読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

マレーシア航空A330の新ビジネスクラスでオークランドへ フルフラット搭乗記

マレーシア航空はホスピタリティに溢れていました。

機内サービスはとても親しみがありアジア特有と言ったら良いでしょうか。
色々問題があり予算も限られているでしょうしANAJALに比べて全てが満足と言う訳ではないですが、キャンペーンを利用すると激安ですしおすすめです。

11月初旬、マレーシア航空A330の新ビジネスクラスニュージーランドオークランドへ行ってきました。と言っても直行ではなく本拠地のクアラルンプールで乗り継いでの現地到着になります。マレーシア航空でクアラルンプール以外が目的地の場合は基本的に乗継になります。機内での到着カードの配り様を見る限り半数以上は乗り継ぎでの利用だったと思います。

フライト時間は7時間+9時間(復路は11時間)の計16時間、乗継を含めると20時間費やしたことになり、ほとんどの時間を空の上で過ごしました。

なぜにマレーシア航空?
については8月に激安キャンペーンがあったのでJALJGC修行を兼ねて申し込んだと言う訳です。普通にバンコクあたりへ往復しても良かったのですが、FOP(JALのステータスを決めるポイント)が稼げる距離のあるオークランドをあえて選択しました。オークランドは好きな都市の一つですし行きたかった、と言うのもあります。


帰ってきてからの感想としては『思ったより良い』ということ。
マレーシア航空に関しては色んな問題があってあまり良い噂は聞きませんが、
それは経営の問題だったりするわけで、現場の機内サービスについてはとてもフレンドリーでした。また4回の搭乗の中で半数以上は男性のCAさんであり、他とは違う印象でしたね。接客はとても気持ちの良いものでしたし日本人なら好むでしょう。従って、また同じようなキャンペーンがあればぜひおすすめしたいですね。私の様にオークランドまで飛ぶことはおすすめしませんが(笑)、激安で東南アジア諸国に行くことができればとても満足いくと思います。マイルも125%加算ですし。

 

マレーシア航空MH89便搭乗記 成田からクアラルンプールへ 

今回は成田空港近郊で前泊しました。
朝早く出れば間に合う時間帯でしたがこうしてブログを書いたりする以上カシャカシャ写真を撮ったりする時間が必要になってくるので余裕を持たせるため前泊しました。
宿泊はヒルトン成田。キャンペーンを上手く利用すれば1万円前後で宿泊することが可能で朝食や設備の面を考えてもとてもお得だと思います。詳しくはこちらに。

ヒルトン成田宿泊記 朝食ブッフェは旨すぎる! - しーずざでい SFC修行とかマイルとか

 

当日チェックイン後はサクララウンジへ。
マレーシア航空はワンワールドなのでビジネスクラスだと利用することができます。
その他、カンタス航空キャセイパシフィックのラウンジも利用したので、
また追記したいと思います。サクララウンジについてはこちらに。


そしていよいよ搭乗。優先搭乗する訳ですがビジネスとエコノミーの入口は
分かれているので、遅く行っても全然問題ありません。国際線だと搭乗時間は
早めになるので、そこまで早く行く必要はないでしょうか。

成田空港優先搭乗

機材は新エアバス330-330。
旧型は2-2-2の6列だったのが新型で1-2-1または1-2-2に変更になりました。 ビジネス27席・エコノミ261席で2016年5月から新しくなった機材です。2016年現在、全てのA330で新シートになった訳ではないようですね。
ちなみに今回4回搭乗しましたが全て新シートでした。

マレーシア航空新機材

こちらは右列のカップルシート。
今回はこの窓側だったので、お隣をまたぐ必要があり通路側に行きにくかったですね。それ以外の中央含めたシートは通路側への出入りが楽なので基本的にはおすすめです。 

マレーシア航空のカップルシート

USBポートや電源口が備え付けられ、リクライニング、照明等のボタンが
下部に付いています。小物入れもありますので、スマホなんかはちょうど良いですね。

MHビジネスクラスのシート

先ずはシャンパンで乾杯。 
マレーシア航空のシャンパンはフィリポナ ロワイヤル レゼルヴ。
とても飲みやすかったです。

マレーシア航空のシャンパン

その後、先ずサテ―がサーブされました。
甘いピーナッツソースのかかった焼き鳥のような感じです。鶏と牛の2種類。
東南アジアの有名な屋台料理です。味は日本の焼き鳥に慣れている分、焼き鳥の方が美味しいと思いましたが。地元には地元の味がありますので、2本残して美味しく頂きました。これ全部食べるとメインまで辿り着きませんからね。搭乗前のサクララウンジでカレーも食べましたし。ここまでずっと食べてばっかりです。

マレーシア航空のサテ―

そしてランチメニュー。前菜は4種類から選べます。チキン、ローストチキン
後は何だっけ。かぼちゃのスープを選択しました。パンをスープに付けて食べると
美味しかったですね。前方にあるうどん?は残しました。

ビジネスクラスのランチメニュー

こちらはメイン。春雨とステーキです。
パンチの効いたコショウ味で中々の味でした。量もちょうど良かったです。 

MHのビジネスクラスのステーキ

そしてデザート。 

Cクラスのデザート

あと『DINE ANYTIME』と呼ばれるメニューがあって食事以外でも到着2時間前までいつでも頼めるようになっています。路線によってメニューは違うようですが、サンドウィッチやヌードル、デザート、或いはステーキまで何でも頼むことができます。
とは言え、機内だとあまり動かないですし、どうでしょうかね、私は頼みませんでした。

 

シートピッチは公表109cm ですが、このように前の座席の下は空洞になっているので、それどころではないですね。

MHのCクラスの足元

フライト時間は7時間弱なのでなんだかんだであっという間でした。
映画もメリッサ・マッカーシーの『スパイ』を見たのですが中々面白かったです。 

マレーシア航空のモニター

クアラルンプール上空へ。のどかな光景が広がっています。

クアラルンプール上空

 

MH0089便 成田⇒クアラルンプール 
飛行距離5884キロ 獲得マイル4173マイル、4173FOP (JAL加算)
出発、到着の遅れ無し

 

MH0131便 クアラルンプールからオークランドへ 

現地時間17時に到着し次のゲートオープンは21時ごろだったので4時間ほど時間がありました。そこでサテライト側のゴールデンラウンジを利用したのですが、到着ゲートから近く場所も分かりやすかったです。ラウンジでは1時間マッサージを受けたりブログを書いたりのんびりして過ごしました。ラウンジについてはこちらに。


今回は中央部のシートで通路側に出やすいシートでした。

MHビジネスの中央シート

リクライニング用のボタンとこんな感じでちょっとしたバッグも
入ってしまう入れ物があります。 

A330のシート

ウェルカムドリンクはマレーシア航空の名物グァバジュースを。 
グァバはビタミンCが豊富なトロピカルフルーツです。
プラスティックのボトルに入れてサーブしているので出来立てのフレッシュジュースなのでしょうね。これは旨い!2杯もらいました。

マレーシア航空のグァバジュース

そしてシャンパンを飲んでサテ―を食べた後はパンとチキンを。
現地時間で午前0時を回っていたので全部は食べれなかったですね。 

マレーシア航空ビジネスクラスの前菜

メインはラム肉のステーキ。
今回のマレーシア航空での機内食ではこれが一番美味しかったです。
ソースもそうですが、味付けに関しては日本人が好みそうな感じでした。

MHのCクラスのステーキ

食べたあとはすぐに寝ます。フルフラットです。
今のビジネスクラスはフルフラットが主流になっていて機種選びの一つの基準になると思います。朝とか昼であれば何でも良いですが、深夜に飛ぶ便だとフルフラットになると全然違いますね。機内はちょっと寒かったですが、それでいて数時間は眠ることができました。

A330のフルフラット

アメニティはこんな感じ。アイマスクとか歯ブラシとか。

マレーシア航空のアメニティ

そして朝食のアメリカンパンケーキ。
通常だと平らげますが、ちょっと重かったので半分残しました。

機内食でパンケーキ

そして約9時間の飛行のあとオークランドに到着しました。 

機内モニター

オークランドは晴天。
日本とは逆の気候でありこれから夏になろうとしているオークランド
日本で言えば3、4月の気候で少し肌寒い、そんな感じでした。 

オークランド空港でみたエアーニュージーランド

MH0089便 クアラルンプール⇒オークランド 
飛行距離8711キロ 獲得マイル6766マイル、6766FOP(JAL加算) 
出発、到着の遅れ無し 

とても満足のできるフライトであり、今後も今回の様なキャンペーンが出れば
良いですね。定期的にキャンペーンは有る様なので、単純な旅行でも良し、JALJGC修行でも良し。成田のサクララウンジや現地のラウンジを含めゆっくり過ごし楽しめる事は間違いないと思います。ちなみにJALマイルへも1週間程度で加算されました。(人によって違うようです)

 

関連記事