モッピーのJALマイルキャンペーン延長へ

ニュージーランド航空のラウンジ。ANA SFCで利用可。長居したくなるオークランドのラウンジ。

オークランドのワイヘキ島

ニュージーランドのオークランドへ行ってきました。

ANAマイルを使った特典航空券で30%オフキャンペーンがあり、これはチャンス!だと特典航空券を発券しオークランドに行ってきました。ニュージーランド航空はサーチャージがかからないのでその点もお得。2日の滞在と弾丸になりましたがニュージーランドはまた行きたい、今度は大自然あふれる南へ!そう思う旅になりました。

さて、帰りにオークランド空港でラウンジを利用したのですが、かなり良い。スタイリッシュ、広い、ワインが豊富、そして寝ることもできる(笑)空港ラウンジは航空会社それぞれの特徴が出て楽しめますがニュージーランド航空ラウンジはかなり良いですね。

ニュージーランド航空・ニュージーランドについて。オークランドへは直行便あり。

ニュージーランド航空について

ニュージーランド航空はスターアライアンスに加盟。

成田、羽田、関空からオークランドへ直行便があります。*ANAの直行便はありません。オークランドからニュージーランド各都市(ウェリントンやクライストチャーチ他)へは国内線が豊富にあるので各都市への乗り継ぎも便利です。

ANAマイルを使って特典航空券を発券する場合は以下のマイルが必要。減額キャンペーンはかなりお得でした。ちなみにサーチャージは必要ないので5千円程度の諸税のみ。この点もお得です。

通常往復 キャンペーン往復
エコノミークラス 45,000 31,500
ビジネスクラス 75,000 52,500

ニュージーランド航空のラウンジ

ニュージーランド航空の国際線ラウンジは世界で9か所。

オークランド、ウェリントン、クライストチャーチ、シドニー、メルボルン、ブリスベン、パース、南太平洋諸島に2か所(ナンディ、ラロトンガ島)。オーストラリアに4か所あるのでANA便でオーストラリアに行く際にスターアライアンス・ゴールドメンバーの場合は同行者1名を含め利用可能です。

空港ラウンジ、優先チェックイン、手荷物優先等の特典があるスターアライアンス・ゴールドメンバーについてはこちらを参考にしてください。

スターアライアンス・ゴールドメンバーの特典まとめ。世界中のラウンジが利用可能!

スポンサーリンク

ニュージーランドについて

首都はウェリントン。最大都市はオークランドです。

面積は日本の約四分の三。人口は約480万人(2017年現在)

時差は+3時間(サマータイムは+4時間)で日本が8時だとニュージーランドは11時になります。南半球なので気候は日本とは逆。11月に行ったのでニュージーランドは春くらい。昼は暖かく朝晩は冷えました。

オークランドへは11時間ほど。直行便はニュージーランド航空のみ。

物価は高く日常品だと日本の2~3倍くらいの感覚でした。例えばミネラルウォーターが1本300円とか。スーパーの安売りを利用すると安くなりますがレストランを含め全体的に日本より高い印象でした。

3か月以内の観光はビザ不要。

オークランド国際空港のニュージーランド航空のラウンジ

アクセス

2015年にオープンしたラウンジ。

出国審査後前を進み免税店が並ぶエリアを進むと左手にラウンジへの入り口があります。分かりづらく通り過ぎるかもなので注意してください。

エスカレーターで上に上がるとレセプションがあります。

スターアライアンス・ゴールドで利用可能。同行者1名もOK。

レセプションには『Kia ora & Welcome』の文字があります。Kia oraはニュージーランドの先住民であるマリオ語で『こんにちは』の意味。

ラウンジは朝の4時半から最終便まで営業。全部で375席あります。

スポンサーリンク

ラウンジ内は広々

ラウンジの広さは2,100平米。

2,100平米と言っても分かりづらいですが例えば野球のダイヤモンドが750平米なのでその3つ分。うーん、これも分かりづらいですかね(笑)とにかく広いです。

中央にはバーコーナーがあります。カウンターで飲むのも良し、好きなソファー席に持って行ったり窓側で飛行機を眺めながらワインを飲むのも至福でしょう。

ニュージーランド産ワインの数々。

ラウンジから見える飛行機の数々。

ラウンジ奥のエリアです。ラウンジに入った当初は人が多くごった返していたのですが暫くすると9割近くの利用者がラウンジを後にしました。人が少なくなったのでこの広い空間で好きなところに行って散策することにしました。

びっくりしたのがこちら。仮眠室と言うよりは横になってワインでも飲むという感じですか。もちろん、寝れます(笑)ただし、貴重品はしっかり管理する必要がありますね。

さらに奥のエリアへ。光が入って明るい空間です。

ソファー席の奥になにやら見慣れないものがありました。

なんとハンモック!

使っている人はいませんでしたが遊び心として最高ですね!(笑)

スポンサーリンク


シアタールーム、キッズルーム、シャワー室

シアタールームがあります。流れているのはラグビーの試合。ニュージーランドはラグビーが強いので有名。レストラン等に入りテレビを見るとは基本ラグビーの試合が映っていました。

さらに進むとカラフルなエリアがあり奥にはキッズルームがありました。ニュージーランド航空の機内もそうでしたがパープルを中心としたカラフルな色使いが良い感じにまとまっています。

シャワールームはこんな感じ。

ダイニングエリア、フード、ドリンク

入って左に進むとダイニングエリアがあります。

ラウンジ内とは雰囲気が違いますね。スタイリッシュ。

上に付いているのは『シダの葉』でニュージーランド航空の機体にロゴマークとして、またニュージーランドのラグビーチームである『オールブラックス』のロゴマークとしても使われています。

真っ暗な夜に月の光を照らすとシダの裏が目立つので行き先を示してくれるそう。昔の逸話があり道を示してくれる、そんな意味を持っているようです。

チーズ類各種。ワインが思い浮かびました(笑)

フードは多くはありません。がっつり食べると言うよりはお酒のお供になる品々です。海外のラウンジはこう言った感じが多いですね。

パンプキンのスープ。

フルーツ・デザートもあります。しめは甘いもので。

ニュージーランド産ビールにワイン。中央のバーカウンターで頼むのも良いでしょう。

ソフトドリンク各種。

こんな感じでいただきました。

スポンサーリンク


まとめ

ニュージーランド航空のラウンジはかなり良いですね~ 早くから行ってゆっくりしたいところです。あまりに居心地が良いので飲みすぎて搭乗時間に遅れないようにしましょう(笑)

ニュージーランド航空はスターアライアンスに加盟。従って、スターアライアンス・ゴールドメンバーの場合に同行者1名を含め利用可能です。

ANA、ユナイテッド航空、アシアナ航空う、シンガポール航空、タイ航空その他のエリートメンバーで。ラウンジ利用の他に優先チェックイン、手荷物優先等の特典があります。

ANAだとSFCを取って利用する人が多いでしょう。

スーパーフライヤーズカード(SFC)を取って3年の感想。SFC修行、特典・メリットまとめ

スターアライアンス・ラウンジだとフランクフルトのルフトハンザ航空のラウンジも良かったです。ドイツと言えばビール。出発前のビールは最高でした。

フランクフルトでルフトハンザ空港ラウンジを体験。ANA SFCで利用可能!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください