モッピーのJALマイルキャンペーン延長へ

マリオットポイントを利用して無料宿泊!2018年中のボーナス期間がお得!

2018年8月、マリオットとSPGが完全統合。

ポイントプログラムやポイントで無料宿泊する際の基準となるホテルのカテゴリーが一つになりました。

新しい一つのプログラムとなったわけですが今後決めていくこと、調整することは多く反応を見ながら試行錯誤と言ったところでしょう。

さて、ホテルのカテゴリーは8つに分かれた訳ですが2018年12月31日まではカテゴリー8のホテルは7として扱われます。一種のボーナス期間ですね。ポイントを使って無料宿泊する場合はお得な期間です。

マリオットポイントの使い方。2018年中はカテゴリー8のボーナス期間あり無料宿泊がお得。

統合後のマリオットのカテゴリー

マリオット・SPG統合後のカテゴリーは以下の通り。

カテゴリー スタンダート8/1から オフピーク2019年から ピーク2019年から
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8(2019年発表) 85,000 70,000 100,000

統合後はカテゴリーは8までですが2019年1月からの設定になっています。2018年12月まではカテゴリー7のホテルとして扱われます。カテゴリー8のホテル(2018年はカテゴリー7の扱い)でポイントを使った無料宿泊で利用するのがお得になります。

のりさん

カテゴリー8はスタンダード期間だと85,000ポイント必要。2018年いっぱいは60,000ポイントに。25,000ポイントの差は大きいですね!

マリオットカテゴリーについては以下で。

マリオット・ボンヴォイの新カテゴリーは3月5日から実施へ。

スポンサーリンク

カテゴリー8のホテル

カテゴリー8で2018年中はボーナス期間となっているホテルは以下の通り。

日本だと5つのホテルが該当。ちなみにリッツカールトン東京、京都の統合前に必要なポイントは70,000ポイントだったので必要ポイント数は増えています。

ホテル名 カテゴリー 今回
セントレジデンス大阪 8 85,000
翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル 8 85,000
ザプリンスギャラリー東京紀尾井町 8 85,000
ザ・リッツカールトン東京 8 85,000
ザ・リッツカールトン京都 8 85,000

カテゴリー8のホテルですが海外だと少ないです。

ニューヨークだと以下。

11 ハワードニューヨーク,Design Hotels、セントレジス、チャトワル ラグジュアリーコレクションホテル

その他、パリ、モルディブ、バリ等にカテゴリー8のホテルが設定されています。尚、カテゴリーについては毎年される予定です。

マリオット・ポイントの価値

マリオットポイントの価値をみてみましょう。

ここで注意すべき点は以下。

注意
旧SPGスターポイントの1ポイントは統合後は3ポイントに

旧SPGスターポイントの価値は変わらないのですがマリオットポイントと合わせポイント数が増えている形なので注意してください。

さて、統合前SPGスターポイントは購入キャンペーンがありポイントをお得に購入することができました。ポイントの購入単価は1スターポイントは2.6円ほどだったので、20,000スターポイント(現60,000ポイント)とすると52,000円です。

のりさん

ポイント利用の目安としては60,000ポイントで52,000円なので1ポイントが0.87円となり、それ以上で利用するとお得感が出る形でしょうか。

もちろん、平日や週末によって金額は変わってくるので目安と言うことで。

マイルに交換する場合は3:1。30,000ポイントが10,000マイルに。60,000マイルごとに5,000マイル分のボーナスがあるので実質25,000マイル(1.25倍)に交換が可能です。

スポンサーリンク

2018年にカテゴリー8で利用する場合のお得度

カテゴリー8のホテルの無料宿泊(スタンダード期間)に必要な85,000ポイント。2018年中は60,000ポイントとなっています。無料宿泊は2名までOK、前日までキャンセル可なので使いやすいです。

11月のリッツカールトン京都だとこんな感じ。シーズンの京都なので平日でも高いです。1ポイント2円なのでやはりポイント宿泊がお得でしょう。

続いて同じく京都の翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル。1ポイント1.3円ほど。11月の京都はベストシーズン。ポイント利用での空室はほぼ無くなっています。12月は土日も空きがあるようです。

リッツカールトン東京だとこんな感じで。曜日によって変動します。1ポイント1.5円くらいで利用できる日もありお得感が増しますね。

とこんな感じでお得感があるカテゴリー8。2019年1月以降は一気に25,000ポイント増えるので利用し辛くなります。

2018年10月初旬に利用してきました

10月初旬の京都翠嵐でポイント宿泊してきました。本当は11月に利用したかったのですが空きがなく断念。ちょうど10月初旬の週末に空きがあったのでこの機会に無料宿泊しました。

渡月橋。10月なので紅葉はまだまだでしたが部分的に紅葉が始まっている場所もあり、紅葉の京都を少しですが楽しめました。

昨年訪れた時は手漕ぎボートもあったのですが台風の影響で営業はしていなかったです。漕いでもらって風景を楽しむ、そんな感じでした。

ホテルの前。常に門番のスタッフが居るので最初に門をくぐる際は緊張感がありますね。その後は顔を覚えてもらえるのでスルーパス。「いってらっしゃいませ」と言われるのが少々気恥しい。

ホテル内は少し紅葉がかっていましたね。

1階の部屋の前。

プラチナチャレンジでプラチナ会員になったので1ランク上の温泉付きの部屋にアップグレードしていただきました。これは嬉しい。アップグレードはあまり期待していなかったのですが(期待してダメだと反動が大きいので)、サプライズ的で飛び上がるほどでした(笑)

温泉に浸かっているとちょっと冷たい風が心地よい。

計4回入りました。

宿泊者には17時から19時まで無料のシャンパンディライトのサービスがあります。無料でシャンパン飲み放題。おつまみ付き。

プラチナ会員は朝食無料でした。

前菜とジュースの他に和食か洋食を選択します。

洋食を選択しました。前菜とジュースもジュースも丁寧に作られていて最高でした。ジュースはオレンジ、キャロット、トマトなのですが素材そのもの味と言う表現がぴったりでした。

ホテル駅間の人力車送迎サービスもあります。京都ならでは!

朝食、部屋のアップグレード、シャンパンディライト、朝食無料。そしてポイント利用のボーナスタイム。超満足の滞在でした。

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル。

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル【宿泊記】

まとめ

マリオットポイントの使い道について書いてきました。ポイントは無料宿泊、マイルに交換がありますがどちらが良いかは人それぞれ。予定やポイント数等によって変わってきます。

マイルへの交換は3:1の割合。例えば3万ポイントだと10,000マイルになりす。尚、60,000ポイント移行ごとにボーナスがりボーナスを入れると25,000マイルになります。

主な移行先は以下の通り。

アライアンス 航空会社
スターアライアンス ANA、シンガポール航空、ユナイテッド航空、タイ航空
ワンワールド JAL、ブリティッシュエアウェイズ、キャセイパシフィック航空
スカイチーム デルタ航空

ANA、JALに移行できる点は良し、JAL国内線で区間距離が650マイル以内だと4,500マイルで発券できるブリティッシュエアウェイズも魅力。

のりさん

マイルへの交換は60,000ポイントごとがお得ですね!

さて、60,000ポイントが25,000マイルになり、2018年中はカテゴリー8のホテルは60,000ポイントで宿泊できることになります。

25,000マイルかカテゴリー8に一泊か。単純な比較はできませんが比較検討するのも楽しい時間だと思います。楽しいと言うか悩みますね(笑)

統合後のSPGアメックスについてはこちらに。ゴールドとしての価値が低くなったことは残念ですが2年目に無料宿泊特典がありどう使えるかがカード取得(継続)の目安になる感じでしょうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください