しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

JAL JGCでフランクフルト空港のラウンジへ キャセイラウンジを体験しました

空港ラウンジは2種類に分かれます。

先ずはクレジットカードやプライオリティパスで利用可能なラウンジ。
クレジットカードはゴールド以上、プライオリティパスは楽天プレミアムカードで無料発行でき比較的容易に利用することができるラウンジです。国内は空いている場合が多く使い勝手良いですよ、こちらを参考にしてみてください。


そして航空会社のラウンジ。
航空会社は自前で空港ラウンジを運営しています。自社の顧客対応ですね。

さて、2000年台以降、航空会社はアライアンスの時代に入ります。アライアンスが進む中でそれぞれのラウンジは同じアライアンスで共同で利用するようになりました。何れかに属する航空会社のステータスを持っていればそのアライアンス内でも特典を享受できる、そんな仕組みです。JALが加盟するワンワールド、ANAが加盟するスターアライアンス、デルタ航空のスカイチーム。これらが三大アライアンスとなって航空業界を引っ張っています。

さて、フランクフルト空港。
ワンワールドのラウンジはJALとキャセイパシフィック航空の2つ。
JALで言えばサファイヤ(JGC含む)以上で両方のラウンジを利用することができます。今回、私はワンワールドのブリティッシュエアウェイズを利用しましたがJALのJGCを持っているので2つのラウンジを利用できることになります。

先ずはキャセイパシフィック航空のラウンジを体験してきました。

フランクフルト空港でキャセイパシフィック航空のラウンジを体験

アクセス

フランクフルト空港第2ターミナルにあります。
出国して左にしばらく進むと看板があるので分かりやすいです。f:id:norikun2016:20170817043005j:plain

 

 

ラウンジ内は広々

明るく開放的でモダンな感じが素敵ですがラウンジ内は空いていました。
ワンワールドはJALラウンジがあるのでそちらの方が人気の様です。
f:id:norikun2016:20170817043330j:plain

シンプルだけどカラフルに設置されているソファーがずらり。

f:id:norikun2016:20170817043356j:plain

キャセイ名物の大理石のバーカウンターもあります。
ただ、窓の外は滑走路ではなく駐車場、道路と至って普通なので景色は楽しめません。

f:id:norikun2016:20170817043429j:plain

反対側にもソファー席があります。

f:id:norikun2016:20170817044829j:plain

 

食べ物、飲み物

食事類は少なめです。その代わりアルコール類は豊富。
ラウンジでは食べるより飲む、と言う文化の違いが出ている感じです。

こちらはサンドウィッチ。数は少ないですが無くなれば補充するようです。

f:id:norikun2016:20170817043531j:plain

クッキーその他。

f:id:norikun2016:20170817043556j:plain

パンケーキ。

f:id:norikun2016:20170817043621j:plain

 ビール各種。幾つかの種類を楽しめるのは嬉しいですね。

 f:id:norikun2016:20170817043647j:plain

 こちらはドイツのラインガウ地方のワイン。

f:id:norikun2016:20170817043835j:plain

 ウイスキー各種。アルコールは種類が豊富です。

f:id:norikun2016:20170817044703j:plain

それからソフトドリンク。こちらも種類が多いので飲まない人も良いですね。

f:id:norikun2016:20170817043902j:plain

オレンジジュース、紅茶、トマトジュースその他。

f:id:norikun2016:20170817044506j:plain

 紅茶もあります。もちろん、コーヒーメーカーもありますよ。

f:id:norikun2016:20170817044329j:plain

 

その他設備

パソコンデスクとか。

f:id:norikun2016:20170817043457j:plain

 英字雑誌、新聞等々。

f:id:norikun2016:20170817044608j:plain

それからシャワーもあります。
と言うことで設備は十分に備わっています。

この後、JALラウンジも行きましたが空いているという点ではキャセイラウンジがおすすめです。食事、アルコールはJALラウンジの方が種類がありますが、そんなに食べない、飲まない、と言うことであればキャセイラウンジが良いかなと。

キャセイラウンジの利用条件は以下の通り。
ビジネスクラス以上、同行者1名も可。ワンワールドのサファイヤ以上で同行者1名も可。JALだとサファイヤ、JGC以上で利用できます。

航空会社はアライアンスが重要。
国内線はあまり関係ないですが国際線利用時はステータスを持っていると大きな利点になります。そんな特典内容についてはこちらにまとめているので参考にしてください。


まとめ

キャセイパシフィック航空の地元香港でのラウンジには及びませんが、
中は広々、アルコールも充実、シャワーありと言うことで利用価値が高いラウンジと思います。第2ターミナルにはJALラウンジもありますが、混んでいる場合はキャセイラウンジを選択するのも一つだと思います。

さて、フランクフルト空港。
空港見学ツアーがあるって知ってました?これは超おすすめです。圧巻の一言です。私も直前に友人から聞いてその存在を知りました。45分からのミニツアーもあるので時間あえばぜひ!

スポンサーリンク

 

関連記事