マリオットアメックスはお得?メリットデメリットまとめ。

マイレージ界の一年の振り返りと2022年の予想。今後どうなる?

年末なのでマイレージ界隈の振り返りをしようと。

ほんと、一年早いなぁ(笑)

さて、2020年に引き続きコロナ一色になった年でしたが、マイレージ界はあまり大きな出来事は無かったような。帰国後の隔離無しで国際線に乗れない日々が続いていますが、2022年はどうか。うーん、分かりません。

今できることをやって、提供されている範囲で思う存分楽しむのが一番だと思ってます。良い年になりますように。

2021年はANA、JALのステータス延長は無し。代わりにボーナスポイント。

2020年は世界的な流れの中でANA、JALともにステータスの延長がありました。

2021年は?

ANAがボーナスプレミアムポイント(以下PP)、そして11月まで2倍のPP。

2021年はボーナスプレミアムポイントあり。SFC、ANAマイレージ会員の初回搭乗3,000PPが着弾!

 

いやー、この2倍は強烈でした。しかもこんなに長く。ダイヤが量産された年と言えます。来年こそは国際線で特典を生かしたいですね、、、

 

一方、JALはステータス保有者向けに2度のFOPボーナス。2回目は大きなサプライズでした。しかし、ボーナス分はダイヤモンド、JGCプレミアの限定セレクションは対象不可となり、ちょっと残念でしたが、ボーナスあるだけ有難かったです。

 

2022年は?

ステータスの延長はなし。ポイントのボーナスも今のところ発表なし。

のりさん

国内線オンリーでボーナス無しだとステータス維持は難しく、乗ってもらうためにも何か出てくると予想しますが果たして、、

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソラシドエア、エアドゥポイントを使った搭乗が流行りに

2021年はANA、JALよりソラシドとエアドゥの話題が大きかった。

ソラシドは2021年に羽田那覇に就航し減額マイルキャンペーン。

その後、ソラシドとエアドゥ統合(予定は2022年秋)に伴う両社の相互マイル(ポイント)交換キャンペーンを実施。これは激熱でした。

 

三井住友のVポイントを使って移行できるのがマイラー界を動かした点で2022年もこの流れは続きそう。(現在、Vポイントからエアドゥへの交換は不可)

2022年1月末には夏スケジュール(3月27日~10月末まで)の特典航空券の発券が可能になるので気になる方はぜひチェックしてみてください。ソラシド発券はまだまだお得です。

ソラシドエア減額マイルキャンペーンが強烈。1月31日開始。羽田那覇が往復5,500円で利用可!

まとめ

帰国後の隔離無しでの国際線搭乗はまだ先になりそうなので2022年も国内線中心に動きそう。となれば、移動は選択肢が多いほど楽になります。

ANA、JAL、ソラシド、エアドゥ、Avios、UAマイル、LCC。個人的に今年も良いとこ取りをしたいなと。ANAはトクたび、ANAキュン、JALはセール、ソラシド・エアドゥで特典等々。

今年は自治体割に加えGoToも復活予定なので(雲行きが怪しくなってきましたが、、)国内線(特に行ったことがない場所)を楽しもうと思ってます。

さて、今年も早大晦日。よいお年をお迎えください♪

2 Comments

take884

コロナが落ち着く(あと3年?)迄は飛行機マイルではなく、ホテルの上級会員になってポイントをたくさん貯めます:-)
2022年もブログ楽しみにします:-)

返信する
のりさん

こんにちは。落ち着くまではまだ時間がかかりそうですね。

国際線乗れない分はホテルを楽しみたいですね!

ありがとうございます。今後もよろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください