読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

JALビジネスクラスでハノイへ フルフラット搭乗記

2017年3月、JALを利用しハノイに行ってきました。

成田ハノイは1日1便でこんな感じです。

往路:成田18:30 ⇒ ハノイ22:55
復路:ハノイ00:25 ⇒ 成田7:10

JALダイナミックパッケージで参加したのですがツアーでは2泊する必要があります。金曜の夜に出発し月曜の朝に戻る、そして仕事に向かう。ちょうど良いスケジュールだったように思います。

なぜハノイ?かと言うと行ったことがなかったこともあるのですが、2016年の12月に以下の魅力的なツアーが出たからです。その後、シーズンに入るにつれて値段は上がっているようですが、東南アジアの中では安くビジネスクラスを利用できる地域だと思います。参考までと言うことで。


さて、ハノイ
物価は安いし他のアジアとまた違う感じがして良い街でした。
今度はホーチミンも行ってみたい、そう思える旅になりました。

JALビジネスクラスハノイへ 搭乗記

 

JAL752便で成田からハノイ

出発前はラウンジに。
ビジネスクラスなのでラウンジを利用することができます。
JMBサファイヤ(JGC含む)も利用対象です。(同行者1名含む)

さて、サクララウンジ受付に向かうといっぱいで入れない、と言うことでファーストクラスのラウンジに案内されました。これはびびりました、心の準備がなっかたですから。ちょうどサテライト側のラウンジが改装中だったこともあり、JGC会員を対象にファーストクラスへ案内していたようです。


通常だとサクララウンジになります。こちら参考まで。


ラウンジでのんびりしていると時間が経つのは早いです。
あっと言う間に搭乗時間になりました。今回の相棒はこちら、よろしく。

JALボーイング787

ボーイング787-8のSKY SUITEと言われるタイプ。

JALスカイスイート

シートは2-2-2。こんな感じで全席通路側にアクセスが可能です。

JALビジネスクラスのシート

よりプライベート感を演出しています。まるで個室の様でした。

f:id:norikun2016:20170425203615j:plain

f:id:norikun2016:20170425203628j:plain

足元はこんな感じ。広すぎます。

f:id:norikun2016:20170425203646j:plain

隣席との間はパーティションがあるので1人対応、2人対応どちらでも可能です。

f:id:norikun2016:20170425204139j:plain

さて、出発。

f:id:norikun2016:20170425203245j:plain

先ずはシャンパンをいただきます。

f:id:norikun2016:20170425203702j:plain

洋食を頼みました。
春キャベツと花のサラダ、ローストビーフ。メゾンカイザーのパンです。

f:id:norikun2016:20170425203725j:plain

サーロインステーキでした。

f:id:norikun2016:20170425203738j:plain

デザートはこんな感じで。

f:id:norikun2016:20170425203751j:plain

機内エンターテイメントも充実しています。
2017年のオスカーを総取りした『ララランド』を半分見ました。
エマ・ストーン、良いですね~ 完全なオスカー狙いのミュージカル映画でしたが演出に凝っていて面白かったです。

f:id:norikun2016:20170425203803j:plain

食事を取って映画を観た後は寝る時間、フルフラットなので快適です。

f:id:norikun2016:20170425204210j:plain

日本の3月はまだ冷えますがこちらはベトナム
生暖かい空気が出迎えてくれました。

f:id:norikun2016:20170428060837j:plain

 

3月のハノイは最高気温25度 快適でした 

2泊と言うことでゆっくりできました。
日中の最高気温は25度を超えるくらいで、ちょうど良かったです。
今回は行かなかったですがハロン湾ツアーもありますし2泊で十分でしょう。
ホーチミンに1泊、ハノイに1泊とか。組合せは色々ありそうです。

こちらに観光をまとめました、参考まで。

 


JAL751便でハノイから成田へ

市内からはタクシーで空港に向かいました。
2,000円くらいだったでしょうか。尚、街中でタクシーを拾うとぼったくりに合う可能性もあるので注意してください。空港でもキャッチが多かったですね、東南アジアあるあるです。基本はホテルで呼んでもらう、それが一番でしょう。

さて空港ラウンジへ。
ノイバイ空港のビジネスラウンジは多くの航空会社の指定ラウンジで共用となっています。新しいラウンジで広くて清潔で中々良かったです、こちら参考まで。

そんなこんなで出発の時間になりました。

f:id:norikun2016:20170425204817j:plain

f:id:norikun2016:20170425204830j:plain

f:id:norikun2016:20170425204844j:plain

f:id:norikun2016:20170425204920j:plain

復路は、ハノイ00:25⇒成田7:10で時差2時間なので実質4.5時間のフライトです。気流の関係で食事のサーブの時間が離陸後1時間後くらいになると言うことで食事はパスしました。殆どの人はそれを聞いて眠りに入った様でした。

さて、今回幻の焼酎『森以蔵』を購入することができまた。
JALが毎年対象路線、対象クラスの機内販売でほぼ定価で販売しています。
これはラッキーでした。

ちなみに森伊蔵は本店で電話予約(抽選)することも可能です。
中々当たりませんが当たればラッキーと言うことで焼酎好きの方は試してみてはいかがでしょう。毎月抽選を実施しています。


復路は寝て森伊蔵を買う、それで終わりました。

JAL機から見た上空

ANAビジネスクラスもフルフラットです、こちら参考まで。

 

スポンサーリンク

 

関連記事