成田空港アメリカン航空ラウンジ こんな時におすすめ!

和の要素を至るところで楽しめるラウンジでした。

成田空港第2ターミナルのワンワールド・ラウンジは、JAL、キャセイ、カンタス航空、アメリカン航空とあり、通常だとJALサクララウンジを利用する人が多いと思います。

何れのラウンジもJALのステータス(サファイヤ、JGC)以上で同行者1名が利用可能。従い、JALサクララウンジを利用するのが通常の流れだと思います。羽田空港のキャセイは豪華ですが成田のキャセイはそこまでの設備はなく、今後の改装に期待、と言ったところでしょう。

さて、アメリカン航空のラウンジはこんな時におすすめです。

①サクララウンジが混んでいた。
②空いているラウンジでのんびりしたい。
③ちょっと違った雰囲気を味わいたい。

等々。加えて、ラウンジ内には『JAL LOUNGE with American Airlines』のサービスがありアメリカン航空ラウンジにいながらサクララウンジの食事を楽しむことも可能です。時間は限定で7:30~11:30まで。

アメリカン航空のアドミラルズクラブはこんなところでした。

成田空港国際線 アメリカン航空のラウンジ

スポンサーリンク

アクセス

北側の出国審査を抜けるとすぐです。M5、M6を目指しましょう。
M5はサクララウンジは南側の出国審査場を抜けたところにあります。

f:id:norikun2016:20170401062826j:plain

エスカレーターで2階に上がります。こちらエントランス。

f:id:norikun2016:20170331210153j:plain

そして中へ

ラウンジ内は和の要素をふんだんに取り入れています。
木をつかったり人形や飾りつけも至るところにあるので和みます。
アメリカン航空ラウンジを利用する外国の方にとっては日本文化に触れる良い機会でしょうね。

f:id:norikun2016:20170331210213j:plain

ラウンジ内は明るく日当たり良好。

f:id:norikun2016:20170331210230j:plain

窓側の席からは滑走路が。滑走路が光る夜もまた良いでしょうね。

f:id:norikun2016:20170331210248j:plain

f:id:norikun2016:20170331210308j:plain

結構良い時間だったのですがガラガラです。
成田のJALなので皆さんそちらに向かうのでしょう。

f:id:norikun2016:20170331210331j:plain

スポンサーリンク

食事・ドリンク

こちらはダイニングエリア、バーの様ですね。

f:id:norikun2016:20170331210401j:plain

食事はこんな感じでした。食事・ドリンクについてはやはりJAL LOUNGE with American Airlines』のサービス提供内に利用するのが良いでしょうね。

f:id:norikun2016:20170331210459j:plain

f:id:norikun2016:20170331210526j:plain

f:id:norikun2016:20170331210546j:plain

f:id:norikun2016:20170331210605j:plain

f:id:norikun2016:20170331210416j:plain

f:id:norikun2016:20170331210429j:plain

f:id:norikun2016:20170331210637j:plain

f:id:norikun2016:20170331210654j:plain

f:id:norikun2016:20170331210715j:plain

あと個人的にお気に入りなのが一番奥にあるこのスペース。
180度にはなりませんが足を伸ばして休むことが可能です。
ちょっと休みたい、と言う時には良いでしょうね。

f:id:norikun2016:20170331210730j:plain

f:id:norikun2016:20170331210749j:plain

まとめ

成田空港第二アメリカン航空 アドミラルズ・クラブ
本館2階B5 WIFIサービス、シャワー、パソコン、プリンターあり。

アドミラルズ・クラブの『JAL LOUNGE with American Airlines』
7:30~11:30はJALサクララウンジの食事が楽しめます。
リンクはこちら。

JAL – 成田国際空港にJAL LOUNGE with American Airlinesをオープン

もちろんJAL特製カレーもありますよ。

f:id:norikun2016:20170401070629j:plain

利用条件としてはJALサファイヤ、JGC、ワンワールドのサファイヤ以上で同行者1名が利用可能です。クレジットカードの年会費を払い続ける限りステータスを維持できるJGCについてはこちら参考まで。

JALグロバールクラブ(JGC)の特典、入会方法、JGC修行の全て

2 Comments

hypothetical

各社色々考えてawayでラウンジを維持しているのでしょうね。香港のskyteamのように一つに集約しているところもあります。それでシャワーなどが充実すれば利用者にもメリットがあるし、次に来た時も存続している(持続可能性)ことを期待できるでしょう。JALのSan Franciscoのラウンジは、一日1便のために維持しているので苦しそうです。便名「JAL1」の出発地としてプライドがあるのかもしれません。でも、同じフロアのキャセイやBAと比べると明らかに見劣りします。ファースクトクラス乗客用の部屋もあるのですが、入ってみると喫煙室(隔離部屋という意味。追い出し部屋かも)という感じでした。また、マレーシア(KLIA)にはタイ航空とシンガポール航空の2つ(Star Alliance)が並立していますが、どちらもシャワーがない中途半端なものです。南洋ですから、シャワーが欲しいです。

返信する
norikun2016

そうですね、成田でAAの運営は考えがあってだと思います。その他ワンワールド各社も同じ考えでしょうね。JALのサンフランシスコは1便ですか、撤退したい気持ちはもちろんあるでしょうが、複雑な事情がありそうですよね。ラウンジ運営も奥が深いですね、参考になりました。いつもありがとうございます。

返信する

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.