モッピーのJALマイルキャンペーン延長へ

マイル修行は1月がおすすめ!航空券が一番安い時期。空きはまだあり。

ANA、JAL修行は1月がおすすめです。

1月は航空券が一番安い時期。

マイル修行は沖縄が王道ですが2月に入ると暖かくなり始め(と言っても1月も本土に比べると暖かいですが)、2月は野球のキャンプ、3月になると卒業旅行シーズン、4月は旅行シーズン、5月は大型連休、そして梅雨。梅雨が明ける6月中旬ごろからはシーズン。段々と航空券は高くなってきます。

1月の沖縄は海には入れませんが観光も良し。もちろん、修行らしく日帰りも良し。安い運賃は残っているようなのでぜひ検討してみてはいかがでしょう。

国内線でのANA、JAL修行。1月の那覇、石垣、宮古線がおすすめ。

スポンサーリンク

ANA沖縄線の場合

ANA運賃については2018年8月26日以降名称が変わりました。

新運賃はANA FLEX、ANA VALUE、ANA SUPER VALUE(ANA SUPER VALUE EARLYを含む)の3つ。

よく使う運賃(修行も含め)はANA VALUE、ANA SUPER VALUEになります。名前が変わりましたがこれら2つの運賃の性質は変わりません。新運賃の目玉は355日前から購入できる運賃(ANA SUPER VALUE EARLYを含む)が出たこと。この運賃は高いですが繁忙期なので押さえたい!と言う場合には適しています。

ANA国内線新運賃の発売!プレミアムメンバーは8月26日から。修行用の争奪戦がスタート!

沖縄、石垣、宮古。まだ安い運賃は残っているようです。

例えば1月19日(土)の羽田那覇の最安値が8,890円。これは安い。

羽田那覇のプレミアムポイントは1,476。PP単価は6と優秀。この最安値で往復は難しいですが全体的なPP単価を下げてくれる数字です。

大阪発だとこんな感じ。神戸発のソラシドエアは驚異的ですね!伊丹より神戸が近いという場合に便利ですしANA便以外で修行する面白さもあります。

神戸那覇のプレミアムポイントは1,108。PP単価は5.9と優秀。

つぎに羽田石垣線。6時15分発とかなり早いですが最安値は9,990円。

羽田石垣のプレミアムポイントは1,836。PP単価は5.4と優秀。週末で日帰り往復で最安値での往復は厳しそうですが折角の石垣、一泊するのも魅力。

那覇は2月以降も安値が続きますが石垣は2月に入ると高くなり宮古については石垣のような運賃はすでに売り切れ。石垣は1日2便、宮古は1日1便と言うことも関係しているのでしょう。ANAの場合は那覇、石垣を絡めるのが便利と言えそうです。

国内線以外については海外発券やプレミアムエコノミーを使うのが主流です。

ANA SFC修行まとめ。国際線のプレミアムポイント積算に注意が必要。

スポンサーリンク

JAL沖縄線の場合

JAL沖縄線も修行の王道。

羽田那覇が8,890円、羽田宮古が9,700円、羽田石垣が9,700円。

関空那覇が7,500円、関空石垣が9,500円等。

先得カレンダーで確認しましょう。

http://www.jal.co.jp/dom/sakitoku/index.html

75日前までに購入可能なウルトラ先得だと宮古線も空きがありますね。

ただ大分空きが少なくなってきます。土曜発はなく日曜発だったり。平日はまだ空きがあるので平日飛べる人は安くて魅力ある運賃です。

羽田宮古線は1日1便。羽田6時40分発、宮古10時着。宮古19時50分発、羽田22時15分着。

JAL club-aカード保有で1,086マイル、1,738FOP。9,990円だとFOP単価は5.7。最安値での往復だと2,172マイル、3,476FOP。

羽田石垣線だと以下。1日2便。最安値は9,990円。

こちらも空きが大分少なくなっています。平日での最安値往復は可能です。

JAL club-aカード保有で1,148マイル、1,836FOP。最安値の9,990円だとFOP単価は5.4!往復だと2,296マイル、3,672FOP。こちらも優秀。

関空発石垣も安い。最安値は9,930円。平日だと最安値日帰りも可。

最安値は9,930円。JAL club-aカード保有で909マイル、1,454FOP。9,930円なのでFOP単価は6。往復だと1,818マイル、2,908FOP。

スポンサーリンク

まとめ

マイル修行の王道である沖縄線の紹介でした。

1月は航空券が最も安い時期なのでマイル修行に適しています。石垣、宮古での運賃は10月中旬から発売されていて多くが売れていますがまだ空きがあります。平日に飛べる人は特におすすめです。那覇線はまだまだ安いので日帰りするも良し、せっかくなので一泊するも良し。予定に合わせてみてください。

地方からだと羽田や大阪に出てからの沖縄が良いでしょうか。羽田、大阪に出る便の時間帯によっても変わってきますが沖縄線は便数の多い羽田、大阪を絡めた方が効率が良いですね。三角飛びで有名な最長路線札幌那覇はANAにしかない便なのでANA修行の場合は札幌那覇を絡めるのも良し。札幌那覇はセール運賃で安くなることも多いのでチェックしてみてください。

折角の沖縄なので一泊したいところですが沖縄は日帰りでも十分楽しめます。

のりさん

3時間以上あれば国際通りに行ってそばを食べたりお土産を買ったり(2時間でも可能ですが結構タイト)、4時間以上あれば瀬長島に行ったり。時間がない中での観光も面白いです。

沖縄での日帰りの過ごし方はこちらにまとめています。

沖縄日帰りも楽しめる!一泊も最高!マイル修行僧のこんな過ごし方。

1月からの修行をおすすめするのは航空券が安いこともありますが早くステータスを獲得するとその分ステータスの恩恵を受けられることもあります。

例えば2019年3月に解脱をすると2020年3月までは事前サービス期間として特典を受けることができ、2020年4月から2021年3月までは本サービス期間となります。従って、早く解脱をした方が事前サービス期間が長くなり恩恵を長く受けられることになります。早めに修行を終える人が多いのはこのためです。

2019年の修行時期が近づいてきました。

ANAもJALも国内線は高くなりつつあるので海外が主流。海外だと海外発券を絡めたプレミアムエコノミーが王道です。海外発券だと変更可能でフレキシブル、そして安いのが魅力です。

JAL株主優待券のメリット・デメリット。購入価格は高騰中。影響は?

国内線だと沖縄で。ANAプレミアムクラスは高く中々取れませんが(アップグレードも期待できず)、安い運賃も取れるのでANA SUPER VALUEでの往復、JALはウルトラ先得での往復が良さそうです。これらは今までと変わりません。

一度取ると年会費を払い続ける限りステータス。

ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)はこちらを。

スーパーフライヤーズカード(SFC)を取って2年の感想。SFC修行、特典・メリットまとめ

JALグローバルクラブ(JGC)についてはこちらを参考にしてください。

JGC修行をして2年の感想。JALグローバルクラブ(JGC)の特典・メリットの全て

3 Comments

とまとん

こんにちは。
JGC修行に興味があるのですが、来年1〜2月に羽田〜那覇を往復する場合は、先得の普通席と特便21のクラスJとどちらが良いのでしょうか。
羽田〜那覇を10往復前後することになると思いますが、中々先の予定が分からず判断に迷っています。

返信する
のりさん

先得は安いのがメリットですが搭乗ボーナス(400FOP)が付かない。特便は高いですが400FOPが付き取消料等が安い。予定が分からないのであれば先得だと取消料が高いので特便でしょうか。年が明けて修行僧が集中するので取りづらくはなるかもしれませんが。また中々取れないですが羽田那覇のファーストクラスも魅力です。空き0でもチェックしていると空きが出ることも多いです。

返信する
とまとん

ありがとうございます。
特便のクラスJ、あわよくばファーストクラス狙いをメインにして、予定が固まっている日は先得にしたいと思います!

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください