2020年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

プリンスポイントで交換した宿泊券の期限が9月末に延長。【新型コロナ対応】

プリンスホテルより新型コロナウイルスによる特別対応が発表されました。

2019年12月までに発行した宿泊券を保有している場合は確認ください。

 

プリンスポイントはプリンス系サービスの利用、各種ポイントの移行で貯められるポイントです。

ポイントを貯めると宿泊券、食事券、レジャー券等に交換できます。一番のおすすめはプリンス系のホテルに無料宿泊すること。

尚、5,000ポイントから無料宿泊で利用できるとあって非常に優れたポイントでしたが、2020年から必要ポイント数が増加しました。お得な使い道はまだありますが、貯めたポイントの交換先としての優先順位は下がりましたね。

プリンスポイントとは。2020年から無料宿泊に必要なポイントが増加。

プリンスポイントは、プリンスポイント加盟店での利用、各種ポイントの移行で貯めることができます。

注意すべきなのはポイントの有効期限。貯まった年の次の年で有効期限が切れます。ホテル利用やレジャー、レストラン食事券等で使い切る必要があります。

 

プリンス系のホテル利用やショッピングで貯めることができますが、一番は各種ポイント移行になります。セゾンの永久不滅ポイント、ネットマイル、りそなポイントの3つ。

 

ネットマイルは現在交換しづらくなっているので、永久不滅ポイントから交換予定の人も多いと思います。

 

尚、交換するには、SEIBE PRINCE CLUB カードセゾンが必要です。

Tポイント、Gポイント(1,000ポイント)⇒JRキューポ(1,000ポイント)⇒永久不滅ポイント(200ポイント)⇒プリンスポイント(1,000ポイント)へ。

ちょっと長い交換ルートになりますが、Tポイントを等価で交換できるとあって非常に便利なポイント移行です。

スポンサーリンク

無料宿泊を利用する際の注意点

無料宿泊券の注意事項は以下の通り。

  • プリンスポイントの移行後、約1週間で券が届く。
  • 無料宿泊券の有効期限は6ヵ月。
  • ホテルによって除外日あり。
  • 予約は電話のみ。
  • 2日前までなら変更も可能。

 

無料宿泊券の有効期限に注意してください。長い様で6ヵ月はあっという間にやってきます。

新型コロナウイルス特別対応で宿泊券の期限が延長へ

新型コロナウイルスでの特別対応が発表されました。

  • 会員特典が2020年9月30日まで延長。
  • プリンスポイント2019年交換商品の延長。(期間限定商品は不可)

 

保有している引換券では対応できないので、改めて引換券を発行し延長するとのこと。

 

私も2019年12月に交換した6月28日期限の12,000ポイントの宿泊券を持っていたので問合せしました。

 

のりさん

プリンス宿泊券の延長をお願いしたいのですが。

担当の方

かしこまりました。9月末期限で再度宿泊券をお送りします。1週間ほどでお届けします。返信用封筒に現在お持ちの宿泊券を同封して送っていただけますか?

 

尚、宿泊券をポイントに戻すことも可能です。私の場合、さくらタワーの必要ポイント数が上がっているので、9月末までの再発行で対応してもらいました。

一安心。使いたくても使えない状態だったので。さくらタワーは素敵なホテルなので、次回泊まる日を楽しみにしています。

スポンサーリンク

2020年から無料宿泊に必要なポイントが増加へ

2020年からの必要ポイント数を見てみましょう。

https://club.seibugroup.jp/shared/ebook/book2020/html5m.html#page=5

 

2019年は5,000ポイントからだったのが、2020年からは6,000ポイントからになりました。

Tポイントを等価で交換でき、1ポイント1円と見て良いので、6,000ポイントで週末に使えばまだまだ利用価値はありますが、、、

ホテル名 2019年 2020年
新横浜プリンスホテル 5,000 6,000
苗場プリンスホテル 5,000 6,000
札幌プリンスホテル 5,000 6,000
新宿プリンスホテル 6,000 7,000
サンシャインプリンスホテル 6,000 7,000
川越プリンスホテル 6,000 7,000
品川プリンスホテル 5,000 8,000
大磯プリンスホテル 7,000 8,000
大津プリンスホテル 7,000 8,000
グランドプリンス高輪 8,000 12,000
グランドプリンス新高輪 8,000 12,000
軽井沢プリンスホテル 10,000 12,000
グランドプリンスホテル京都 8,000 15,000
さくらタワー東京 12,000 30,000

 

品川プリンスホテルが5,000ポイントから8,000ポイントへ。私も何度か利用しましたが、これは痛い。

金曜だと20,000円くらいなので、8,000ポイントでもお得と言えばお得ですが、優先的に移行はし辛くなりますね。

 

一番の驚きはさくらタワー東京が12,000ポイントから30,000ポイントになったこと。

私も利用しました。品川駅から近くとても素敵なホテルでした。

 

 

日によっては40,000円以上するので30,000ポイントでもお得に活用できる日はありますが、事実上交換は厳しくなりましたね。

 

と言うか、これまでがお得すぎました。

 

さくらタワー東京はマリオットのオートグラフコレクションに位置するマリオット系ホテルでもあり、プリンスポイントで予約した場合にもマリオットのステータスを活用できると言うマリオットユーザーにとって利用しがいのあるホテルでした。

 

のりさん

マリオットのポイントを使うとスタンダートで50,000ポイント。一方でプリンスポイントだと12,000ポイント。これは差がありました。

まとめ

新型コロナの特別対応が発表されました。

9月末までには楽しめる状態であって欲しいですが、こればっかりは分かりません。とりあえず、一安心。そして対応に感謝です。

さて、2020年よりプリンスポイントを使った無料宿泊時の必要ポイント数が増加しました。

今までも必要ポイントの増加は多々あり、年々利用が難しくなってきましたね。個人的には品川プリンスとさくらタワー東京が痛い。

特にさくらタワー東京の12,000ポイントから30,000ポイントは、明らかにマリオットユーザー対策。それだけお得なポイントの移行先でした。

こうした制度変更は仕方ない部分があるので、利用できる時に利用したいですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください