モッピーのJALキャンペーン無期限の延長へ

JALツアープレミアムはお得なのか?入会後の2年間を検証してみた

JALカードにはあってANAカードにはないサービス。

JALカードのツアープレミアム

マイル50%や70%加算の運賃(ツアーを含む)でもツアープレミアムに入っているとマイルが100%加算されます。しかも年2,160円で。

飛ぶ機会が多いほどお得なサービスと言えます。

逆に言えば飛ぶ機会がなければお得さはありません。私自身、

ツアープレミアムに入っていますが2年を振り返り改めてお得かについて考えてみました。2,160円でも無駄にしたくないですから。

JALカード ツアープレミアムについて

JALカードプレミアムって?

JALカード年会費に2,160円(税込)をプラスしてツアープレミアムに登録し、予約対象クラスでJALグループ便に搭乗の場合、通常のフライトマイルに加えてボーナスマイルが加算され、合計で区間マイルの100%のマイルが貯まります。尚、ツアープレミアムボーナスマイルは、FLY ON ポイントの積算対象とならない。

先ずJALカードに入会が前提です。

登録はJALカード登録者(本人、家族会員)。法人会員は登録不可。
登録月の翌年の同月末までの一年がサービス期間。その後、自動延長になる。

登録はJALホームページからJALカードに進んでください。

最も威力を発揮するのは50%加算の海外ツアーでしょう。

特に長距離の欧米路線で50%が100%になるのはたまりません。

例えばJALclub-aカード保有で羽田ニューヨークのエコノミーツアーに参加した場合、50%とすると片道4,203マイルになります。ツアープレミアムだと7,564マイルになります。片道3,361マイル、往復で6,722マイル違います。全然違いますね。2,160円の年会費の元はすぐに取れます。

ツアープレミアムの対象となる予約クラス

ツアープレミアムの対象となる予約クラスがあります。

スポンサーリンク

国際線で対象となる予約クラス

国際線で100%加算の対象となる予約クラスは以下のとおり。

対象 予約クラス 積算率 ツアープレミアム
国際線 ダイナミックセイバー、
パッケージツアー等
H,K,M 70% 100%
ダイナミックセイバー、
パッケージツアー等
L,V,S,E,N,O,G,R 50% 100%
パッケージツアー等 I 70% 100%

JAL国際線の予約クラスについて詳しくみていきます。

積算30%のQ,Nはあまりないので、海外ツアーを含む殆どで100%加算の対象となります。海外ツアーでビジネスクラスIの70%も対象となります。海外50%ツアーだと倍のマイルが加算されますので、これほど割りの良いシステムはないでしょう。

ファーストクラス F,A 150% 普通運賃
ビジネスクラス J,C,D,X 125% 普通運賃、JALビジネスセイバーなど
I 70% 海外パッケージツアーに適用される運賃など
プレミアムエコノミークラス W,E*1 100% 普通運賃、
ダイナミックセイバープレミアム、
JALエコノミーセイバープレミアムなど
エコノミークラス Y,B 100% 普通運賃、
JALエコノミーセイバーなど
H,K,M 70% ダイナミックセイバー タイプA/B/C、
海外パッケージツアーに適用される個人包括旅行運賃など
L,V,S,O,Gが,R 50% ダイナミックセイバー タイプD/E/F、
海外パッケージツアーに適用される個人包括旅行運賃など
Q,N*1 30% 週末ステイ割引など

国内線対象となる予約クラス

国内線で100%加算の対象となる予約クラスは以下のとおり。

最もお得なのがツアーですね。格安ツアーで100%加算になるとは夢の様です。*『JMBマイルが貯まります』マークが無い場合は加算にならないこともあります。

対象 予約クラス 積算率 ツアープレミアム
国内線 先得割引、スーパー先得、
ウルトラ先得、乗継割引28
75% 100%
パッケージツアーに適応される個人包括旅行割引運賃 50% 100%

次に、JAL国内線の予約クラスの詳細をみていきます

注意点は50%のパッケージツアー、70%の先得運賃は対象となりますが、特便割引とか株主割引は対象ではありません。

大人普通運賃、小児普通運賃、往復割引、
身体JALビジネスきっぷ、eビジネス6、シャトル往復割引、
特別乗継割引、離島割引
100%
特便割引1、特便割引3、特便割引7、特便割引21、
先得割引タイプA、先得割引タイプB、スーパー先得、
ウルトラ先得、当日シルバー割引、おともdeマイル割引*1、
スカイメイト、株主割引、乗継割引7、乗継割引28、
特別往復割引など
75%
個人包括旅行割引運賃 50%

