ANAホノルル線導入のA380ってどんな機​材?ファーストクラスがある2階建て飛行機

2019年春からANA成田ホノルル線で導入されるエアバスA380。

エアバスA380は世界最大で2階建ての飛行機です。

こちらはアシアナ航空のA380、近くでみると圧倒される大きさ。

アシアナ航空A380

エアバスA380って?

総2階建てのA380ファミリーは4クラス制の客室に544席を装備します。全席エコノミー・クラスの場合、最大で853席を装備します。航続距離は最大8,200海里/15,200キロ。2007年10月に商業運航を開始し。 エアバスHPより

エアバスA380はエミレーツ航空、シンガポール航空、タイ航空、ルフトハンザ航空、アシアナ航空、大韓航空、ブリティッシュエアウェイズ、カンタス航空、マレーシア航空等が導入しています。日本の航空会社で導入するのはANAが初めて。

今回、2019年春から導入予定のANA機のレイアウトが決定しました。ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスの4クラス制です。どんなレイアウトになったのか。他社のA380と比較したうえで、まとめてみました。

エアバスA380機 ANA成田ハワイ線で導入

エアバス社について

エアバス社はアメリカのボーイング社と世界シェアを二分する航空会社。フランスに本社があります。余談ですがエアバスもボーイングも工場見学が可能なので近くに寄った際、機会があれば利用してみてください。都市部から離れるので時間に余裕がある場合、またはツアーを利用した方がベターでしょうか。

世界最大!ボーイング・エバレット工場を見学しました

以下は2018年3月現在のエアバス社の機材受注数。主にLCCで利用される小型機のA320が断トツ。A330から350は中型機で長距離でも運航されています。2007年に運行開始したA380は意外に少ない印象。受領数だけで100機を超えているエミレーツ航空が最大の顧客です。

A300/A310 A320 A330/340/350 A380
確定受注数 816 14,157 2,932 331
引き渡し数 816 8,074 1,934 223
受注残 0 6,083 998 108
運行機合計 315 7,722 1,798 223

色んなA380

レイアウトは様々。航空会社によって座席数、クラスが違ってきます。また同じ航空会社でも仕様の違うA380を運行している場合も多いです。4クラス制だったり3クラス制だったり。以下は代表的な仕様のA380を取り上げています。

A380は二階建て。近場だと香港で色んなA380が見えます。でかいです(笑)

香港空港で見るA380

シンガポール航空のA380の2階建ての中へ。階段がありますね。

スイートクラスが1-2-1で12シート、
ビジネスクラスが1-2-1で60シート、
プレミアムエコノミーが2-4-2で36シート、
エコノミーが3-3-3の計441シート。

スイートクラスは1階の前列になります。配置も航空会社によって変わってきます。例えば、ファーストクラスが1階にあったり2階にあったり。

シンガポール航空のA380

タイ航空のA380は、ファーストクラス12席、ビジネスクラス60席、エコノミー435席の計507席となっています。エアラインによって仕様が変わってきますので、座席も異なってきます。

タイ航空のA380

アシアナ航空はファーストクラス12席、ビジネスクラス66席、エコノミークラス417席の計495席が代表的。

アシアナ航空のA380

ルフトハンザ航空はファースト8席クラス、ビジネスクラス78席、プレミアムエコノミー52席、エコノミークラス371席の計509席。

アシアナ航空とルフトハンザ航空のA380乗り比べをしてみました。乗り比べも面白いですね。

ビジネスクラスの比較 こんなに違うアシアナ航空とルフトハンザのA380【搭乗記】

主なA380をまとめてみました。同じ航空会社でも異なる仕様のA380があるので代表的なA380と言うことで。

ANAはファースト8席クラス、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミークラス383席の計520席。ここには上げていませんがエミレーツ航空で2クラス制で600席以上と言うA380がありますがANAも520席と座席を詰めた印象です。その他、ANAのA380の印象はビジネスクラスが少なくプレミアムエコノミーが多いこと。プレエコは運営の効率がよく購入が多いでしょうから、採算の取れる機材を意識していますね。特典航空券で取り合いになるビジネスクラスももう少し増やしてほしかったなあ、と言うのが個人的な感想。

航空会社 ファースト ビジネス プレエコ エコノミー
ANA 1 383
2 8 56 73 520
タイ航空 1 377
2 12 60 58 507
アシアナ航空 1 66 106
2 12 311 495
ルフトハンザ 1 52 336
2 8 78 35 509
エミレーツ 1 399
2 14 76 489
シンガポール 1 12 36 245
2 60 88 441
大韓航空 1 12 301
2 94 407

スポンサーリンク

ANAのA380はどんなレイアウト?

ANAのA380外観

ANAはファースト8席クラス、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミークラス383席の計520席です。1階はエコノミーのみ、2階はファーストクラスを含むプレエコ以上です。クラスを混在させている航空会社も多い中、ANAは完全に分けた形です。もちろんWiFi搭載機。

ANAのA380シートマップ

リンクはこちらから。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/promotions/airbus380/

ファーストクラス

ファー―ストクラスは黒をベースに。2階席は黒で統一させています。ANAの色と海の色で普通に青と思っていたのでこれは意外。でも、カッコいい!

ANAのA380ファーストクラス

現在、ANAではボーイング777-300ER(77W)のみファーストクラスを設定。77WもA380もファーストクラスは8席仕様。色は違えどよく似た感じの設計です。完全な個室空間になっています。

ANA777ファーストクラス

シートだけでなく食事やドリンクも楽しみですね!

ANAファーストクラス機内食

ビジネスクラス

180度でベッドにできるフルフラットのビジネスクラス。1‐2‐1で56席。以下はカップルシート。隣との距離が超近いですね。逆に知り合いでないと窮屈そうですが。

ANAのA380ビジネスクラス

現在のスタッガードと比較するとカップル席が設けられているのが特徴。1列ごとに配置されているので夫婦や友人と旅行の際はぜひ取りたいシートになりますね。

ANAビジネスクラスはこちらにまとめているので参考にしてください。

ANAビジネスクラスの比較 機材によってこれだけ違いあり。おすすめは?

プレミアムエコノミー

プレミアムエコノミーはこんな感じ。シートピッチは38インチ(97センチ)と足元にゆとりあり。現在のボーインング787‐9他と変わらないシートピッチとなっています。73席あるプレミアムエコノミーはビジネスクラスに比べて利用しやすいのでツアーを含め席はすぐに埋まるでしょう。

ANAのA380プレミアムエコノミー

ちなみにプレエコだとANAラウンジが利用可能です。

成田空港のANAラウンジはこんなところです。

国際線ANAラウンジはこんなところ 利用方法、アクセスまとめ

スポンサーリンク

エコノミークラス

シートピッチは34(86センチ)で今と同じ。1階が全席エコノミーです。全383席。座席数も多く週末、繁忙期以外は空きが出てくるのではないでしょうかね。

ANAのA380エコノミークラス

エコノミークラスのカウチ席

ベッドにできるカウチ席を設けました。日本の航空会社では初の試み。1階後方に60席あり追加料金を払うことで利用可能。利用は3席若しくは4席で。家族やカップルで行く場合に便利でしょう。

ANAエコノミーのカウチ席

1階後方に多目的ルームを設置

エコノミー席の1階後方には多目的ルームを設置。着替え、おむつ交換台の設置、利用方法は様々ですがこれは嬉しいですね。

ANA飛行機内の多目的ルーム

まとめ

そんな中、待ちに待ったハワイ線で運行されるA380のレイアウト。A380にファーストクラスが設定されるとあって注目されてきました。

ビシネスクラスのレイアウトが変わり家族やカップルでよりフライトを楽しめるようになったかなと。あとはカウチも導入したことでこちらも家族やカップル向きのシートになっています。リゾートなのでそうした背景を重視していると言うことになります。

A380はエミレーツ航空以外はほとんど発注しておらず度々生産中止が噂に上がる航空機です。巨大ゆえコストがかかり採算が取れないのが本音でしょう。近年、こうした大型機ではなくボーイング789、エアバス350に代表される中型機が主流となっています。

ハワイ線はJALが強い中でのANAの対抗策、それがA380でした。A380は世界最大の航空機。離陸する瞬間に重量を体感することができます。言葉での表現は難しいのですが、大きな鉄のかたまりが頑張って空に向かって飛んでいく、そんなことを体感できるかなと。

まだスケジュール等は発表になっていませんが発売開始と同時にビジネスクラス以上の特典航空券は売り切れること必至。

特典航空券の必要マイル数は以下。ファーストクラスはまだ設定されていませんね。レギュラーシーズンだとエコノミー40,000マイル、ビジネス65,000マイル。ファーストは130,000マイルくらいになるでしょうか。

ANAホノルル線特典航空券で必要なマイル数

日系初のA380。あー、利用してみたいです(笑)

2 Comments

東京とんぼ

のりさん

いつも楽しい記事をありがとうございます!
ハワイ線のA380乗ってみたいですねー

いつごろ特典航空券の予約が可能になると思いますか?
のりさんの予想をお聞かせください。

返信する
のりさん

コメントありがとうございます。A380乗ってみたいですねー 全機成田と言うことで正式にダイヤが決まってからですかね~ 夏くらいとか。FとCは殺到しそうですね(笑)

返信する

コメントを残す