JALマイルを貯める。移行率は80%!

【悲報】ANA国内線で必要マイル増へ。2024年10月27日搭乗分以降が対象。

ついにANA国内線も、、、2024年4月から国際線の一部路線でのビジネスクラス、ファーストクラスで必要マイルが増えたけど国内線も必要マイル増へ。片道500~1,500マイルの負担増になります。痛いけど仕方ない、、トクたびマイルへの影響もありそう。(涙)

ANA国内線で必要マイル増。2024年10月27日搭乗分以降が対象。片道500~1500マイル増。

ANA特典航空券は3シーズン(ロー、レギュラー、ハイ)に分かれ必要マイル数が決まっています。シーズンの目安としては1月、2月、4月、12月がロー、それ以外がレギュラー、大型連休前後がハイです。ANA国内線は5,000マイルから発券可だったのが10月27日以降は最安6,000マイルからの発券になります。*10月27日以降分の発売は2024年8月末を予定。https://www.ana.co.jp/ja/jp/guide/amc/award/domestic/terms/info/2407

ローシーズンは以下の通り改定。

  • 0~300マイル区間が5,000マイル⇒6,000マイル
  • 301~800マイル区間が6,000マイル⇒7,000マイル
  • 800~1,000マイル区間が7,000マイル⇒8,000マイル
  • 1,001~2,000マイル区間が8,500マイル⇒9,500マイル

レギュラーシーズンは以下の通り改定。

  • 0~300マイル区間が6,000マイル⇒6,500マイル
  • 301~800マイル区間が7,500マイル⇒8,500マイル
  • 800~1,000マイル区間が9,000マイル⇒9,500マイル
  • 1,001~2,000マイル区間が10,000マイル⇒10,500マイル

ハイシーズンは以下の通り改定。

  • 0~300マイル区間が7,500マイル⇒9,000マイル
  • 301~800マイル区間が9,000マイル⇒10,500マイル
  • 800~1000マイル区間が10,500マイル⇒12,000マイル
  • 1,001~2,000マイル区間が11,500マイル⇒13,000マイル

今回の改定で片道500~1,500マイル増になります。往復だと1,000~3,000マイル増。家族4人いたら、、、当然ながら人数が増えるほど痛手となります。ちなみに国内で最も多い路線は301~800マイル区間です。羽田札幌、羽田福岡、神戸那覇、伊丹札幌、中部鹿児島等々。これらの区間はローシーズン6,000マイル⇒7,000マイル、レギュラーシーズン7,500マイル⇒8,500マイル、ハイシーズン9,000マイル⇒10,500マイルに改定されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ。今後の影響は?

ANAマイルを国内線で使っていた勢にとっては痛い。2024年4月18日から一部路線でのビジネスクラス、ファーストクラスが改定になったばかり。円だけでなくマイルのインフレが続く。とは言え、マイルのお得は変わらず。今後もよろしくです。

国内線と言えば毎週減額される『トクたびマイル』があるけど、こちらも影響必至。キャンペーンでは3,000マイルから利用できるってあるけど、3,500マイルとか4,000マイルとかになりそう。まぁ、それでもお得なので来年以降も継続して欲しい、ただそれが願いです。UAマイルの今後も気になりますね、、片道5,000マイル。果たして。

最近、クレカキャンペーンも多いので貯めやすくなったANAマイルだけど、貯めすぎずどんどん使っていきましょう。貯めるよりもどう使うかが大事です。

【過去最高】ANA JCB ソラチカ・ゴールドカード入会で最大23万マイル貯まる!
アメックス・ゴールド・プリファードカード爆誕!おすすめする人、しない人。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください