JALマイルはモッピーで。登録で1,000ポイント。

空港でタバコが吸えない?タイ空港の喫煙事情。6空港で全面禁煙へ。

スワンナプーム空港の制限エリア内

え、タイの空港でタバコはもう吸えない?

JALホームページを見ていたらバンコク・スワンナプーム空港のサクララウンジの喫煙所が閉鎖されたとのプレスリリースを見ました。

私はタバコを吸わないので、普段だとスルーしてしまうテーマなのですが、喫煙所が閉鎖?なぜ?と調べてみると、スワンナプーム空港全体で喫煙禁止となったようです。

さらに進むとバンコクの6つの空港で禁煙となりました。タバコを吸う人でタイに向かう人は十分に気を付けてください。

タイ国内へのタバコの持ち込み、電子タバコもNG。6つの空港で全面喫煙に。

タイ観光庁の重要なお知らせ

各国の観光庁のホームページは様々な情報を入手することができます。渡航前はチェックしてみてください。

タイ観光庁のホームページの重要なお知らせ。直近はタバコのニュースが多いですね。全面禁煙、電子タバコ、タイへの持ち込みについて。

元々、タイ国内ではタバコの店内、ショップでの喫煙、特に電子タバコ(アイコス)の取り扱いが日本以上に厳しく、街での使用での逮捕者も出ていたので、今回の処置はある程度は想像できるのですが、かなり突っ込んできました。

スポンサーリンク

タバコと電子タバコ(アイコス)の持ち込み制限

タイ国内に持ち込めるタバコは紙巻であれば200本(1カートン)、葉巻は250グラムまで、電子タバコは付属品を含むすべてが持ち込み不可となっています。

特に電子タバコは厳しいです。

タイでは電子タバコ禁止令が2014年12月27日から発令。違反した場合、最高で10年の懲役、50万バーツの罰金のいずれかが処せられる。

普通のタバコより厳しいですね。電子タバコの方が害はないので禁止する必要はない気がしますが、マレーシアで電子タバコが爆発的に人気となり、マレーシア産の電子タバコ輸入が増えるとタイ国内で痛手となるので禁止した、そんなことも言われているようです。

電子タバコを国内に持ち込んだと言うニュースはたまに流れてます。知らないで街で吸ったでは済まされないので気を付けてください。

2019年2月3日からタイの空港で全面禁煙へ

タイの6空港での全面禁煙。私が知ったのはJALのホームページでした。

サクララウンジでの喫煙所が閉鎖になると言うもの。ん、そもそもサクララウンジに喫煙所ってあったっけ?

以前に利用した時の自分の記事を見てみると書いてなかったですね(笑)吸わないので見落としてました。

JALサクララウンジをスワンナプーム空港で利用しての感想。

ちなみにバンコクにANAラウンジはなく、ANA公式HPのトップページに今回の処置の記載ありません。JALだと気づきやすいですが、ANAユーザーだと気づかない可能性もありますね。気を付けてください。

タイで喫煙禁止になった6空港。全て国際線で使われている空港です。

スワンナプーム、ドンムアン、プーケット、チェンマイ、ハジャイ、チェンライ

2019年2月3日から全面禁煙となっています。

空港内での喫煙所の廃止、空港ターミナルの屋外でも禁止なので、注意してください。

かなり厳しい処置ですね。目的地に着くまで吸えないことになるので、出発日はホテルで吸うのが最後、みたいな感じになるのでしょうか。フライト時間にもよりますが、日本だと半日くらい吸えない感じでしょうか。

尚、違反した場合は5,000バーツ(17,500円)の罰金が科さられます。

スポンサーリンク

バンコク事情

タイ・バンコク事情は以下の通り。

面積 日本の約1.4倍。
人口 6900万人(2017年時点)
通貨 バーツ。1バーツ3.5円。2019年2月現在。
時差 日本と2時間。日本が午前8時のとき6時。
気候 熱帯。11月から2月は乾季でおすすめ。
観光ビザ 30日以内なら不要
プラグ 220V、50Hz。日本と同じ型が多い。

気候もよく『微笑みの国』とも言われているバンコクは日本人にとって過ごしやすい街。ANA、JALを始めとして直行便も多く行きやすい国です。

今回の空港でのタバコ禁止がどのように影響するのでしょうか。吸わない人にとっては関係がなく、むしろ有難いニュースです。

ヘビーユーザーにとってはちょっと厳しいですかね。目的地到着まで吸えないとなると、どうなのでしょう。ヘビーユーザーの知人を見ると我慢するのは厳しい感じがします。

まとめ

2019年2月3日からタイの6つの空港で全面禁煙に。

私は吸わないので問題はないですが、吸う人は到着まで吸えないとなると結構厳しいかもしれませんね。ヘビーユーザーなら今回の件でタイは行けないなぁ、と言う人もいるかもしれません。

今回、喫煙禁止となったのが国際線で使われている空港です。タイの国内線だけで使われている空港は禁止になっていないようです。喫煙禁止の事情が少し見えてきますね。

例えば、国内線で使われているスコータイ空港。ほぼ屋外って感じなので、禁止する必要もないのかもしれません。

バンコク・エアウェイズで行くスコータイ。バンコクからの日帰り観光は最高におすすめ!

さて、バンコク・スワンナプーム空港はプライオリティパスで利用できるラウンジが8か所あります。ミラクルラウンジ、エールフランス、オマーン航空のラウンジがおすすめです。

プライオリティパスで利用できるスワンナプーム空港のラウンジは9か所。おすすめは?

2 Comments

まなさん

先週の9日にスワンナムプーム空港から帰ってきましたが出発口(4階)の外の7番口に植木で囲まれた喫煙エリアがまだありました。

返信する
のりさん

コメントありがとうございます。えー、ありましたか!運用開始直後なので緩いのですかね。参考になりました。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください