ふるさと納税の日本旅行ギフトカードが超絶お得!期間限定で復活!

ふるさと納税やってますか?

私自身は始めて2年になります。もっと早くやっておけば良かったですね。

ふるさと納税とは都道府県、市町村への寄付なのですが、原則2,000円を除いた額が控除として扱われ『寄付』の形で好きなふるさとを応援できるものです。

ふるさと納税は住んでいる地域に限らず、応援したい地域に寄付を行うことができ、その返礼品として様々な地域の特産物が貰える仕組みです。

でも、サラリーマンは関係ないですよね?確定申告している人だけですよね?

ではなくサラリーマンでも十分なメリットがあります。

大事なことは控除の範囲で自分の寄付できる額を知ること。

そんなふるさと納税ですが期間限定で50%還元の日本旅行ギフトカードが出てきたので紹介したいと思います。

ふるさと納税の仕組み、メリット、日本旅行トラベルギフトカードがお得

概要

ふるさと納税は好きな地域に納税することが可能。寄付した額に応じて地域の特産物等の返戻金が貰えます。ふるさと納税した金額から2,000円を引いた額が所得税の控除&翌年の住民税から控除されることになります。

ふるさと納税の返戻品は3割程度のところが多く、例えば5万円を寄付すると15,000円相当の返戻金が貰えることになり、それが2,000円で貰えることになります。

となればお得ですよね?

地域の特産品。例えば野菜やお肉、魚介類に果物。ビールやソーセージにトラベルギフト。様々な返礼品が用意されています。都道府県、市町村も寄付してもらおうと必死で返礼品を考えている訳です。

さて、ふるさと納税で大事なことは自分の寄付金額の目安を知ることです。

一体いくら寄付できるのだろう?

それが重要なポイントです。

全額控除される目安

2,000円を除く全額が控除される目安として総務省が給与収入と家族構成別に数字を発表されているので参考にしてください。

総務省 ふるさと納税控除

確定申告をすると所得税はその年の控除に住民税は翌年の控除となります。あくまで目安としてしてください。例えば本人の年収が500万円、夫婦又は共働き子一人の場合49,000円までが控除されると言うことになります。

例えば5万円を寄付すると2,000円を引いた48,000円が控除対象になるので大体の目安は50,000円と見て良いでしょう。5万円を寄付すると15,000円相当の返戻品が貰えるわけですから実質2,000円で15,000円の地域の特産物が貰えることになります。

重要なのは幾ら寄付できるかです。確認してみてください。

スポンサーリンク

ふるなびから日本旅行ギフトカード

神奈川県寒川町の返戻品として日本旅行ギフトカードが出ています。2018年3月30日まで。2018年度の申告対象です。10万円、30万円、50万円、100万円出ています。5万円が出てくれれば使いやすいのですが。

この返戻金の何が凄いかと言うと100,000円の寄付で50,000円分の日本旅行ギフトカードが貰えると言うこと。還元率5割です。100,000円の寄付をすると2,000円を引いた98,000円が控除され50,000円の日本旅行ギフトカードが貰えます。

実質2,000円で50,000円の日本旅行ギフトカードが貰えることになります。

実質5割の還元は今はあまりありません。と言うのも2017年4月、激化するふるさと納税の返戻を巡り総務省が返戻品は3割程度に抑えるように要請を行いました。結果、3割を超える返戻金は少なくなりましたが、あとは各自治体の判断。今回の様に期間限定で復活するケースがあります。

申請は『ふるなび』から

ふるなびから申請します。その場合はハピタスを通しましょう。0.7%還元。

私も2017年の駆け込みで利用しました。翌月末には付与されました。

ふるなびでは同時にamazonギフト券プレゼントのキャンペーンを実施中。寄付額の1%のamazonギフト券が貰えます。これもお得。

amazonキャンペーンの注意事項は以下の通り。ログイン状態で処理する、ふるなびから寄付、クレジットカードでの決済になります。ハピタスの還元とあわせると1.7%の還元になるのでぜひ利用してみてください。

期間は2018年3月30日まで、無くなり次第終了。2018年6月以降に発送となります。今後はどうなるでしょう、また復活してくれると良いのですが。

リンクはこちらから。

日本旅行 ふるさと納税

スポンサーリンク

私も利用してみました

2017年12月の駆け込みで利用してみました。

2,000円の負担で50,000円の日本旅行ギフトカード。ふるさと納税は魅力ある返戻品が多々ありますが旅行好きとしては日本旅行カードが超嬉しいですね。日本旅行ギフトカードは来店、電話、インターネットそれぞれの予約に対応。尚、インターネットで予約は可能ですが決済は電話して行うことになります。

まとめ

ふるさと納税は超絶お得な制度です。実質2,000円の負担で各種特産品が貰えます。大事なことはいくら寄付できるかを予め知ることです。給与額、家族構成によって変わってくるので確認してください。

今回は還元率5割を超える日本旅行ギフトカードの紹介でしたが肉でも魚でも果物でも何でも大丈夫。好きな自治体に寄付してみてください。どこに寄付しよう、それだけでもわくわくです。先ほどのふるなびだとこんな感じで返礼品が表示されます。いくつかの自治体に分けてもOK。見るだけでも楽しいですよ。

尚、通常確定申告が必要ですが以下の条件を満たす限り確定申告は不要、届け出だけでOKとなりました。(ふるさと納税ワンストップ特例制度)

①ふるさと納税以外の申告が不要な給与所得者(会社員)。
②1年間(1月から12月)でふるさと納税の寄付が5自治体以内の場合。

申告が不要になるので超便利ですよ。返礼品と共に用紙が送られてくるので申請してください。

ふるさと納税は1から12月いずれの月に行ってもOK。

先ずは目安となる寄付金額を算出してみてください。

2 Comments

重箱の隅

たぶんこれJTBのではなく日本旅行の金券ですよね…(JTBなら即買いでしたが…)

返信する

コメントを残す