しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

チャンギ空港SQファーストクラス プライベートルームへ

亜熱帯のシンガポール
突然のスコールでやることを失った私は早めにチャンギ空港へ。 

と言うのは後付けで実際はラウンジを満喫したかったので早めに。

チャンギ空港シンガポール航空ラウンジ。
ビジネスクラス、ファーストクラスラウンジを超えるラウンジがある。

ファーストクラスの奥に『プライベートルーム』と言われるスペース。

シンガポール航空のファーストクラス、スイートクラス(エアバスA380のみ)搭乗者だけが利用の対象。自社の最上級の会員メンバーにも開放していないある種謎めいたラウンジである。

今回その『プライベートルーム』を体験することができた。

チャンギ国際空港 シンガポール航空プライベートルームへ

旅程

シンガポール航空(以下SQ)のファーストクラス(スイートクラス)は他社特典には解放していません。例えば同じスターアライアンスのタイ航空のファーストクラスはANAマイルを使って発券が可能ですがSQでは不可。ファーストクラスだけでなくエアバスA380、ボーイング777-300ER等のビジネスクラスも他社には開放していません。それだけ自社会員を優遇している、と言う訳です。

ではSQでファーストクラスやA380のビジネスに乗りたい場合はどうすれば良いか?と言うとクリスフライヤー(SQのマイレージ)のマイルを貯める必要があります。乗って貯める、と言うよりSQのクレジットカードで貯めたり、アメックス等のポイントを移行する、そんな感じになるでしょう。

今回、往復に必要なマイルは無かったので片道で発券。51,000マイルで。
(*ネット割引がなくなり現在は65,000マイル)チャンギ空港発にしてSQのホームラウンジを体験するプランにしました。


東京からシンガポールへはLCCスクートにしました。
片道発券が主のLCCが便利。初めてのスクートで台北桃園乗継でしたが中々良かったですよ、こちら参考まで。


チャンギ空港

SQは第2、3ターミナルから発着します。
日本を始めとした北アジア(中国、韓国、香港、台湾)、アメリカ、ヨーロッパ各国へは第3ターミナルから発着しています。それ以外の東南アジア等は第2ターミナルから発着。ちなみにANAは第2ターミナル、JALは第1ターミナルになります。

第2、第3ターミナル間は移動も可能です。
第2ターミナルの方にも行ってみたかったですが、折角の機会。
今回は第3ラウンジに居座ることにしました。

f:id:norikun2016:20170606204337j:plain

 

チェックインカウンターは6番になります。

シンガポール航空のカウンター営業時間は以下の通り。
第2ターミナルは04:30~02:00
第3ターミナルは04:30~22:00

f:id:norikun2016:20170606153525j:plain

そしてファーストクラスのカウンターへ。
緊張しながらモバイル搭乗券とパスポートを提示しました。

f:id:norikun2016:20170606153552j:plain

シンガポール航空のファーストクラスのチケット。
座席は1Aを指定。搭乗3ヶ月前の座席指定なので難なく1Aを指定できました。

f:id:norikun2016:20170607074734j:plain

 

シルバークリスラウンジ

各ターミナルでラウンジ営業時間が異なるのでご注意を。
シンガポール航空ラウンジの営業時間は以下の通り。

第2ターミナル
05:00~22:00(ファーストクラス)
24時間営業(ビジネスクラス

第3ターミナルはビジネス、ファースト共に24時間営業。
*プライベートルームは02:30~05:30は閉鎖。

http://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/flying-withus/before-the-flight/lounges/silverkris/

スターアライアンスゴールド(ANAだとプラチナ、SFC以上)で利用できるゴールデンラウンジは第2、第3共に24時間営業です。こちら参考まで。

 

ゲートA近くにあるシルバークリスラウンジへ。
ビジネスクラス、ファーストクラス、プライベートルームの3つのラウンジがあります。受付で搭乗券を見せるとプライベートルームへアテンドしてくれました。

f:id:norikun2016:20170606153648j:plain

 

プライベートルームへ

どんどん奥へと進みファーストクラスラウンジを過ぎるとこちらに。
『お好きな席をどうぞ』と言われましたがどこに座ろうか迷います(笑)

広々としたスペースに利用者は僅か数組。静かなラウンジ内は人の気配すら感じませんでした。この静寂した空間が良いですね。

f:id:norikun2016:20170606153713j:plain

f:id:norikun2016:20170606153755j:plain

f:id:norikun2016:20170606153907j:plain

『ドリンクをお持ちします。何にしましょう?』
シャンパンお願いします』
『食事なさいますか?メニューをどうぞ』
と言うことでシャンパンはこちらで頂き、食事の用事ができるとダイニングへアテンドしてくれます。

シャンパンはシャルル・エドシックの『CHARLES HEIDSIECK BLANC DES MILLENAIRES 1995 』でした。銘柄は詳しくはありませんが飲みやすくて美味しい、とだけは分かります(笑)

f:id:norikun2016:20170606155054j:plain

 

ダイニングルームへ

食事の用意ができた、と言うことでダイニングルームへ。
先客は1名のみ。話し声は聞こえずスタッフの方の足音のみ、ほんと静かでした。

f:id:norikun2016:20170606155110j:plain

追加でメニューを頼むこともできます。
05:30~10:30までは朝食、それ以降はランチ・ディナーになります。

f:id:norikun2016:20170606163000j:plain

f:id:norikun2016:20170606163025j:plain

先ずはガーデン・サラダを頼みました。
ドレッシングがさっぱりで美味しく前菜としてはちょうど良い量でした。

f:id:norikun2016:20170606155244j:plain

次に飲茶を頼みました。

f:id:norikun2016:20170606155301j:plain

メインはロブスターにしました。プリプリで最高に美味しかったです。

f:id:norikun2016:20170606155320j:plain

締めはフォーを。あっさり味でそれでいてコクがあるスープ、絶品でした。

f:id:norikun2016:20170606162932j:plain

デザートは別腹と言うことで追加で注文しました。

f:id:norikun2016:20170606155335j:plain

静かなダイニング内。
普段はできないゆっくり、のんびりと時間をかけ食事を楽しみました。

 

シャワールームへ

食事をお酒をゆっくり楽しんだあとはラウンジ内を散策しました。
お手洗いはこんな感じで。

f:id:norikun2016:20170606163049j:plain

アメニティもありました。
シャワールームにもこのアメニティセットが置いてあります。

f:id:norikun2016:20170606163117j:plain

シャワールームはこんな感じで。

f:id:norikun2016:20170606163145j:plain

 

ファーストクラスラウンジへ

こちらも利用者は少なかったです。

f:id:norikun2016:20170606214619j:plain

f:id:norikun2016:20170606214642j:plain

中央にバーがあります。お酒はこちらで。

f:id:norikun2016:20170606214711j:plain

食事類はこんな感じで。
種類は多くありません。ANAJALラウンジの方が充実しているでしょう。
ただラウンジの良さは人数が少なくゆっくりできることだと思いました。

f:id:norikun2016:20170606215251j:plain

 

まとめ

プライベートルームの一番の良さは人が少なくゆっくりと自分のペースで過ごすことができる点。利用者を限定することでラウンジの価値が高まっています。

この後、深夜便で帰国しましたが私以外は皆食事を取らずそのまま就寝。
ラウンジで食事・お酒を楽しみ機内は寝るだけ、と言った感じでした。
私は折角だからと食事を楽しみましたが(笑)

プライベートルームの利用はチャンギ発にして片道発券が最もマイルを抑えた方法です。例えばチャンギ発、香港にすると必要マイルも抑えられA380も楽しめます。(現在は片道37,500マイル)私自身、アメックスポイントを移行してチャンギ発香港でも発券しました、こちら参考まで。


今回のプライベートルームの利用に関しては『Up in the sky』様のこちらの記事を参考にさせて頂きました。利用者が少ないだけあって記事も少なく、こちらの記事がなければ相当迷っていたと思います。ありがとうございました。ファーストクラス、ビジネスクラス、そして発券その他飛行機に関して網羅されている『Up in the sky』様の記事はこちら。

 

そしてシンガポール航空のファーストクラスとスイートに搭乗しました。
正に夢心地、そんなフライトでした。

スポンサーリンク

 

関連記事