ソラチカルート改悪、今後のマイルへの交換先について

ソラチカルートが改悪へ。

ポイントサイトで貯めたポイントをドットマネー、PEXと言った中継地点を通してメトロポイントへ。メトロポイントから0.9の割合でANAマイルに交換できる通称『ソラチカルート』はANAマイルを貯めるのに絶好のルートでした。

2018年1月9日、東京メトロから発表がありドットマネー、PEX等からのメトロポイントへのルートが終了することになりました。ハードランディングで正直驚きました。交換率を下げる等ではなくスパッと切ってきましたので。

気になるのは今後。

どのようにマイルを貯めていくのかまとめてみました。

ソラチカルートの終焉、今後について

2018年1月9日東京メトロからの発表

まさに運命の日。東京メトロから発表されました。メトロポイントへの交換が可能なドットマネー、Gポイント、PeX、ネットマイルからのメトロポイント交換が終了となります。

こちらはドットマネーの提携サービス終了案内。2018年3月31日をもって終了。2018年3月31日まではメトロポイントへの交換が可能です。

先ずやるべきこと

中継地点(ドットマネー、PeX、Gポイント、ネットマイル)からメトロポイントは終了となりますが、メトロポイントからANAマイルへの交換は継続します。*今のところ終了のアナウンスはありません。

従って、2018年3月31日まではメトロポイントへできるだけ移行しておくべきだと考えます。メトロポイントの有効期間は12か月。2018年3月31日に交換したメトロポイントは2019年3月31日まで有効。メトロポイントからANAマイルは月の上限が2万マイルなので24万ポイントまでプールできることになります。しかしながら、メトロポイントからANAマイルへのルートも塞がれる可能性も0ではないので注意してください。

メトロポイントからの交換は楽天スーパーポイントやnanacoに交換ができるのでANAマイルへの交換が塞がれても他のポイントに交換が可能なのでリスクとしては少ないです。とは言え、全力のプールはリスキーかなと思います。

私もドットマネーにあるポイントはメトロポイントに移行予定です。ドットマネーは現在8万ポイントあるので8万なら全て移行しても良いと考えています。

今後のポイントサイトとの付き合いかた

Tポイントルートを使う

Tポイントを経由してANAマイルへ。交換率は0.5になります。0.9のソラチカルートに比べると大分見劣りしてしまいますがソラチカルートが誕生する前に戻ったという感じでしょうか。ただし、交換率は0.5になるのでビジネスクラス以上の特典航空券にするには良いでしょう。あとは必要時への交換とか。Tポイントは貯め易く使いやすいポイントです。その他としては、ポイントが1.5倍になるウェルシアの20日にまとめて使うのが最も効果的な使い方だと言えます。

LINEポイント

LINEポイントは貯めて損はないポイントです。LINEポイントはLINEカードを持つことで貯められます。JCBのプリペードカードです。100円で2ポイント貰え中々優秀です。JCB加盟店で利用可能です。

LINEポイントは1ポイント1円で利用可能。

その他の主な交換先は以下の通り。


300LINEポイント→270メトロポイント
300LINEポイント→270nanacoポイント
550LINEポイント→amazonギフト券500円分

100円で2ポイント貯まり交換先も優秀。と言うことで持って損はないプリペイドカードです。詳細は以下から。

https://line.me/ja/pay

登録は簡単。住所を入力しパスワードを設定するだけです。

カードのデザインを選択。

住所等を入力します。

LINEポイントは300ポイントから移行が可能です。

ANAマイルへのルートは以下の通り。

1,000LINEポイント→900メトロポイント→810ANAマイル

交換率は81%になります。但し、このLINEポイントルートもいつ塞がれるか分かりません。従って、全力での移行はおすすめしません。

LINEポイントはポイントタウン、Gポイント、モッピーから移行が可能。ポイントタウン、Gポイントは移行手数料無料、モッピーは10%かかります。*Gポイントは5%かかりますが移行後1件以上利用すると手数料がバックされます。

以下はポイントタウン。交換手数料無料が嬉しいところ。

モッピーは以下。330ポイント(300LINEポイント)から交換可能。
モッピー330ポイント→300LINEポイント→270メトロポイント→243ANAマイルになります。交換率は73.6%になります。尚、複雑化しますがPeXルートを使えば交換率は76.8%になります。デメリットは複雑、移行期間が長くなること。

ポイントタウン、モッピー、Gポイント以外は以下。PeX経由でLINEポイントへ。

その後、メトロポイントを経由してANAマイルに交換します。各種ポイントサイトからANAマイルへの交換率は76.8%になります。GポイントからLINEポイントの5%は1度でも広告を利用するとバックされるので、広告を利用した場合は100%の交換率になります。楽天等のショッピングも広告対象なのでGポイントから移行した月はそうしたGポイントでそうしたショッピングサイトを使うのが良いでしょう。

LINEポイントからメトロへは90%。メトロからANAへは90%なので81%の交換率になります。ソラチカルートが90%なので81%でも悪くない数字です。

ANA nimocaカードを利用

2017年12月に誕生したnimocaカード。各ポイントサイトからPeXを経由することで等倍でnimocaポイントに移行が可能。

その後、0.7の割合でANAマイルに交換が可能です。

ハピタス→PeX→nimoca→ANAマイルで70%の交換率です。

Tポイントルートより大きく魅力ですがnimocaルートのデメリットは九州各地、函館に設置されている交換機を利用しないと交換できない点。

九州、函館に住んでいる場合はメリットは大きい。他の県から旅行ついでに行く、と言うのもどうかなとは思いますが(出張、その他用事があればベスト)今後の交換方法の一つになることは間違いないでしょう。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/cpn/nimoca1711/

JALマイルを貯める

モッピールートを使ってJALマイルを貯めるのも一つ。

ドリームキャンペーンで常時8割の交換率、最大で90.9%が実現します。

ANAマイルのソラチカルート開設後は貯めにくいJALと言われていましたが立場が逆転しそうです。とは言え、モッピールートもキャンペーン中。今回のソラチカルート閉鎖に伴い今後どうなっていくか要注目です。

モッピーは現在新規入会キャンペーン中。2018年1月16日から2018年2月28日まで。以下バナーから登録後2018年3月31日までに1回以上のポイント交換で1,000ポイント貰えます。1回の交換で1,000ポイントは太っ腹です。

登録がまだの方はこちらからどうぞ。

http://img.moppy.jp/pub/pc/friend/300x250-6.jpg

まとめ

2018年1月9日、ソラチカルートが改悪されました。今後は0.9倍の交換率はなくなり各種ポイントからその都度ベストなタイミングで各ルートを使ってANAマイルに交換することになりそうです。交換率0.9のボーナス期間が終了し通常期に戻った、そんな感じです。Tポイントルートが0.5とは言えビジネスクラス以上で利用すればまだまだお得だと考えるのでこれからも貯めていこうと思います。

先ず現状できることはドットマネー、PeX等からメトロポイントへの移行。2018年3月31日まで移行が可能です。その後、月2万ポイントを上限にANAマイルに交換する流れです。

ソラチカの代替えルートとしては、
LINEポイントルートが最高で81%、nimocaルートが70%になります。

あとは今まで以上にバイマイルが活発になるでしょうか。ブリティッシュエアウェイズやUAマイルとか。SPGポイント他の各種ホテルポイントも無料宿泊だけでなくマイルに移行することも多くなると思います。ANAマイル派はソラチカルート一本でしたが今後のルートは多岐になりそうです。何れのルートもいつ塞がれるか分からないのでリスク分散し移行する、そんな流れでしょうか。

当記事は情報が入り次第更新していきます。

3 Comments

鎌田 勝信

いつも楽しみに拝読しております。
ラインポイントルートなのですが、中継のVISAカードの審査に落ちてしまい困っています。他に、ポイントが目減りしないルートはあるのですか?

返信する
のりさん

コメントありがとうございます。モッピー→LINE→メトロ直接かnimocaでしょうか。3月末まではできるだけメトロに移行する、4月以降は各社がキャンペーンを始める可能性もあり現時点では流動的です。モッピーはJALにも代えられるため現時点では一番のおすすめです。

返信する

コメントを残す