JALマイルを貯める。移行率は80%!

UAマイルやっと落ち着く、、、結局何を変えたかったのか?

GWから二転三転していたUAマイルがやっと落ち着く。ANA国内線の必要マイルが上がったり下がったり。一喜一憂、UA改正の最終目的?のため振り回された日々からやっと解放された。悲報?朗報?普段の使い方によって分かれる改定でした。

UAマイルを使ったANA国内線、国際線の改定。ソウルが5,000マイル、ANA国内線は5,000マイル、乗り継ぎは大幅増へ。

5月に入っての動きを見てみましょう。UA側も試行錯誤の末と言った感じ。

  1. 2024年5月2日、国際線(スターアライアンス)必要マイル増。
  2. 2024年5月3日、ANA国内線は5,000マイルに改善。
  3. 2024年5月7日、一部国際線路線(ソウル他)で5,000マイルに。
  4. 2024年5月8日、ANA国内線が12,500マイルに。
  5. 2024年5月9日、ANA国内線は5,000マイルに戻る。乗継は12,500マイルに。

*ANA国内線は800マイル区間での必要マイル数。

 

個人的にはここ数年で一番の動きでした。2勝2敗だけどその内1敗はコールド負け。乗継ぎの必要マイル増は痛すぎる、、

  • スターアライアンス国際線で必要マイル増。⇒×
  • 一部国際線(ソウル線や那覇台北、中国)の5,000マイルは使える。⇒
  • ANA国内線5,000マイル(800マイル以内)も嬉しい。⇒
  • ただし、国内線乗り継ぎ派は大幅増。UAの醍醐味が無くなった感じ。⇒×

 

さて、羽田那覇も8,800マイルが8,000マイルに改善。

 

羽田⇒伊丹⇒那覇で乗り継ぐと17,500マイルに。別々で発券した方が少ないマイルで行けると言う、、、UAの特徴でもあった乗り継ぎで同マイルを無くしたかったんだなと。直行便が少ないマイルで行けるのは朗報ですが地方からの乗り継ぎや便数が少ない路線だと大きな影響を受けそうです。羽田石垣や宮古も直行便は取りづらく那覇経由同マイルが重宝されていたので痛いです。

 

ソウルが5,000マイルは嬉しい。同路線は競合多数。LCCも安いですが、、、

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

乗継で追加のマイルが必要無しが最大の特徴だったUAマイル。今回の改正で特徴は無くなり平凡なマイレージに成り下がった感あり。とは言え、ANA国内線5,000マイルは魅力。ソウル5,000マイルもどんどん使いたい。沖縄から台北も機会あれば。キャンセル無料も高評価。使い方は分かりやすくなった。

マイレージ(特に外資系)は予告無しの改悪がいつ来るか分からないので貯め過ぎずいかに使うかが大事。今回のUAの改正により、積極的に貯めるマイレージでは無くなった印象。まぁ、使えるときに使っておきましょう。ANA国内線やソウルで使いたい場合にマリオット⇒UAに交換したり。

【朗報】マリオットポイントからのUAマイル移行がレートアップ。交換スピードも神改善。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください