しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

台北桃園空港 キャセイパシフィック航空ラウンジは凄かった!

台北桃園空港のキャセイパシフィック航空(以下CX)のラウンジを利用しました。 
2015年11月にリニューアルオープンしたばかりの新しいラウンジになります。

桃園のCXラウンジは良いよ!と何人もから聞いていたので今回楽しみにしていました。CXのラウンジと言うことで利用対象はワンワールドのサファイヤ、つまりJALサファイヤ(JGC)でも利用可能ですが、CXは第一ターミナルに、JALは第二ターミナルにあります。と言うことでJAL便搭乗の際は利用できないかなと思っていると、第一、第二は制限エリア内で繋がっている様でJAL便に搭乗する際も利用できそうです。とは言え、ターミナル移動に20分前後はかかるとのことなので、余裕が必要だと思います。

さて、CXラウンジは第一ターミナル4階にあります。
出国検査を抜けて看板を目印に進むとさほど遠くない位置に航空会社のラウンジが集まっている箇所があります。他にチャイナエアライン、タイ航空、プライオリティパスで利用可能なプラザプレミアムラウンジがあります。

f:id:norikun2016:20170130054341j:plain

桃園空港 キャセイパシフィック航空ラウンジを体験

こちらエントランス。中に入ると広々とした別世界が待っています。
総床面積1253平米に対し245席を設けています。 

f:id:norikun2016:20170129151541j:plain

壁にはサクラ材を使っていて、サクラ材の特徴としての明るさが全面に出ています。またピカピカに磨かれた床はライムストーンで統一。全体の印象としては、明るい、暖かさがある、落ち着く、和む、そんな感じでしょうか、豪華の一言!

f:id:norikun2016:20170129151602j:plain

入ってすぐにあるダイニング。洗練されたこのスペースはコーヒーや軽くアルコールを飲みながらの会話や作業なんかに適しているスペースと言えるでしょう。 

f:id:norikun2016:20170129151617j:plain

チーズやハム、フルーツにヨーグルト。軽食がサーブされています。

f:id:norikun2016:20170129152651j:plain

こちらは中央部のエリア。 

f:id:norikun2016:20170129152333j:plain

こちらの部屋はチェアの左右に壁がありプライベート感が出ています。読書灯にサイドテーブルがあるので、読書をしたり、旅の計画を練ったりするのはいかがでしょう。 

f:id:norikun2016:20170129152351j:plain

こちらはヌードルバー。緑のセラミックタイルが印象的です。 

f:id:norikun2016:20170129152047j:plain

台湾ヌードル、担々麺、その他朝食メニューと言うことでフレンチトーストもあります。サイドは小籠包に餃子、春巻き等々。注文をすれば数分で準備してくれます。

f:id:norikun2016:20170129152110j:plain

薬味の数々。

f:id:norikun2016:20170129152128j:plain

ヌードルバー前にあるダイニングスペース。 

f:id:norikun2016:20170129230325j:plain

CXラウンジと言えば『担々麺』と言うことで小籠包と共に。
うーん、旨い!おかわり!

f:id:norikun2016:20170129152148j:plain

隣にドリンクコナーがあります。缶ビール・ソフトドリンクとか。

f:id:norikun2016:20170130070146j:plain

さて、ラウンジの一番奥にはバーがあります。

f:id:norikun2016:20170129151656j:plain

焼きたてベーカリーコーナー。

f:id:norikun2016:20170129151714j:plain

モヒート、マティーニ、ブラッディマリー、ブラッディマリーと言ったカクテルに、赤白それぞれ、ウイスキー各種、台湾ビールと豊富にそろえてあります。ノンアルコールも、エスプレッソ、カプチーノ、カフェモカ、各種フレッシュジュースがあります。

その中でキャセイオリジナル『キャセイディライト』を。
ノンアルコールでキウイベースのオリジナルカクテルです。お腹に優しい、味わい深いジュースと言った感じでしょうか。何杯でもいけそうです。

f:id:norikun2016:20170129151736j:plain

お手洗いも豪華で綺麗です。ソープはイソップを使ってます。

f:id:norikun2016:20170129230122j:plain

ビジネスエリアはiMacが5台あります。

f:id:norikun2016:20170129230139j:plain

何時間でも滞在できる、そんなラウンジでした。食事メインはヌードルバーで、その他軽食がサーブされ、アルコールはバーコーナーにあります。

キャセイのラウンジは本拠地香港が豪華で有名ですが、近隣の台北桃園に豪華なラウンジを設置する理由はやはり香港台北間の需要の多さと言えると思います。この区間は便数も多いです。私は今回ブリティッシュ・エアウェイズのマイルでキャセイ便の特典航空券を発券し台北⇒香港で利用しました。ビジネスクラスがなんと9000マイルで利用できます。こちら参考まで。


キャセイパシフィック航空台北桃園ビジネスラウンジ 
場所:第一ターミナル4階
利用対象:キャセイパシフィック航空ワンワールド加盟航空会社でビジネスクラス以上で搭乗者1名、ワンワールド・サファイヤ以上で1名(同行者1名可)JALのステータスだとサファイヤ、JGC相当になります。ステータスを持っているとエコノミー搭乗時にも利用可能です。

尚、シャワー室は設置していません。

JAL JGC修行についてはこちらにまとめています。

香港空港のCXラウンジも豪華です。こちら参考まで。


スポンサーリンク

 

関連記事