2021年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

JALステータスカードは必要か?2021年から希望者のみ。とりあえず貰っておきます?

今まで自動的に送られてきたJALステータスカードが2021年から希望者のみになります。

経費削減もあるでしょうが、時代の流れと言うべきか。スマホ時代。今はアプリで全て完結します。

では、カードは要らない?えーと、いや、私は希望したいと思います(笑)

JALアプリでステータスを表示。ステータスカードは希望者のみへ。

予約確認のためJALアプリを使っている人は多いと思います。ホーム画面にステータスが表示されていますが、これ使ったこと(表示)ありますか?

 

私はありません。日本だと搭乗券で把握できるので、使うとしたら海外になりますが最近はコロナで海外は行ってないですし。今後、使う機会は主にラウンジ利用になりそう。搭乗券+アプリ提示で。

 

さて、JALホームページには以下の記載あり。

https://www.jal.co.jp/jp/ja/jalmile/flyon/application-flow/

これまでFLY ONステイタスを達成いただいたお客さまとJALグローバルクラブ(JGC)会員のお客さまには、ステイタスカードを発行させていただいておりましたが、『JAL』アプリの提示によって、すべてのステイタスサービスをご利用いただけるため、2021年1月以降は、ご希望された方のみステイタスカードを発行いたします。

 

発行の受付は2021年2月中旬ごろになるとのこと。希望する方は忘れないように申し込みましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

発行できるカードの種類

今回受付する対象者は2020年度にステータス条件を満たした人(コロナ特別対応で延長になった人含む)です。

発行のタイミングは、上位ステータスの達成、発行済みステイタスカードの更新が必要なタイミング、日本地区以外のJGC申し込み、の3つとあります。この中で上位ステータスの達成については、例えば、クリスタル⇒サファイアと進む場合は、それぞれ申し込みが必要になりそう。ステータス基準を達成してカードを希望する場合は、すぐに申し込んだ方が良いかもしれません。

 

カードの種類は、ダイヤモンド、JGCプレミア、サファイア、クリスタル、JGCの5つ。

 

JGC(ワンワールドサファイア)は今まで通り毎年発行が可能。欲しい人は毎年申し込みが可能です。毎年必要?となりますが(笑)、そこはコレクションで。欲しい方は忘れずに。

 

あと、今気づいたのですが、アプリを見ると、ステータスの有効期限の表示がありまでん。従い、空港によっては(海外)、ダメと言われる可能性も0ではありません。となると、貰っておいた方が良いかも。日本では大丈夫ですが、海外となると、何が起きても不思議ではないので。

 

海外で威力を発揮するワンワールドステータス。現在、コロナで活用できていませんが、世界中が落ち着き、次に海外に行ける日が早く来ることを!

ワンワールドのサファイア、エメラルド、ルビー。どうやったらなれる?特典、メリットまとめ。

まとめ

JALステータスがアプリで表示されるようになり、今まで自動的に送られてきたカードが申し込み制になります。とは言え、コレクションとしても良いですし、万が一海外で使えない、何てことも0ではないので、貰っておいた方が良いかもしれません。

 

さて、師走がやってきました。早いですね(笑)今年は今までとは違った一年でした。飛行機に乗る機会が減り、代わりにGoToを利用してホテルに泊まる機会が多かったと人も多いと思いますが、JAL修行を始めようと言う人もGoToを利用しましょう。今のところ6月まで延長される可能性が高くなってきました。詳しくはこちらで。

羽田空港のJGCカウンター
JGCカードを保有して4年の感想。JALグローバルクラブのメリットまとめ。座席指定の特典追加!

2 Comments

さんず

こんにちは、久しぶりの投稿になります。
特に海外でラウンジ等の優遇を受ける際には持ってる方が安心の「カード」です。面倒ではありますが申し込むつもりです。ただ、ステイタスが変わるたびに申し込みが必要だとすると、うっかり忘れてしまいそうでそれが心配です。
もし、JALに続いてANAも申し込みが必要になれば、手間は2倍になります。JALがメインの「紫」なのですが、「申込制」の導入はJALだけであってほしいです。

返信する
のりさん

こんにちは。

国内は心配ないですが海外は不安ですよね〜
確かに、忘れてしまいそうですね。今回は大丈夫だと思いますが。ANAも同じになりそうな気もしますね。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください