北京観光で万里の長城へ 慕田峪長城はアクセス抜群、そして素晴らしかった

1泊2日で北京へ、そして万里の長城に行ってきました。

北京で万里の長城を見学できるエリアは幾つかあるのですが、その中でも空港から近く比較的空いている慕田峪長城へ行ってきました。

北京空港から約1時間で長城へ。夏のシーズンだと2倍くらいの時間を要しますが冬の寒い北京だと渋滞はなくお勧め。また観光客は少なく観光にも最適です。気温は日中でマイナス2,3度、山の上だとマイナス7,8度でかなり寒いですが日が照っているうちは何とか大丈夫でした。

2017年に入り北京市でのPM2.5の対策が功を制し空気も見違えるほど綺麗になった、手んが言っていました。寒いですが晴れて気持ちの良い北京。

そんな中、万里の長城へ。良い旅行になりました。

北京観光で慕田峪長城へ 空港からのアクセス抜群

スポンサーリンク

万里の長城って?

万里の長城は世界最大で最長の建築物で世界遺産に指定されています。全盛期は20,000キロあった万里の長城ですが現在は6,000キロほど。これだけ長いと維持するのも大変であろうと容易に想像できるわけで私が行った慕田峪長城も所々で侵食しているのが分かりました。

万里の長城は外敵を防ぐために作られた城壁であり紀元前221年に秦を統一した始皇帝が北の騎馬民族である匈奴の侵入を防ぐために何百万と言われる軍人と農民を総動員させ建造させたと言われています。現存のレンガ作りはモンゴル人の侵入に備え明時代に再建。

観光名所は幾つかある

北京から行ける長城は幾つかあり代表的なところが八達嶺、慕田峪、司馬台、金山嶺となっています。八達嶺、慕田峪はロープウェイもあり便利。時間があれば歩いて頂上へ登ることもできますが、それは大変。体力のある方は試してみてください。

一番人気は八達嶺、北京から電車やバスで行くことが可能です。人気ゆえ夏のシーズンはごった返し身動きが取れなくなると言われており時期をずらすか他へ行った方がベターでしょうか。

私は慕田峪(ぼてんよく)長城へ行ってきました。トリップアドバイザーで2016年の観光地人気No1にも選ばれた長城です。

スポンサーリンク

慕田峪長城へ

今回はベルトラのツアーに参加しました。バスを使って行くことも可能でしたが到着したのが午後を回っていて時間を有効に使いたかったのでツアーに参加。空港で待ち合わせ、車で慕田峪長城へ向かいました。1時間ほどで到着。

長城まではお土産屋さん、飲食店が軒を連ねます。お土産に関しては長城特有ではなくどこにでも売っていそう中国のお土産です。人が少ないので飲食店もガラガラ。開いているのか、閉まっているのか分からない状態でした。

バーガーキングもありますね。ここからもう少し進んだところにバス乗り場があり、バスに乗りロープウェイ乗り場に向かいます。歩いても大丈夫ですが車優先の中国だと危険なのでバス移動が安全です。

ロープウェイ乗り場に来ました。頂上まではロープウェイかスライダーの2種類あります。マイナス10度近くで長城へスライダーを使って上り下りするのはさすがに抵抗があり(笑)、止めておきました。夏ならスライダーが良いでしょう。

歩いて長城まで登ることも可能。1000段あるとのこと。体力に自信のあるかたはぜひ。私は自身なく断念。ツアーだと時間が限られているので難しいでしょう。今度行った際は試してみたいですね。

ロープウェイ乗り場。

ロープウェイに乗り込みます。お客さんはまばら。

ロープウェイからの城壁は最高でした。北京は今回が初めてで昔教科書で見た光景が目の前に広がり感動。表現する言葉が見当たりません。天気も良く思い出になりました。

そして到着。春節の飾り付けを至る所で見ることができました。

こちらは全体の地図。赤印のロープウェイから14番に到着しました。短い17番方面に向かって進むことにしました。短いとは言え、14番から18番までは1時間はかかりそう。往復だと2時間。ツアーで時間がなく途中で断念しました。時間があれば端から端までも魅力。ただ、その場合は朝から臨んだ方が良さそうです。

テレビ等でよく見る光景が広がります。前へ前へ。

実際に歩くと分かるのですが道が果てしなく続きます。坂になっていたり階段が急だったりとさらに時間を要します。慕田峪は観光名所の中でもまだ良い方だとか。それでも端から端まで歩くにはきつそうです。

急な階段になっているところも多く注意が必要。滑りやすくなっています。

この辺でギブアップ(笑)時間がないのを言い訳に戻ることにしました。

素晴らしい景色がずっと広がります。寒いですがこれだけ上り下りして歩くと汗をかきますし寒さも気にしなくなりました。これはちょっと言いすぎですかね(笑)

まとめ

遠いと思っていた万里の長城ですが北京空港から1時間ちょっと。特に冬の時期は道路の混雑も少なく、そして現地も空いていてお勧めです。北京観光の際はぜひ万里の長城を訪れてみてください。電車やバスを使った方が楽しめると思うのですが時間に制限がある場合はツアーも良し。一人だと高くつきますが車をチャーターする感じなので複数名で割れば一名分は安くなります。

今回は万里の長城見学の他に楽しみがありました。ANAで行ったのですがファーストクラス設定の長距離国際線機材だったのでビジネスクラスでファーストクラスのシートを体験できこちらも楽しめることができました。4月以降もまだボーイング777のファーストクラス設定でしばらく続くようなので機会があればぜひ試してみてください。

詳しくはこちらにまとめています。

ビジネスクラスでファーストクラスのシートを体験、座席の違い、アップグレード方法について

コメントを残す