2021年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

ヒルトン・アメックス(AMEX)カード誕生!年会費、特典はどうなった?

ヒルトンと提携した三井住友のヒルトンVISAカードは長年ヒルトンユーザーに愛用されてきました。

ゴールドカードを持てばヒルトン・ゴールドになり朝食無料、アップグレード、レイトチェックアウト等の特典があるからです。年に数回泊まれば元は取れる計算になります。

そんなヒルトンVISAカードは2020年6月30日をもって新規募集を停止。代わりに新しいブランドでヒルトンカードが誕生することになりましたが、

2021年3月、アメックス公式より新カードの内容が発表されました。思ったより良い内容。発行する、しない、どちらにせよ、新カードはワクワクしますね!

ヒルトンVISA カードは2020年6月末で受付停止。

ヒルトンと三井住友カードが提携したヒルトンVISAカードは以下の3種類ありました。

  • クラシック・・年会費3,225円
  • ゴールド・・年会費14,150円
  • プラチナ・・年会費67,500円

 

中でも人気なのがゴールドカード。通常20滞在または40泊必要なヒルトン・ゴールドが年14,150円でもらえるのが理由です。

 

ゴールド会員だと朝食無料、アップグレード(空きがあれば)、レイトチェックアウト等の特典があります。

ステータス 要件
シルバー 滞在4回または10泊
ゴールド 滞在20回または40泊または75,000ベースポイント
ダイヤモンド 滞在30回または60泊または120,000ベースポイント

 

ヒルトンアメックスが誕生。特典、年会費はどうなった?

スポンサーリンク

アメリカでのヒルトン・アメックスの種類

先ずはアメリカのカードを見てみましょう。

ヒルトンカードはアメリカでは個人カード3枚とビジネスカード1枚があります。

  • 年会費無料のアメックスカード
  • 年会費95ドルのSurpassカード(ゴールド相当)
  • 年会費450ドルのAspireカード(ダイヤモンド相当)

 

クレジットカード大国のアメリカでは入会ボーナスが日本以上。年会費無料のアメックスで75,000ポイントもらえます。太っ腹ですね~

ヒルトン・ゴールドがもらえるSurpassカードで95ドル。入会ボーナスは10万ポイント。日本であれば絶対作ると言うレベルです。

 

年会費450ドルのAspireカードで以下の特典があります。日本の三井住友VISAで67,500円なのでアメリカはやはり安い。ヒルトンダイヤは諸条件クリアが必須です。

  • 入会ボーナス10万ポイント
  • プライオリティパス
  • 週末宿泊特典
  • ヒルトン・ダイヤモンドステータス

 

次に、日本のヒルトン・アメックスについて見ていきましょう。

日本のヒルトン・アメックスはどうなった?

三井住友のヒルトンVISAカードは3種類ありました。

  • クラシック・・年会費3,225円
  • ゴールド・・年会費14,150円
  • プラチナ・・年会費67,500円

 

アメックスになれば分かりやすく2枚になる可能性が高いかも。プラチナ・ゴールドの2本で勝負。

⇒やはり2枚でした。シンプルで分かりやすいですね。

 

さて、ホテル系のアメックスと言えば最大手のマリオットと提携したSPGアメックスが有名です。年会費34,100円でゴールド資格、2年目から無料宿泊特典が付きます。

SPGアメックスのメリット、デメリットを徹底解説。4年使っての感想まとめ。

 

SPGアメックスの34,100円より高くなると勝てないので、それよりは安く、3万円を切る価格になるのではと予想します。高くて税抜きで26,000円、27,000円くらいですかね。継続ボーナスはマリオットと同じ無料宿泊だと人気出そう。

⇒実際は16,500円。予想を大幅に超えて安い年会費になりました。

 

一方、プラチナはぐっと上がって7、8万円くらい。ダイヤステータス付き。一年目から無料宿泊が付くならもう少し高くなるかもしれません。

⇒実際は65,000円。思ったより少し安かった。

 

加えて、アメックスはトラベルサービスが豊富な点はメリット大。特に航空遅延補償は便利。国際線に限りますが補償があれば安心できますよ。

国内、海外の飛行機の遅延、欠航時の補償まとめ。おすすめはJCBゴールド!

スポンサーリンク

2020年12月よくある質問が公開されました

よくある質問が公開されています。新しい情報はありませんが問い合わせが多いことを考慮してのことでしょう。

https://hiltonhotels.jp/hilton-honors-credit-cards

内容をまとめるとこんな感じです。

  • 新カードは2021年春発表で間違いなさそう。
  • 現カードで2022年8月までヒルトンの特典を受けることができる。
  • 現カードの代替えカードが出る。
  • 2022年に満了を迎えるカードは2023年3月まで会員資格を維持できる。

 

上の3つは既に出ていた情報ですが、最後の『2022年に満了するカードの会員資格は2023年3月まで』が新しく追加されました。まだ解約していない人は確認してください。2023年3月までなら現カードを使っても良いかと。

尚、カード発行は一度延期されていた経緯あり、これで固まったかなと言う印象。代替えカードはヒルトンとは別のカードになりますが、引き留めの意味でもキャンペーンがあるかもしれませんね。

3月、アメックスより詳細が発表されました。

なんと、ゴールド付帯のヒルトンアメックスは税込16,500円!家族カード1枚無料。2万円は超えると思ったので驚きでした。

ヒルトンvisaは14,150円だったので上がっていますが、これは許容範囲でしょう。

朝食無料のゴールド付帯、100円で最大3ポイント、2年目以降の継続宿泊特典(150万以上利用)あり。継続特典はハードルが高そうですが、全体としては使えそうです。

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/hilton-classic-card/?linknav=jp-amex-cardshop-allcards-learn-HiltonClassicCard-fc

 

ヒルトンホテルで100円で3ポイント、その他の買い物で100円で2ポイントです。ヒルトンポイントの価値は、無料宿泊に交換した場合、大体1ポイント0.5円です。メインで使っていく感じではないですが、ポイント足りない分を補うくらいが良いかもしれません。

 

入会キャンペーンは以下の通り。ヒルトンアメックスは最大25,000ポイントです。

 

一方、ヒルトンプレミアムカードは年会費税込66,000円。条件なしに継続宿泊特典がもらえ、300万円以上の利用でさらに1泊もらえます。ステータスはゴールド付与ですが、年200万円以上の利用でダイヤモンドが付与されます。入会ボーナスは最大75,000ポイント。うーん、200万使ってダイヤ。事業等で月の決済が多い、或いは出張等で全てヒルトンに寄せたい場合は良いかもしれませんね。

 

ちなみにヒルトンポイントは宿泊だと1ポイント0.5円程度ですが、マイル移行のレートは悪いです。10,000ポイントで1,000マイル。1マイル2円としても1ポイント0.2円程度になります。他のホテルチェーンに比べても低く、やはりポイントは無料宿泊で使うのが得策です。

ホテルのポイント購入セールは買いなのか?陸マイラーに人気のホテルで比較。

 

そして、ハピタスに登場しました。通常カードは1,000ポイント。プレミアムカードは2,000ポイントもらえます。今後、増える可能性もあるので、もう少し待ってみても良いかもしれません。

まとめ

ヒルトンアメックスは16,500円と予想より安いのが印象でした。

ゴールドで朝食無料。入会ボーナスは最大25,000ポイント。思ったより安く良い内容で私も作る予定です。ただし、現状ダイヤモンド会員の人はメリット薄。降格した際に作ると言った感じでしょう。

今までヒルトンvisaを持っていなかった、ヒルトンに泊まっていなかった、と言う人も、カードを持てば他のゴールド会員と同じ対応をしてもらえるので、ヒルトン体験してみたい場合はおすすめ。朝食無料&ゴールド特典で3回程度泊まれば元は取れそうです。

 

さいごに、アメックスのホテルカードと言えば、マリオットのSPGアメックスになりますが、ポイントの価値はマイル移行率が高いSPGがおすすめです。ホテルはヒルトン1本にしたい場合はヒルトンアメックス、ポイントを上手く使いたい場合はSPGがおすすめです。

SPGアメックスのメリット、デメリットを徹底解説。4年使っての感想まとめ。

 

さて、ヒルトンステータスマッチ。ダイヤを目指すならステータスマッチがおすすめです。

ヒルトンのステータスマッチ
【最新】ヒルトンのステータスマッチは2021年がチャンス!ゴールド5泊、ダイヤモンドは9泊で達成。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください