読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

【ANA国際線】マイルを使ってビジネスクラスにアップグレードしてみた

ANA旅作を利用してシドニーに行ってきました。
その際、せっかくだからと貯めているANAマイルを使ってビジネスクラスにアップグレードしました。

さて、今回は旅作のプレミアムエコノミーを利用しました。プレミアムエコノミーについてはマイルは100%加算、加えて旅作はホテル代も付いて通常購入より大分お得な価格となっています。ラウンジも楽しめその他ビジネスクラスとほぼ同じ特典を受ける事が可能です。プレミアムエコノミー旅作についてはこちら。

 

羽田ーシドニー線は1日1便で機材はボーイング787-9
787-9は国際線だとバンクーバーシンガポールジャカルタ等に就航しています。
ビジネスクラススタッガード仕様となっており、シートを180度フラットにできるタイプ。

ANAスタッガード


今回、そんな優れものを体験してみたく、ビジネスクラスへのアップグレードを申請しました。その過程で気づいたこと、及び詳細を纏めてみました。

ANA国際線マイルを使ったアップグレードについて

ANA国際線 マイルを使ったアップグレード対象便は以下の通り。
ANAグループ便(ANA運航とエアージャパン
ANA便名で他社が運航するコードシェア便や他社便名でANAが運航するコードシェア便は利用不可。

 

必要マイル数

必要なマイル数は、1区間(片道)の距離(基本マイレージ)及び利用クラスによって異なってきます。片道12,000マイルから交換可能で詳細は以下の通り。

区間基本マイレージ エコノミーからビジネス ビジネスからファースト
0~2000 12,000 20,000
2001~3500 18,000 30,000
3501~4500 20,000 35,000
4501~5500 25,000 40,000
5500~ 28,000 45,000


ちなみに主要各都市の基本マイレージは以下の通り。
ニューヨークその他のアメリカ東海岸、ロンドンその他ヨーロッパ地域だと
必要マイル数が最も多くなります。香港までだと最小のマイル数で交換が可能。

ニューヨーク ロサンゼルス ロンドン 香  港 シンガポール デリー シドニー
6,737 5,458 6,214 1,823 3,312 3,656 4,863

 

対象予約クラス

全ての航空券で対象となるわけではありません。
予めアップグレードを考えている場合は、対象となる航空券を購入する必要があります。

旅程エリア エコノミーからビジネス ビジネスからファースト
日本地区旅程開始 Y,E,B,M,U J,C,D,Z  *Pは除く
日本地区以外の旅程開始 Y,E,B,M,U,H J,C,D,Z  *Pは除く

エコノミーの対象であるY,E,B,Mは積算100%、U,Hは70%ですので、ツアーその他格安航空券に多い、30、50%のクラスはアップグレード不可ということになります。ビジネスクラスからのアップグレードもツアーだとP70%が多いので、この場合も不可になります。

とすると、エコノミーからのアップグレードは中々出番がないかもしれません。
エコノミーで積算100%とか高いですからね。従って、今回の私のケースの様にお得な旅作100%加算のプレエコからのアップグレード狙いが良いかもしれません。

 

 

有効期間と申込期間について

一旦申込んだアップグレード特典はご予約便に限り有効。
申込は搭乗日の355日前から出発の24時間前まで可能

 

 

申込・申込後の変更について

航空券番号が205から始まる分はwebサイトから可能。
それ以外は電話でANAマイレージセンターへ。 

 

申込後の変更は以下の通り。
申込後は搭乗者及びマイルの提供者の名義変更は不可。
また、一度申込んだアップグレード特典は予約便に限り有効。申込後の搭乗者名・便名・日付・区間・搭乗クラスの変更や、オープンにすることは不可。

 

 

空席待ちについて

空席待ちは当日まで可能。
①事前にアップグレード席が取れない場合は、出発日当日にチェックインカウンターにて確認。
②アップグレード特典の空席待ちをする場合は、あらかじめ利用になる全区間の購入済み航空券が必要。
③特典交換に必要なマイル数は、アップグレード席を取れた時点でマイル口座より減算。

 

 

注意点その他

①エコノミークラスからファーストクラスへのアップグレードは不可。
②パッケージツアーその他に適用される包括旅行運賃、対象以外の予約クラスなどでは、アップグレード特典は利用不可。
③国内線区間のアップグレード特典は利用できない。
④2名以上で一緒に予約・購入され、一部アップグレードを申込みの場合は、予約記録をあらかじめ分ける必要があります。
⑤国際線特典航空券とアップグレード特典の併用は不可。
⑥同一の予約に対し、アップグレード特典とスター アライアンスアップグレード特典の併用は不可。(便によっては設定がない場合があります)。
⑦アップグレード特典を利用の場合「フライトマイル」および「ANAプレミアムポイント」の加算は購入された航空券のクラスに基づき計算

 

 

実際に申込してみました

マイメニューの『予約確認』から国際線航空券から予約の詳細を見ます。

ANA予約詳細

次にアップグレードの表示が出てきますので進むと以下の場面に。
往路は空席待ちですが、復路は空席有になっています。

ANA便アップグレード操作

手続きは簡単。表示に従って進むだけです。
復路のアップグレードが完了しました。

アップグレード空席待ち情報

 

方法としては簡単ですが、予約できるかどうかが気になるところです

そこで、特典航空券を発券しようとしてみましたが空席はありませんでした。
特典航空券とマイルでのアップグレードの枠は同じかもしれません。

次に通常購入しようとするとマックス6名分購入可能(B789ビジネスは40シート)になりました。こちらはまだ余裕です。特典航空券その他の争奪は限られた席の奪い合い、と言う感じですね。

ANAビジネスクラス正規値段

 

最後にマイル単価について。
ビジネスクラスは正規だと往復で58万円、片道で29万、
プレエコは正規で往復で約20万円、片道で10万円なので差は19万円。
片道分25,000マイルを使用しましたので1マイルの単価は7.6になります。
正規ではなく旅作でアップグレードの単価を出そうとすると、旅作のビジネスクラスはマイル加算がプレエコの100%より少なくなるので正規の方で算出しました。

ちなみに特典航空券を発券する場合だとレギュラーシーズンでシドニー往復75,000マイル。こちらはマイルが付与されませんし、空きが出るまで旅立てるか分かりません。その点、マイルアップグレードは一旦席を押さえて狙うことになりますので、使い分けしていくのが良いのかなと思いました。

そして実際に搭乗しました。

 

 ANAマイルはこんな感じで貯めています。

 

関連記事