2019年最新のANAマイルの貯め方、使い方まとめ。

消費税が10%になっても料金が変わらないホテルがある。って知ってました?

10月1日から消費税が10%になりますが、税込料金が変わらないホテルがあります。

それは、東横インです。

東横インの料金は税込表示になっていますが、10月以降も料金を変えない旨を発表しています。利用者にとっては嬉しい限り。

知名度抜群の東横イン。

一体、どんなホテルなのでしょうか?

東横インって?朝食無料。季節需要料金が変動しないホテル。

東横インは日本、韓国、カンボジア、フィリンピン、モンゴル、ドイツ、フランスに展開するホテルチェーンです。1986年設立。

 

東横インのイメージは?

 

私も昔からよく利用するホテルチェーンの一つなのですが、『安い』、『朝食無料』が先ず思い浮かびます。

 

以下のことをプライスポリシーに掲げています。とにかく安いです。

  • 日々の価格変動がないので安心
  • 会員は月~土までは5%引き、日・祝日は20%引き
  • 公式ページが最安値

 

私は観光地で利用することが多いのですが、土日でも大きく変わらない東横インはかなり重宝しています。

料金が変わらないゆえ、人気があり、観光地だと空いていないことが多いのが難点。

スポンサーリンク

QRコード、バーコード決済OK

東横インはQRコード、バーコード決済が可能な代表的なホテルです。

  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • LINEペイ
  • d払い

 

各種キャンペーンで獲得したマネーをホテルの支払いに充当することができます。〇〇%キャッシュバック!何てキャンペーンが盛んなQRコード決済で恩恵を受けることが可能です。

個人的にかなり嬉しいサービスです。

2019年10月1日以降の料金

東横インの料金は税込み価格です。

2019年10月1日から消費税が10%になりますが、公式ホームページにおいて、増税後も税込み価格は変えない旨の発表をしています。

 

税込価格と言うのが重要ですね。

税抜価格のホテルが多い中で分かりやすい価格を提示することをモットーにしています。

税金、サービス料を加えたら表示価格より2割高くなっていた、と言うホテルは多いですよね。そんな中でシンプルな料金は利用者にとって嬉しい価格です。

増税後も料金を変えない東横イン。応援したくなりますね。

スポンサーリンク

石垣島の東横インに泊まってみた

石垣島の東横インは何度か泊まったことがあります。

土曜日で6千円ほど。週末料金が高くなる周辺のホテルに比べて、低料金は目立っていました。

ただし、観光地でこの値段は安すぎなので空きがないことも多いです。

何度もチェックしていたら、直前でキャンセルが出て押さえることができました。

石垣空港からバスで終点まで行って歩いてホテルに向かいます。

 

歓楽街からもそこまで離れていないので便利です。

建物はだいぶ古くなっていますが、中は問題ありません。とにかく安く済ませたい!場合に第一候補に挙がるホテルです。

 

部屋はこんな感じ。広くはありませんが、ベッドの硬さもちょうどよく、デスクあり。

部屋のデザインはコスト削減のため統一されています。どこに行っても同じ部屋。東横インに帰って来た感があります。

 

朝食はプランに関係なく提供。朝食メニューは大体同じですが、ホテルによっておかずを変えているところも多いです。

 

石垣島に到着、そのままホテルへ。夜は食事をしにいって帰って寝るだけ。

コスパ抜群です(笑)空いていないことも多いですが、石垣島と言えば東横インになりつつあります。

まとめ

2019年10月から消費税が10%へ。

そんな中、料金を変えない(増税分を反映させない)東横イン。

料金を変えないこともそうですが、シンプルな料金体系が好きですね。分かりやすい。そして、安い。

スマホQRコード決済が可能な点も最強。

那覇中心部に宿泊するときも候補に挙がるホテルです。安いので空いていないことも多いですが、何度もチェックしていたら、空きが出ることもあります。

那覇空港到着時のめんそーれ
【沖縄】那覇市内のホテルを勝手に厳選!安さとアクセスでおすすめは?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください