モッピーのJALマイルキャンペーン延長へ

2019年6月~7月の燃料サーチャージはANA、JALともに値上げへ。どのくらい影響がある?

航空券の総額を決める上で重要な燃料サーチャージ。

2019年4月~5月は3段階下がり発券しやすくなりましたが、原油価格の高騰により6月~7月分が1段階上がることになりました。

予定があれば5月中に発券するのをおすすめします。

どれくらい影響があるのでしょうか。

燃料サーチャージとは?計算方法

航空券は運賃+空港税等の諸税、燃料サーチャージから成り立ちます。

そのうち、燃料サーチャージは原油価格に基づき算出されます。

具体的には直前2か月間のシンガポールケロシン市場価格の平均に為替を考慮し決定しています。

例えば2019年6月からのサーチャージの決定の仕方は以下。

  • 2019年2月から3月のケロシン価格が平均1バレル78.97ドル
  • 為替平均が110.79円
  • かけると8,749円

 

8,749円を基準に燃料サーチャージを決定します。

以下はANAの燃料サーチャージ算出表です。

算出額が8,749円なので、8,000円から9,000円のサーチャージ額の適用となりました。前回に比べ1段階上昇することになりました。

 

燃料サーチャージは2か月ごとに見直されます。

2019年6月~7月は今回に比べ1段階アップ。

次は2019年4月から5ヵ月の原油価格、為替を考慮し2019年8月、9月の燃料サーチャージが決定されます。

スポンサーリンク

2019年6月から7月のANA燃料サーチャージ

ANAの燃料サーチャージをみてみましょう。

以下は片道に必要な燃料サーチャージです。欧米、オセアニアで3,500円アップ、東南アジアで1,500円のアップになります。

日本発 3月まで 4~5月 6~7月
欧州、北米、オセアニア 17,500 7,000 10,500 3,500
ハワイ、インド、インドネシア 11,000 4,000 6,000 2,000
タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジア 8,500 3,000 4,500 1,500
ベトナム、グアム、フィリピン 5,000 2,000 3,000 1,000
韓国をの除く東アジア 4,500 1,500 2,500 1,000
韓国 1,500 300 500 200

 

往復で考えるとだぶ上がりますね。

とは言え、3月までに比べるとまだ安く感じるのは不思議です。安定して欲しいですね。

サーチャージは利用者にとっては仕方ない部分なので推移を見守っていきましょう。

尚、ANAは一部のエコノミー運賃で座席指定が有料化になることが決定しました。実質の値上げ。

ANAエコノミークラスの座席が予約クラスに応じて一部有料へ。今後どうなる?

 

サーチャージが上がり座席指定をするとかなりの負担増になりますが、特典航空券は今まで通り無料なのは救いです。

スポンサーリンク

2019年6月から7月のJAL燃料サーチャージ

JALの燃料サーチャージをみてみましょう。基本的にはANAと同じです。

片道にかかるサーチャージは欧米が3,500円、東アジアだと1,000円上昇します。

日本発 3月まで 4~5月 6~7月
欧州、北米、オセアニア 17,500 7,000 10,500 3,500
ハワイ、インド、インドネシア、スリランカ 11,000 4,000 6,000 2,000
タイ、シンガポール、マレーシア 8,500 3,000 4,500 1,500
ベトナム、パラオ、グアム、フィリピン 5,000 2,000 3,000 1,000
韓国をの除く東アジア 4,500 1,500 2,500 1,000
韓国、極東ロシア 1,500 300 500 200

 

4月以降に3段階サーチャージが下がったわけですが、ここに来て安いセールが実施されています。

サーチャージが下がるのを見越し運賃に上乗せすることも考えられるのですが(一部運賃は実施されているかも)、安いセール運賃は魅力です。

ここ数か月、ANAはセールが少なめに対し、JALの方が攻めています。

例えばホーチミン、ハノイのエコノミーセール。28,000円。サーチャージが下がったことを考えると大幅に安くなっています。

JALハノイ、ホーチミン線のエコノミーが安い。28,000円で9月30日搭乗分まで。

まとめ

ANAとJALのサーチャージは6月から1段階上がることになりました。

予定があれば5月中の発券をおすすめします。発券する人数が増えるほど影響は大きくなりますね。

サーチャージは安定して欲しいですが、個人ではどうすることもできません。推移を見守り、良いときで発券したいですね。

国際線と言えばANAもJALも最新変化してきています。例えばJALは仕様変更によりプレミアムエコノミーを減少させたり。

ビジネスクラスやファーストクラスに力を入れる傾向でしたが少しづつ変わってきてますね。利益の拡大、会社にとっては避けて通れない道です。

JAL搭乗口
JALプレミアムエコノミーが減少へ。仕様変更でエコノミー席が増える。影響は?

 

さて、ANA国際線機内販売では5,6月分で焼酎『村尾』が販売されます。希少価値があり焼酎好きにとっては嬉しいですし、プレゼントとしても最適な商品です。予定があれば検討しみてください。

ANA機内販売で購入できる村尾
2019年も発売!ANA機内販売で購入できる焼酎『村尾』はプリオーダーがおすすめ!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください