとサファイア、JGCで同行者一名もOK。

ワンワールドは3つのステータスがあります。ルビー、サファイア、エメラルド。詳しくはこちらで。

ワンワールドのサファイア、エメラルド、ルビー。どうやったらなれる?特典、メリットまとめ。

 

そして、ヒースローへ。イミグレは自動化になり通過が早い早い。いやー、びっくりでした。かなりの改善でテンションが上がる(笑)

ヒースローではキャセイパシフィック航空のラウンジを利用しました。担々麺があるので香港にいる気分。ヒースロー香港線はキャセイのドル箱路線。ラウンジも充実しています。

ロンドン・ヒースロー空港のキャセイラウンジが良かった!ヌードルバーで担々麺が食べられる!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください