2021年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

三井住友カードとSBI証券がついにタッグ!積立でVポイントが貯まる!おすすめは?

SBI証券の投信積立を三井住友カードで決済するとVポイントが貯まる!

6月30日スタート。

個人的に超嬉しいニュース。これ、何が良いって、現状だとクレカ決済不可。なので、口座振替にしてます。これを三井住友カード決済に変更予定。今後は、投信の成績に関係なく、毎月0.5%(半年は1.5%)ずつポイントがもらえる仕組み。ありがたい。

投信×クレカでポイントが貯まるサービスは楽天、クレディセゾン、エポス等が既に開始していますが、ネット証券No1のSBIと三井住友がタッグを組んだことはインパクト大。

投資信託(投信)って?何が人気?

積立はやってなくても一度は聞いたことがあるでしょう。

簡単に言えば、積立とは、株式等の寄せ集め商品です。株なので上がるときもあれば下がるときあり。自分で運用するのが不安な場合は積立NISA(売却時非課税)で運用が可能な投信を選んで積立にしておくのはおすすめです。設定して放置。プロの運用に任せます。

例えば、SBI証券で人気のある商品は以下。米国株式、全世界株式の商品が人気です。

 

積立1位はSBI証券なのでSBIファンドが入っていますが、2位は他の証券会社でも人気のeMAXIS Slim全世界株式です。組み入れはアメリカ株58%、日本株6%、イギリス株3.5%等。

 

具体的にみてみましょう。アメリカ株の割合が多いです。上位株は聞いたことがあるところばかり。組み入れ株は状況を見て頻繁に入れ替えも行っています。自分で運用するよりは安心できそうです(笑)

  • アップル 3.8%
  • マイクロソフト 2.8%
  • アマゾン 2.6%
  • フェイスブック 1.1%
  • アリババ 1.1%

 

私は個別株も購入していますが、積み立ても同時に行っています。積立NISAはSBI証券、あとはSPUアップのために楽天証券も使っています。

のりさん

今は株高が盛り上がっていますが、株は山あり谷あり。いつ始めるのが良いかは悩むと答えが出てきそうもないので、思い立ったが吉日。株価好調の時は証券会社のキャンペーンも多いのでおすすめですよ。

三井住友カードでつみたて投資できる概要

三井住友カードの決済によりSBI証券でポイントが貯まることになりました。

https://go.sbisec.co.jp/lp/sbixsmbc_210518.html

満を持してと言う感じ。口座開設キャンペーンとともに熱いです。現状、楽天、セゾン、エポスに後れを取っていますが、挽回していくでしょう。

Vポイントが貯まる三井住友カードでSBI証券の投信を購入するとVポイントが貯まります。

 

三井住友カードでつみたて投資できる概要は以下の通り。

  • SBI証券の総合口座を持っている人
  • 対象商品はSBI証券が取り扱う積立買付が可能な投信信託すべて
  • 三井住友カードが発行するクレジットカード(提携含む)
  • ジュニアNISAは対象外
  • 毎月100円~50,000円
  • 毎月10日に積立申し込みを締め切り、翌月1日に発注。
  • 積立額の0.5%のVポイントを付与。(半年は1.5%)

 

Vポイントの付与は50,000円までの積立が対象です。1.5%期間は最大750円×6ヵ月で4,500ポイントになります。0.5%だと月250円。

スポンサーリンク

注意点。提携カード。どの積立にするのが良い?

三井住友カードが発行するクレジットカード(提携含む)で決済が可能ですが、Vポイントが貯まるカードのみ0.5%ポイントが付与されます。例えば、LINE PAYカードだとLINEポイントが貯まるので決済は可能でもVポイントは貯まりません。ANA VISAはOKです。

 

積立で投信を選ぶときは手数料に注目しましょう。よく聞くロボアドバイザーなんかは1%取られる商品も多いので長期運用を前提にした積立では支払う手数料が大きくなりおすすめできません。0.1%程度のeMAXシリーズはおすすめです。あとは前世界にするか、全米にするかが重要です。リスクを押さえたいのであれば債権が多い商品もあり。

 

私もNISA枠の年40万円になるようにSBI証券で積立中。始めて2年くらいなので利益は出ていますが、長期積立なので喜びは置いて、今後も粛々と積立予定です。10年、20年後が楽しみ。

積み立て、ポイント付与スケジュール

以下のスケジュール間は1.5%のVポイントが付与されます。1月以降は0.5%です。

  • 2021年7月10日締め切り⇒7月末頃Vポイント付与
  • 2021年8月10日締め切り⇒8月末頃Vポイント付与
  • 2021年9月10日締め切り⇒9月末頃Vポイント付与
  • 2021年10月10日締め切り⇒10月末頃Vポイント付与
  • 2021年11月10日締め切り⇒11月末頃Vポイント付与
  • 2021年12月10日締め切り⇒12月末頃Vポイント付与

 

初回設定の締切は7月10日です。今からでも十分間に合うのでSBI証券の口座&三井住友カードは用意しておきましょう。

スポンサーリンク

どの三井住友カードがおすすめ?

Vポイントが貯まる三井住友カードならOK。ただし、積み立てでもらえるVポイントはANAマイル交換不可の通常ポイントになる点は注意してください。

ANA VISAで決済修行でも良さそう。ANAのプレミアムステータスチャレンジ。決済に足りない分は積み立てしても良いかもしれません。

まとめ

三井住友カードとSBI証券のコラボは嬉しいニュースでした。

既に口座を持って積み立てしている場合は三井住友カード決済に切り替え、SBI証券に口座を持っているだけの人は積み立て商品を考えてみてください。

SBI証券の口座を持っていない人はこの機会にぜひ!モッピーで口座開設して5万円入金で17,000ポイントもらえます。株高の今だから享受できる破格キャンペーンです。住信ネット銀行も併せて開設する必要があります。ネット銀行は条件によって振込手数料0になるので超便利ですよ。

 

条件はSBIハイブリッド預金に振り替えです。SBI証券と住信ネット銀行を連携し振替します。

モッピー登録がまだの人はこちらからどうぞ。入会の翌々月までに5,000ポイント利用で2,000ポイントもらえます。SBI証券で口座作れば条件クリアできますね!

稼いだポイントをマイルへ!陸マイラー御用達モッピー

 

積み立てで資産運用(NISA含む)を計画している人はこの機会に考えてみてください。積み立てして下がる時もあるかもしれませんが、基本は買って放置。プロの運用に任せて10年後、20年後を楽しみに入金を続けてください。銀行に預けても利息は雀の涙ほど。積み立てに限らず資産運用は大切です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください