読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ANAビジネスクラスでバンクーバーへ スタッガード搭乗記

ANA旅作を利用してバンクーバーに行ってきました。
旅作とは航空券と宿泊がセットになったツアーで別々に購入するより大分お得です。

2月の寒い時期になぜにバンクーバー?  理由はシンプルで激安だったから。
ホテル2泊込みのビジネスクラスで12万円ほどでした。最初はバグ的な価格かと思ってたのですがその後も訂正されることなく数ヶ月その値段が続いたので、どうやらセール価格だったようです。こちらにまとめています、参考まで。


チェックイン後はスイートラウンジへ。
2016年はANAダイヤモンドになったのでスイートラウンジで『ダイニングh』を初めて体験することができました。文字通りダイニング形式で1品づつオーダーをしてからの食事の提供になります。深夜便に対応する為に作られたダイニングで19時半~翌0時半までと限られた時間での営業となっています。


尚、ビジネスクラスだとANAラウンジが利用可能になります、こちら参考まで。

羽田空港国際線ANAラウンジを体験 - しーずざでい SFC修行とかマイルとか


さて、搭乗時間になりました。約9時間のフライトになります。
北米に行くのは久しぶり、何年振りだろう、いや考えないことにします(笑)

f:id:norikun2016:20170228160932j:plain

ANA旅作で行くバンクーバー

 

ANAビジネスクラス NH116搭乗記 羽田からバンクーバー

機材はボーイング787-9でビジネスシートは40席。
2017年2月現在、国際線だと787-9は全ての便で、787-8は機能を搭載する機種での運航に限りWiFiを利用することが可能です。長旅ですのでWiFi搭載は有り難いです。

f:id:norikun2016:20170228193627j:plain

 

シート

ビジネスクラスは1-2-1の配列です。
ANAビジネスクラスの目玉はスタッガードと言われるシート。シートをジグザグに配列することにより、フルフラットシートを実現しました。2人なら真ん中の2シートがおすすめで、会話も可能です1人だと基本は窓側が良いですが真ん中でもプライベート感は保たれるので問題ないでしょう。この配列を見るとワクワクしますね。

f:id:norikun2016:20170228161019j:plain

サイドには大型のテーブル、LEDパーソナルライトがあります。
ライトの下にはユニバーサルタイプの電源、USBポートがあります。

f:id:norikun2016:20170228161034j:plain

 

機内食

お待ちかねの機内食。メニューは和食と洋食を選択できます。
洋食のメインは牛ヒレ肉のソテー、メカジキのグリルから選択なのですが、ラウンジでたらふく食べていたので和食を選択。『とうふ屋うかい』とのコラボメニューでした。

f:id:norikun2016:20170228161612j:plain

アミューズは胡麻スティック、アプリコットとバターのロール仕立て。
2種のチーズとオリーブ。うーん、シャンパンが合いますね。

f:id:norikun2016:20170228161631j:plain

前菜は生湯葉とウニ、いなり寿司、カステラ玉子、海老カラスミ等々。

f:id:norikun2016:20170228161649j:plain

f:id:norikun2016:20170228161703j:plain

百合根とマイタケのがんも、牛のしぐれ煮ご飯。汁物はうかい名物の豆水とうふ。

f:id:norikun2016:20170228161721j:plain

到着の2時間ほど前に提供された朝食はぶり照り焼きでした。

f:id:norikun2016:20170228161857j:plain

 

モニター、アメニティ、設備その他

18インチのタッチパネル式の液晶モニター
最新映画、音楽、バラエティー等のテレビ、ゲームを楽しめます。

f:id:norikun2016:20170228195328j:plain

食事が終わると良い時間になるので眠たくなります。
数に限りがあるパジャマは席についてすぐ借りました。

f:id:norikun2016:20170228195352j:plain

アメニティは以下の通り。
ビーラブリーハンドクリーム 10ml
ホワイトティフェイシャルミスト 10ml
シアナッツ&オレンジ オーガニックリップフォーミュラ4g

歯ブラシセット、アイマスク、イヤプラグがあります。

f:id:norikun2016:20170228201344j:plain

フルフラットにしてみました。空の上のベッドの完成です。
3時間ほどぐっすり眠ることができました。

f:id:norikun2016:20170228195410j:plain

 

そしてバンクーバーに到着

9時間のフライトはあっという間でした。フルフラットなので疲れが全然違います。
まだ数時間乗っていたい、そんなフライトでした。

f:id:norikun2016:20170228161909j:plain

日本時間だとまだ夜が明けていない時間ですが現地時間で13時過ぎでした。
バンクーバーと日本との時差は17時間になります。

f:id:norikun2016:20170301055531j:plain

 

 

バンクーバーそしてシアトルにて

 バンクーバーで1泊、シアトルで1泊しました。 
2度と来れるか分からない、そんな遠い場所になるので色々と計画していきました。
目玉はシアトルにあるボーイング工場の見学。バンクーバーからシアトルへの移動をどうするかが問題でしたがバスと鉄道を利用しました。シアトルへは車を借りるとか、バンクーバーからのツアーに参加するとかが選択肢かなと思います。

 

バンクーバー1の名所と言って良い『スタンレーパーク』にて。


こちらはバンクーバー旅作で最も安いホテルですが中々良かったです。

 

ANAビジネスクラス NH115搭乗記 バンクーバーから羽田へ

さて、時が過ぎるのは超早いです。もう帰る時間。 
ANA指定ラウンジはプラザ・プレミアムラウンジでした。
ビジネスクラスANAプラチナ(SFCを含む)で同行者1名が利用可能です。


4日滞在しましたが全て雨が降っていました。ずっと小雨がぱらつくと言う感じで。
決して雨男ではありません。バンクーバー、シアトル周辺の特徴の様です。

f:id:norikun2016:20170228162719j:plain

往路は真ん中のシートだったのですが今回は窓際を指定しました。
手前味噌ですがこの選択が最高でした(笑)それは後程。

f:id:norikun2016:20170228202813j:plain

そしてバンクーバーを出発!

f:id:norikun2016:20170228163423j:plain

 

機内食

アミューズはローストビーフのリゾット包み、野菜とフェタチーズのマリネ、
サーモンムースのカナッペ。やはりシャンパンが合います。夜便ではなく昼便だったのでもう数杯?頂きました。

f:id:norikun2016:20170228162739j:plain

それからこちら。アミューズと似たような感じですね(笑)

f:id:norikun2016:20170228202216j:plain

メインは牛片ばら肉のワイン仕込みでした。

f:id:norikun2016:20170228162755j:plain

食後のデザートを。

f:id:norikun2016:20170228202614j:plain

 小腹の空いたときにデザートや軽食をいつでも頼むことができます。
と言うことでせっかくだからと一風堂のみそラーメンを頼みました。
アジア方面だととんこつラーメンになります。美味!

f:id:norikun2016:20170228163229j:plain

そして朝食。

f:id:norikun2016:20170228163243j:plain

 

アラスカの流氷を見る

今回、運良くアラスカの流氷を見ることができました。
CAさんもこんなにきれいな流氷は見たことがない、と言っていた最高の流氷でした。
右列の窓際を選択して良かったです。流氷が見え始めると機内はざわつき始め皆さん撮影大会が始まりました。

f:id:norikun2016:20170228162809j:plain

f:id:norikun2016:20170228203023j:plain

f:id:norikun2016:20170301061723j:plain

f:id:norikun2016:20170228162823j:plain

f:id:norikun2016:20170228162842j:plain

普段は飲まないブランデーを頼み流水を眺めながらちびちびと。
30分くらいは流氷を見れましたね。最高でした。

f:id:norikun2016:20170228202915j:plain

 

 

まとめ

北米自体久しぶりだったので感慨深かったです。
行って良かったバンクーバー、また行きたい北米へ!そんな旅になりました。

さて、今回は旅作で格安にて利用することができました。
ただ北米はセール以外は高く旅作を利用しても20万以上することが多いです。

そんな時はマイルを使う、これが一番です。
ANA特典航空券はゾーンによって必要マイル数が異なります。バンクーバー(ニューヨーク、ロサンゼルスも同じ)だとZone6になり、必要マイル数は以下の通りになります。ビジネスクラスの往復だとレギュラーシーズンで85,000マイル、ローシーズンで75,000マイルになります。

f:id:norikun2016:20170301062021j:plain

 

1人ならまだしも2人以上になると必要マイル数は巨大になってきます。
クレジットカードのポイントでこつこつ貯めても中々貯まりません。と言うことで陸マイラーがお勧めです。私自身、マイルを貯め始める前は考えもつかなかったですがやり始めるとマイル集めは意外と簡単、そして貯まったいくマイルを見ると超楽しい、そんなマイラー活動をしています。こちらにまとめています、参考まで。


 

関連記事