JALマイルはモッピーで。登録で1,000ポイント。

4月1日からサーチャージが3段階の下落。影響を考えてみる。

那覇空港のJAL機

4月1日になりサーチャージが大幅下落しました。

2018年に入り相当上がってきたサーチャージですが、原油価格が下がったことにより運賃に課せられるサーチャージも下落へ。利用者にとっては嬉しいかぎり。

特典航空券を発券する際もこれだけ必要なの?と思うくらいの総額でした。4月1日からはだいぶ利用しやすくなりましたね。

サーチャージって?4月1日から5月31日までは最大2万円以上の値下げへ。

運賃総額は運賃+諸税(空港税等)+燃料税からなります。

そのうち、燃料税は原油の相場をもとに算出されます。航空会社によって徴収するしないは変わってきます。JALとANAは基本同じ額を定めています。

一定の額まで下がれば徴収しないこともあります。ツアー等は燃料込みの値段があるのでチェックするようにしてください。

サーチャージは年6回改訂され、2ヵ月間維持することになります。

2月に発表された最新のサーチャージは2019年4月から5月まで。

以下は片道に必要なサーチャージになります。

欧州、北米、オセアニアだと往復21,000円違ってきます。これは大きい。

日本発 3月31日まで 4月1日以降
欧州、北米、オセアニア 17,500 7,000 -10,500
ハワイ、インド、インドネシア、スリランカ 11,000 4,000 -7,000
タイ、シンガポール、マレーシア 8,500 3,000 -5,500
ベトナム、パラオ、グアム、フィリピン 5,000 2,000 -3,000
韓国をの除く東アジア 4,500 1,500 -3,000
韓国、極東ロシア 1,500 300 -1,200

 

次に具体的な路線を確認してみました。運賃部分は最安値で算出しています。

東京発香港台湾は往復6,000円下落へ。

気軽に行ける香港台湾をみてみましょう。エコノミー(50%積算)で3月31日までだと以下の通り。

東京発 運賃(50%) 燃料・諸税 FOP
香港 44,000 16,280 60,280 3,534
台北 36,000 15,000 51,000 2,796

 

4月1日以降は以下の通り。身近な香港、台北。大分行きやすくなりましたね。JALステータスを持つとキャセイラウンジが楽しめる香港は特に嬉しい。

東京発 運賃(50%) 燃料・諸税 FOP
香港 44,000 11,270 55,270 3,534
台北 36,000 9,000 45,000 2,796

 

台湾・香港(東アジア)サーチャージまとめ。

MEMO
4月1日から5月31日まで往復6,000円安くなる。

スポンサーリンク

東南アジア(タイ、バンコク、マレーシア)は往復11,000円下落へ

JAL修行で多用されている東南アジア線をみてみましょう。

3月31日までのエコノミー(50%積算運賃)は以下の通り。

東京発 運賃(50%) 燃料・諸税 FOP
クアラルンプール 56,000 23,220 79,220 5,808
バンコク 42,000 23,980 65,980 5,104
シンガポール 47,000 25,230 72,230 5,768

 

4月1日以降は以下。前後に国内線を付けるエコノミー運賃もFOP的にはかなり改善する形になります。東南アジアでエコノミーを使っての修行も良さそう。

東京発 運賃(50%) 燃料・諸税 FOP
クアラルンプール 56,000 12,220 68,220 5,808
バンコク 42,000 12,980 54,980 5,104
シンガポール 47,000 14,230 72,230 5,768

 

3月31日までのプレミアムエコノミーは以下の通り。

東京発 運賃 燃料・諸税 FOP
クアラルンプール 108,000 23,220 131,220 10,814
バンコク 112,000 23,980 135,980 9,408
シンガポール 99,000 25,230 124,230 10,736

 

4月1日以降は以下の通り。

東京発 運賃 燃料・諸税 FOP
クアラルンプール 108,000 12,220 120,220 10,814
バンコク 112,000 12,980 124,980 9,408
シンガポール 99,000 14,230 113,230 10,736

 

東南アジアサーチャージまとめ。

MEMO
4月1日から5月31日まで往復11,000円安くなる。

 

路線倍率が1.5倍になりアップグレードも可能なプレミアムエコノミーを使った東南アジアでの修行が王道になります。

通年で特別運賃が設定されているので利用しやすいですね。

JALプレミアムエコノミー
JALプレミアムエコノミーの運賃が改定。メリット、FOP単価まとめ。

欧米、オセアニアは往復21,000円下がる

欧米、オセアニアの主な都市をみてみましょう。

プレミアムエコノミーの運賃です。3月31日までは以下の通り。

東京発 運賃 燃料・諸税 FOP
シドニー 120,000 48,890 168,890 15,390
ロンドン 170,000 70,900 240,900 11,716
ロサンゼルス 248,000 47,030 295,030 10,736

 

4月1日以降は以下の通り。サーチャージが最も影響がある長距離線。景色が変わって見えますね。ロンドンは空港税が高くこれはどうしようもありません。

東京発 運賃 燃料・諸税 FOP
シドニー 120,000 27,890 147,890 15,390
ロンドン 170,000 49,900 219,900 11,716
ロサンゼルス 248,000 25,310 273,310 10,736

 

欧米、オセアニアサーチャージまとめ。

MEMO
4月1日から5月31日まで往復21,000円安くなる。

 

往復21,000円下がるので欧米、オセアニアも修行用として使えそう。

特にシドニーは3日滞在する必要の運賃ですがプレミアムエコノミーで12万円の運賃が設定されています。

MEMO
総額147,890円で15,390FOP。FOP単価9.6。

 

メルボルン線も就航したオセアニアは熱いです。日程に余裕がある場合に検討してみてください。個人的にもっとも興味がある地域です。

JALシドニー線プレミアムエコノミーが12万円!マイル修行に使えるか。

スポンサーリンク

海外発券の場合

旅程の開始が日本発以外だとサーチャージ額が変わってきます。

クアラルンプール発のプレミアムエコノミーで確認します。

3月31日までの運賃は以下。1リンギッドは約27円。

東京発 運賃 燃料・諸税 FOP
クアラルンプール 2,490 685 3,175 10,814

 

4月1日以降は以下の通り。

東京発 運賃 燃料・諸税 FOP
クアラルンプール 2,490 537 3,027 10,814

 

海外発券(クアラルンプール発の場合)まとめ。

MEMO
4月1日から5月31日まで往復148リンギッド(約4,000円)安くなる。

 

東南アジアでの修行は海外発券が主流となっています。尚、ビジネスクラスについては最安運賃は70%積算になっているので注意してください。

JAL海外発券のメリット・デメリット・注意点まとめ。こんな場合に便利

 

旅程開始が日本以外の場合は東アジア(韓国除く)が片道13ドル、東南アジアが片道18ドル、北米・オセアニアが片道43ドル安くなっています。

まとめ

4月1日になりサーチャージが3段階下がり最大で往復21,000円安くなります。特典航空券を使う場合も、JAL修行で有償で発券する場合もチャンスです。

というのも6月以降は再度の値上げの可能性があります。従い、予定がある場合は早めに検討するようにしてください。

 

JAL修行だとやはりクアラルンプールでしょう。ホテルも安く修行のついでにのんびりホテルステイを楽しむのも最高です。

初めてのクアラルンプールを1日で楽しむ。おすすめ観光スポットを紹介!

 

サーチャージ値下がりで国際線で修行がしやすくなりました。と言うか今までが高すぎましたね。

50,000FOPでサファイアになりJGCに入会できます。JGCはどんな特典があるの?こちらに詳しくまとめています。

羽田空港のJGCカウンター
JGC修行をして3年の感想。JALグローバルクラブの特典・メリットまとめ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください