JALがLCC参入へ 機材はなぜボーイング787なのか。勝算は?

JALがLCCに参入へ。

成田発の中長距離ローコストキャリア(LCC)会社の設立。JAL中期経営計画で新たな事業を育てるということがある、ANAがバニラエア、ピーチを傘下に収めたような競争激化が背景にあります。

JALやANAはフルサービスキャリア(FSC)の航空会社ですが、今回の決定により両社ともに本格的にLCCに参入します。LCCの台頭により航空業界が更なる競争状態に入り、以前に比べ安く飛行機に乗れるようになりました。利用者にとって選択肢が増えることは良いことです。

さて、JALのLCC。既存のLCCとは少々違います。

JALがLCCに投入する機材はボーイング787‐8。

一方、LCCの殆どがエアバスA320。

一体、どのような違いがあるのか。JALの勝算はいかに。

JALがLCCに参入 成田線で2020年から

JAL中期経営計画 2017年から2020年

JALの2017年から2020年中期経営計画には『事業領域を広げる』とあります。

尚、現在JALはジェットスターに出資をしているので、ジェットスターは従来通り、それに加えて新たなLCCを作る計画になります。JALのLCCは2020年の夏運行を目指しています。

では、ジェットスターとのすみわけをどうするかと言うと、ジェットスターは国内線、及び短距離線での活用、新しく作るLCCは中長距離線で運行することになります。

中長距離線で投入する機材がボーイング787‐8と言う訳です。

ボーイング787‐8はどんな機材?先ずは既存LCCの機材から確認します。

スポンサーリンク

既存LCCの機材について

2018年3月現在のエアバス社の機材受注数をみてみましょう。

A320が圧倒的に多いことが分かります。数字が大きくなるにつれて機材は大型化しています。主に国内線、LCCで利用される小型機のA320が断トツ。

A300/310 A320 A330~350 A380
確定受注数 816 14,157 2,932 331
引き渡し数 816 8,074 1,934 223
受注残 0 6,083 998 108
運行機合計 315 7,722 1,798 223

A320がなぜこれだけ売れたのでしょう。

売れるには理由があります。

A320シートマップ

ピーチ(上段)とバニラエラ(下段)をみてみましょう。

シートの呼び名は違えど同じ180席になっています。またジェットスタージャパンも同じ。シート他仕様については、オーダーで変更も可能ですが、共にA320の標準仕様、つまり極力お金をかけていません。コスト削減ですね。

f:id:norikun2016:20160325203758p:plain

f:id:norikun2016:20160325203823p:plain

航空会社は独自に仕様を決めているのですがこのようにA320については標準で採用する航空会社が多いです。コスト削減に加え中古市場で流通しやすいのもあるかもしれません。

なぜLCCはA320が多いのか

エアバス製A320とボーイング製B737は席数はあまり変わらず同じ機種と言えます。ではなぜLCCの各社はB737ではなくA320を選んだのか?

スターフライヤーが設立当初にA320を選んだ理由として、
①A320の方が座席がB737に比べてゆったりしている。(胴体部が長い為)
②貨物コンテナの搭載が可能。
を挙げています。

①についてはA320の方が10数センチ胴体部が長く若干の余裕が生まれます。
②については貨物の出し入れが容易、B737だとバラ積みしなくてはいけない、と言うことになります。以下はANAのHPから引用したもので、A320はコンテナが搭載されている、と言うことになります。

f:id:norikun2016:20160325212802p:plain

全体の重量をコントロールし、機材の乗り回しの回転を早くするために素早く貨物を入れることは必要不可欠だった、と言えます。

また一度機材を選定するとパイロットとか整備上の問題から機材の統一が重要になる為、将来の購入については同じ機材を購入していくということに繋がっていきます。 従って、バニラエア、ピーチ、スターフライヤー等は同じ機材で統一しています。

ANAとかJALはボーイングとの結び付きが強く中々大胆な機材の変更ができなかったですが、LCCは新しい会社のためしがらみがなく、売り込み攻勢をかけたエアバスを初めからすんなり選択できた、と言うこともあるかと思います。

然しながら、ここ数年ANA、JALがエアバス社を選択しており、偏った発注形態から脱出しどちらの選択も可能にする、と言う戦略をしていることが分かります。

JALのLCCはボーイング787‐8

多くのLCCはA320を導入していることが分かりました。

ではJALはなぜ787‐8を選んだのでしょう。

JALはボーイング787‐8を2機投入予定。

2018年3月発表のJAL機材計画をみてみましょう。国際線だと長距離用にボーイング777、中長距離用にボーイング787、近距離用に767を想定しています。

元々保有していたこともありますが距離的なものがあります。

成田からボーイング767だと東南アジア付近が限度ですが、中長距離用のB787ならヨーロッパ、北米まで飛行することが可能です。787を選んだのは中長距離線で使いたいためですね。

尚、ボーイング787‐8は2種類あり1つはビジネスクラスがフルフラットのタイプ。もう一つは以下のような旧ビジネスクラスのタイプになります。787‐9の新しい機材の投入はないと言っているので、この古い機材を改造しLCC用として利用するのではと推測します。

787‐8を選んだのは中長距離用として、JALの機材計画なの中で比較的容易に投入できる(古い機材の改造)、と考えたからではないでしょうか。

スポンサーリンク

A320とB787‐8のシートピッチの違い

A320エコノミーは標準シートピッチは71センチです。

バニラエアだとこんな感じ。これで成田ヨーロッパはきつそう。

では投入されるボーイング787‐8はどうなるかと言うと、ジェットスターやスクートで787‐8が投入されているので予想することが可能です。

ジェットスターやスクートのエコノミーのシートピッチは79センチ。JALやANAの国内線が79センチなので同程度です。標準LCCより8センチ長い。配列は3‐3‐3。

スクートのビジネスクラスのシートピッチは96センチ。国内線のJALクラスJと同程度。配列は2‐3‐2なのでエコノミーに比べ1席分横のゆとりがあります。

スクートやジェットスターはビジネスクラス21席、エコノミー314席の計335席。記者会見によるとJALは300席前後を想定しているとのことなので、JALの787はスクートに比べてビジネスクラスを増やす、ビジネスクラスのシートピッチを広げる、エコノミーのシートピッチを広げることになるでしょう。

いずれにせよJALのLCCシートピッチの広さは、

LCC⇒JALのLCC⇒通常の国際線になりそうです。JAL仕様のLCCですね。

LCCの問題点、機内食、ラウンジ、マイレージはどうなる?

LCCに搭乗する際の注意点を纏めJALと比較してみました。

①遅延や欠航が多い・・少ない機材でフル稼働するため、故障やトラブル発生時に欠航や遅延が発生します。振替が無いと翌日以降になることもあります。ANAやJALが遅延・欠航が少ないのは機材繰りが可能な場合が多い為です。

⇒JALは当初は2機で運行。既存LCCに比べ機材繰りは良いでしょう。

②荷物預けは有料・・目一杯の人を乗せるために機体の重量に制限がかかるため、荷物を減らし対応しています。荷物は極力減らして機内に持っていける分だけにした方が安上がりになります。

⇒現状、JALの国際線787‐8は客数200人以下で運用。300人程度になるので制限する可能性が高いです。

③空港のカウンターは遠い・・空港の隅にあることが多いので、時間に余裕を持って空港に向かうことが大切です。

⇒JALのカウンターを使えば問題なさそう。

④機内食他サービスは有料・・フライト時間にもよりますが、食事時であれば前もって空港で食べることをお勧めします。食事の持込はOKの会社もありますが、スタンスがばらばらなので事前の確認が必要。

⇒機内食、空港ラウンジ、マイレージについてはまだ決定していません。全て込みだとLCCにする必要はないのである程度制限すると思います。JALマイルを使って特典航空券は取れるようになると思いますが。

スポンサーリンク

まとめ

JALがLCCに参入へ。

LCCとは言え、ボーイング787‐8なので導入しているジェットスターやスクートを見ても現状のLCCよりゆとりあるシートを提供することになるでしょう。エコノミー、ビジネスクラスの2クラスになると予想します。

機内食、空港ラウンジ利用、マイレージについてはまだ決定していません。LCCに参入する意味はコスト削減による低価格化なのである程度は削ると思いますが、ヨーロッパや北米で食事なしも悲しいですよね。軽食+あとは有料で。そんな感じかな、と思います。あとは路線がどうなるか。

JALマイルを使って特典航空券は取れると思うのですがどうでしょう。

以上、あくまで予想と言うことで。

2 Comments

yuji

スクートと一緒だと思います。すくーとみたいに空いてれば横三列で寝て行けるとかもありますが、満員とか近いと辛いですね、787は

返信する
のりさん

はい、スクート仕様になりそうですね~ 最初はアジアだと思いますが一度乗ってみたいです。

返信する

コメントを残す