対象とならない特便運賃とは搭乗日2カ月前9時30分から搭乗日の前日まで予約ができるもので、直近だとこの特便運賃が多いです。

参考までに1ヶ月先の運賃について。運賃だけを見るとツアープレミアム対象の先得(先得は28日前まで可能)が安いのでこちらを選択するのが自然かと思いますが、先得割引は取消料が50%と高いので(特便は路線その他によって違ってきます)、その点を考慮する必要がありますね。

スポンサーリンク

実際にどれだけマイルが違ってくるかを検証

先ずは成田ーパリのツアーにて。
通常の50%加算だと往復で6,194マイル
JALカードCLUB-A会員だと25%加算なので7,742マイル
JALカードCLUB-A会員でプレミアムツアーに加入すると13,936マイル
これは、大きいな差ですね、年会費2,160円の元は十二分に取れるでしょう。

違いは往復で14,000マイルほど。破壊力がありますね。

次に国内線の羽田那覇で。
先得で75%加算だと往復で1,476マイル
JALカードCLUB-A会員だと25%加算なので1,846マイル
JALカードCLUB-A会員でプレミアムツアーに加入すると2,338マイル
これにJALのステータスがあれば更に違ってきます。

搭乗回数によって違ってきますがツアープレミアムの年会費2,160円は払う価値があるものだと思います。JALカードを持つということは、JALマイルを貯める、JAL便に乗る、と言う流れが多数でしょうから、入るのが自然ではないでしょうか。一方、あまり搭乗しない、と言うことであれば必要ないので、どれだけメリットがあるか比較するのも良いでしょう。

私の場合

私にとってツアープレミアムはお得か?調べてみました。

2016年はJAL修行をしていたこともあって搭乗回数は多い。

JGC修行第8回 解脱しました!全フライトと費用を振り返ります

JAL先得運賃で羽田那覇を15回利用しています。

羽田那覇は923マイル、ツアープレミアムだと1,169マイル、その差246マイル。
クラスJも同じマイル差になります。

15回×246マイルで3,690マイルの差。JALマイルの価値を1マイル2円(国際線ビジネスクラスならもっと高く)とすると7,380円、会費が2,160円なので5,000円ほど得したことになります。

次に2017年。調べてみるとJAL国内線は多く乗っていますが特典航空券であったり特便運賃だったりします。羽田伊丹が多いのですが直前と言うこともありほぼ特便ですね。

ツアープレミアム加算対象の先得は羽田那覇、羽田福岡のそれぞれ1往復です。

羽田那覇は246マイル、羽田福岡は142マイルの差になり計388マイル。

2017年にツアープレミアムのボーナスで得たJALマイルは388マイル。

うーん、年会費が2,160円なのでお得感ゼロと言うか損をしてますね。

スポンサーリンク

まとめ

JALマイルを貯める上で搭乗ボーナスがあるJALカード入会は欠かせませんが、ツアープレミアム入会についてお得なケース、お得でないケースがあります。

お得なケースは、JAL海外ツアーによく参加する人。50%、70%のマイル積算が100%になるのは大きい。国際線は距離が長くその分マイルが貯まります。

あとは国内線のツアーを含め先得運賃で利用する機会が多い人。

先得運賃についてはこちらにまとめています。

JAL先得が2018年1月23日から先行発売 注意点をまとめました

例えば、羽田伊丹だとツアープレミアムのボーナスが70マイルしか変わらないので、搭乗を重ねないと年会費のペイは難しそう。

路線によって変わります。1マイル2円とすると羽田伊丹なら60回の搭乗、羽田福岡なら30回の搭乗が必要になります。

私自身、2016年はお得だった、2017年は損だったのが実情です。2018年は先得での搭乗が増えて得になると考えていますが、2,160円でも無駄にしたくはないですよね。

JALツアープレミアムに入会している方、一度算出してみてはいかがでしょう。

尚、マイルを使った特典航空券はマイル加算対象外です。

JALマイルの貯め方と使い方 飛行機に乗らずに1年で20万マイル貯める方法

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください