JALマイルはモッピーで。登録で1,000ポイント。

JAL国内線ファーストクラスを当日アップグレードで体験 羽田ー福岡搭乗記

JAL国内線ファーストクラスを当日アップグレードで体験しました。

羽田から福岡へ。約1週間前に決まった所用なのですが直前だと航空券は激高です。直近は高いですよ、ほんと。

そこでブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAvios(マイル)を利用。BAはJALと同じワンワールドなのでJAL特典航空券の発券が可能です。

国内線の大体の区間は4500マイルで発券可能です。無駄な出費をなくすことができました。直前でも利用可能なBAマイルはほんと便利。

JAL国内線ファーストクラス搭乗記。羽田から福岡へ。

当日チェックイン時にアップグレード

BAマイルでJAL国内線を発券する場合普通席しか選択できません。そこでJクラス(プラス1000円)への当日アップグレードを狙っていました。

通常のJAL発券だと自動チェックイン機でアップグレードの申請は可能ですが、今回はBA発券と言うことでカウンターへ。

そこでダメ元でファーストクラスに空席があるか聞いたところ運よく席が残っていました。

JAL国内線のファーストクラスは羽田からの那覇、伊丹、新千歳、福岡線。
那覇以外は当日アップグレードも比較的容易です。

従って、狙うとしたら那覇以外の路線、そして早い者勝ちになるので、当日は早めに空港に行くことをおすすめします。早めに行った分、ラウンジでゆっくりできるのでおすすめです。

当日アップグレードの費用は8,000円。

今回は特典航空券だったので、羽田ー福岡のファーストクラスを4,500マイル+8,000円で利用できました。通常運賃は時期によりますが、25,000~30,000円なのでお得感満載です。

スポンサーリンク

JAL国内線のファーストクラスのサービス

JAL国内線ファーストクラスは先ずシートが違います。

ボーイング777‐200だとシートピッチは130センチ。普通席に比べ50センチほど広いです。足元だけでなく横のゆとりあり、そして革張りで重厚。こんなシートに座って良いの?そんな感想でした。

 

食事が提供されます。時間帯、そして路線によって異なってきます。こちらはとある月の昼メニュー。メインはチキン。

 

お酒の種類も豊富。シャンパン、ワイン、お酒に焼酎。

焼酎は銘酒『森伊蔵』が飲めちゃいます。

その他のサービスは以下の通り。JAL国内線はUSBポート、電源がないのでモバイルバッテリーは嬉しい限り。ヘッドホンはノイズキャンセリングです。

 

マイル積算は50%増。ファーストクラス専用のチェックインカウンター、ラウンジが利用可能です。専用の保安検査場の利用、手荷物は45キロまで可。

事前に予約可能な運賃は以下の通り。

  • 普通運賃、往復割引、小児普通運賃
  • 特便割引1・3・7、特便割引21
  • 株主割引

 

当日空港にて空席がある場合に全ての運賃でアップグレード可。特典航空券もOK。

シートを含めた機内サービスだけでなくマイル50%増、空港ラウンジの利用、専用チェックインカウンターの利用が大きいです。

羽田空港ダイヤモンド・プレミアラウンジへ

羽田空港だとダイヤモンド・プレミアラウンジを利用できます。

第1ターミナル出発ロビーにあるチェックインカウンターから保安検査場、そしてラウンジが全てつながっていてとても便利です。

f:id:norikun2016:20161203143738j:plain

f:id:norikun2016:20161203143750j:plain

 

松のオブジェが出迎えてくれます。

f:id:norikun2016:20161203143803j:plain

 

中はこんな感じ。

f:id:norikun2016:20161203143950j:plain

 

こちらに陣取りました。

f:id:norikun2016:20161203144326j:plain

 

おにぎり、みそ汁、オニオンスープは終日提供されています。

f:id:norikun2016:20161203144348j:plain

 

3つ星レストランでも提供されているメゾンカイザーのパン。11時半からはJAL特製のカレーパンが提供されるようです。

f:id:norikun2016:20161203144447j:plain

f:id:norikun2016:20161203144503j:plain

 

通常のサクララウンジと変わらない感じでしたね。
作りは全く一緒でサクララウンジの方が広かったです。

羽田空港国内線JALサクララウンジは凄かった 利用方法のすべて

 

羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジ
利用対象はファーストクラス、JGCプレミア、ダイヤモンド、ワンワールドのエメラルド。同行者は1名可。

スポンサーリンク

JAL国内線 羽田ー福岡ファーストクラス搭乗記

30分ほどラウンジ滞在したあと出発ゲートへ。

もう少しゆっくりしたかったですが、アップグレード成功するなんて思ってなかったので。

f:id:norikun2016:20161203145131j:plain

 

ボーイング777-200に乗り込みました。

f:id:norikun2016:20161203145113j:plain

 

ファーストクラスは2-2-2の配列で計14席。クラスJが2‐4‐2なので2席分広く、普通席は3‐4‐3なので4席分広い横幅となっています。

f:id:norikun2016:20161203160934j:plain

 

中央の最前列のシートでした。

f:id:norikun2016:20161203145312j:plain

 

足元はこんな感じ。最前列と言うこともあり広いです。

f:id:norikun2016:20161203145328j:plain

 

ひじ掛けはこんな感じ。

f:id:norikun2016:20161203145348j:plain

 

離陸後10分ほどで食事の時間になりました。

メニューはショコラ、玉子サンド、ロールキャベツ、クリームコーンスープ、スモークサーモンのサラダ、フルーツ。

折角だからとシャンパンをいただきました。

f:id:norikun2016:20161203145421j:plain

 

そんなこんなで時間は過ぎました。1時間20分くらいですからね、早いです。

ちなみにUSBポートも電源もない機材でしたが、機内専用の充電器があります。今時こんなでかい充電器は見ないですが充電の速さは超高速でしたね。

f:id:norikun2016:20161203145545j:plain

まとめ

当日アップグレードでファーストクラスを体験しました。席は空いていないと思っていたので良かったです。

ファーストクラス設定機材は羽田から千歳、伊丹、福岡、那覇で運行中。同じ8,000円なら距離が長い羽田那覇で利用したいですがお得さゆえ満席が多くアップグレードは厳しそうです。

シート、食事、ラウンジ体験を含めての国内線ファーストクラス。羽田伊丹だと2万円以下で利用可能な時間帯があります。

特典航空券(50%分のマイル加算は無し)でもアップグレード可能なのでチェックイン時に聞いてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください