IHGポイントをユナイテッド航空のマイルに移行してみました 移行方法、期間について

IHGのポイントをユナイテッド航空(以下UA)のマイルに移行しました。

IHGポイントはホテル無料宿泊での利用が価値が高いですが、IHGは宿泊によりポイントが貯まりやすいこと、ホテル宿泊に必要なポイントが一部改悪されていること、UAマイルが欲しかった、以上の理由から移行しました。

IHGって?

インターコンチネンタル、クラウンプラザ、ホテルインディゴ、ホリデイ・イン、ホリデイ・イン エクスプレス、等12ブランドで構成。

国内のIHGホテルはANAクラウンプラザ、全日空ホテル、ホリデイイン、インターコンチネンタルの系列。高級ホテルからお得なビジネスホテルまで揃っていて利用しやすいホテルチェーンです。

IHGの各種キャンペーンがで貯まったポイントをどうしようかと考えていたのですが今回UAマイルに移行してみました。

IHGポイント利用方法 無料宿泊、マイル、商品券

スポンサーリンク

ポイントの利用方法

IHGのポイントは以下の使い道があります。
無料宿泊に、航空会社のマイレージに、そして商品券に。

f:id:norikun2016:20170901210314j:plain

利用価値が高いのは無料宿泊と航空会社のマイレージでしょう。

マイルに移行する前提で話を進めます。多くの航空会社のマイレージと10,000ポイントで2,000マイルの交換が可能です。無料宿泊だと通常1ポイント0.5円、0.6円なので決して交換率は高くありませんが、IHGはポイントが貯まりやすいので無料宿泊する場合よりマイル移行するのが良い、と言う場合もあります。

f:id:norikun2016:20170902054942j:plain

ANAとJALに交換できるのは大きいです。交換可能な代表的な航空会社は以下。

アライアンス 航空会社
スターアライアンス ANA、ユナイテッド航空、シンガポール航空
ワンワールド JAL、ブリティッシュエアウェイズ、キャセイパシフィック航空
スカイチーム デルタ航空、チャイナエアライン、エールフランス
その他 アラスカ航空、エティハド航空、エミレーツ航空

IHGポイントをマイレージに移行する場合、ホームページからは不可、カスタマーセンターに電話のみとなっています。

連絡先は以下で。
日本オフィス:03-5767-9325(9時から18時まで)

1月30日に電話して50,000ポイント(10,000UAマイル)の移行手続きしました。

約5週間後の3月7日に移行が完了しました。

UAマイルはANA国内線で利用する予定。多くの路線で5,000マイルで利用可。

さて、ホテルのポイントをブリティッシュエアウェイズのAviosに移行すると35%アップのキャンペーンが行われています。対象ホテルはヒルトン、IHG,ハイアット、マリオット、カールソン、シャングリ・ラホテルの6ホテル。2018年3月31日まで。

10,000ポイントが2,700aviosになります。IHGのポイントをどうしようかと考えている場合には選択肢の一つになるでしょう。

リンクは以下で。

https://www.britishairways.com/ja-jp/executive-club/collecting-avios/hotels/convert-your-points

ポイントは無料宿泊、それともマイル?

IHGはキャンペーンを利用すればポイントが貯まります。こんな感じで。

ポイントの有効期限は12か月。但し、期間中に一度でもポイントを獲得したり使用すると有効期限は延長されます。

無料宿泊だと1ポイントが0.5円から0.6円、繁忙期であれば1円以上も可能。

一方で、10,000ポイントが2,000マイル。従い、1ポイントが0.2マイル。国内線で利用する場合、1マイル1.7円とすると0.34円。

従って、ポイントの価値としては無料宿泊がお得です。但し、IHGはキャンペーンが豊富でポイントが貯まりやすいので、宿泊してポイントを貯めるを基本にポイントをマイルに移行するのも一つではないでしょうか。

繁忙期の高いときは無料宿泊で、マイルが足りない時はマイルで。この辺は予定に合わせて柔軟が良いでしょう。尚、マイル移行は4から6週間ほどかかるので前もって申請してください。

無料宿泊はこちらを参考にしてください。

IHGポイントで無料宿泊! ミュンヘンのホリデイ・イン エクスプレス宿泊記

IHGアンバサダーの更新で利用したかったのですが更新に必要なポイントが24,000ポイントから40,000ポイントに改悪になり使いづらくなりました。これは痛手です。

スポンサーリンク

IHGキャンペーンでポイントを貯める

キャンペーンは幾つかあり併用できるものもありますが、対象者限定のキャンペーンもあるので不明な場合は問い合わせることにしてください。

2018年3月21日現在、3滞在すれば40,000ポイントのキャンペーンと71,000ポイントのキャンペーン。チェックイン、チェックアウトで1滞在です。1泊ではないのでご注意を。メールが届いた人のみ対象。私の場合、両方メールが来ていたのですが40,000ポイントのみが対象でした。この辺も注意が必要ですね。

詳しくはこちらを参考にしてください。

IHG OTA Book Direct 2018、3滞在で71000ポイントのキャンペーン 注意点まとめ

対象地域:中国、香港、マカオ、台湾を除くアジア地域。中東、アフリカ。
条件:公式サイトから予約が必要。じゃらん、一休等の予約サイトからは不可。ポイント無料宿泊も対象外。
内容:3滞在で40,000ポイント。

それからスピードアップキャンペーン。年に4回実施。
直近だと2018年1月1日から4月30日。上記キャンペーンと併用可能。

IHGスピードアップキャンペーン 2018年1月1日から4月30日まで

さて、IHG。国内だと札幌、釧路、仙台、新潟、富山、金沢、成田、東京、浦安、名古屋、大阪、京都、神戸、米子、岡山、広島、宇部、愛媛、福岡、長崎、熊本、宮崎、沖縄、石垣にあります。

値段はシーズンや週末は高くなりますが時期をずらせば安く泊まれます。
例えば、4月24日で。このように1万円を切るところも多いです。安い時期にキャンペーンを利用し宿泊したいですね。

まとめ

ホテルチェーンは多くありますがその中でもポイントが貯まりやすいIHG。貯めたポイントは無料宿泊が良いか、マイル交換が良いか、と言えば価値としては無料宿泊でしょう。ただし、IHGは宿泊で貯まるので通常期は無料宿泊よりマイル移行で、繁忙期は無料宿泊で、こんな感じで使い分けをしています。

キャンペーンは他にもポイントパッケージと言われるプランがあり1泊で5000ポイントが貯まることがあります。この場合、価格は高くなるのでIHGステータスを目指す人向けのプランになります。以下を参考にしてください。

コメントを残す