モッピーのJALマイルキャンペーン延長へ

本当にプラス1,000円で利用できるのか?JALクラスJ運賃のからくり。

JALのクラスJは利用したことがありますか?

本皮シートで足元は広くゆとりあり相当快適。マイルは10%増。

普通席にプラス1,000円で利用できる!長らくクラスJのキャッチフレーズでした。

私自身もクラスJがあるので国内線はANAよりJALの方を利用したくなるのですが、最近はクラスJで搭乗する機会が減ってきました。

普通席にプラス1,000円で利用できる運賃が減ったのが理由です。

JAL国内線クラスJって?メリット、普通席との違いは?

JAL国内線は3クラスあります。

  • 普通席
  • クラスJ
  • ファーストクラス

 

中間のクラスJを設定することでより多くの人に利用できる形となっています。クラスJは1,000円、ファーストクラスは8,000円で当日空席があればアップグレード可能です。

ちなみにANAは普通席とプレミアムクラスの2クラスなのでANAとの大きな違いになります。

クラスJの特徴は以下の通り。

  • フライトマイルの10%加算
  • 高級感ある本革シート
  • 広いシートピッチ(97センチ)
  • レッグレスト、ヘッドレストあり

 

クラスJはこんなシート。前回乗ったのはかなり久しぶりだったと思います。

 

マイルも10%加算されるしシートはかなり快適。アップグレードは一律プラス1,000円なので長距離ほど利用価値が高まります。

JALのクラスJは国内線最強か?メリット、普通席との違いを解説

クラスJの料金は?利用できる運賃

空港のカウンターで空席がある場合に利用者を募集しています。

普通席にプラス1,000円ですよね。普通席からのアップグレード。ファーストクラスは8,000円です。

 

クラスJの質問をみると1,000円と記載あり。

 

プラス1,000円かぁ。1,000円だったらマイルも10%増えるしクラスJだよなぁ。暫くそんな状態が続いていたのですが、2018年1月に大きく変更しました。

スポンサーリンク

2018年1月以降の変更点

すべての先得運賃でクラスJを利用できていたのが、2018年1月以降、先得運賃での対象は先得割引タイプAのみになりました。

クラスJを利用できる主な運賃は以下の通り。

  • 普通運賃
  • 株主優待運賃
  • JALビジネスきっぷ
  • 特便割引1,3,7,21
  • 先得割引タイプA

 

普通運賃、株主割引、直前で利用できる特便割引。高い運賃はそのままですが、前もって利用できる先得運賃でのクラスJ利用は大幅に削られています。

羽田札幌のクラスJ運賃

先ずは直前の運賃から見ていきましょう。

今から約10日後の羽田札幌。特便割引の普通席が28,860円、クラスJが29,860円。普通席とクラスJの差は1,000円ですね。ただし、直前なのでかなり高いです。

 

そして2か月後の運賃。JAL593の先得の普通席が7,460円、クラスJが10,760円で差が3,300円、JAL501の先得の普通席が9,760円、クラスJが11,660円で差は1,900円

 

安さが売りの早割運賃。

 

しかし、普通席とクラスJの差は1,000円以上の差。

 

この差だと普通席にしようとなりますよね。

 

さて、現在10月26日までの先得運賃が発売になっています。

10月5日土曜を見てみましょう。夏が過ぎ秋の札幌は朝晩は冷え寒くなっていますが、まだまだ観光シーズン。

クラスJは既に売り切れも多く、普通席との差はJAL503でなんと7,800円!これはクラスJを購入しようとは思いませんね。

 

なんでこんなに高いの?先得運賃タイプAを見てみましょう。

スポンサーリンク

先得運賃タイプAって?

先得運賃は以下の4つ。

  • 75日前までに購入可能なウルトラ先得
  • 55日前までに購入可能なスーパー先得
  • 45日前までに購入可能な先得割引タイプB
  • 28日前までに購入可能な先得割引タイプA

 

先得割引タイプAは28日前までに購入が可能な運賃です。

先得運賃タイプAとBの運賃は以下の特徴があります。

MEMO
運賃は変動制。座席予測に応じて運賃が変わる。

 

変動制なので既述の羽田札幌で言えば普通席とクラスJの差が7,800円になっていたんですね。

加えて、座席数は制限があります。半年以上もあとなのに空席がないのはそのためです。クラスJ自体に空きがないわけではありません。

 

先得運賃タイプAに変更による影響。

  • クラスJはすべての先得運賃では利用できず現在はタイプAのみ。
  • タイプAは高く前もって予約できなくなった。
  • タイプAは搭乗の28日前まで購入可能。逆に言えば、特便と比較し28日前までがお得。ただし、座席数は限られる。
  • 1,000円で利用するのはアップグレードが多くなった。

 

直前の特便割引は高いので28日前までで購入するのがおすすめ。ただし、座席数は限られているので購入できない場合も多いです。

搭乗28日以内の4月17日だとプラス1,000円で予約可能。特便割引との差も大きく、先得運賃がお得ですよね。28日前までが狙い目です。

 

狙い目とは言え座席数に制限があるので上記はレアなケース。先得Aで購入できればラッキーくらいが良いでしょうね。

 

先得と特便の違い、その他注意点は以下にまとめています。購入期限、取消規定が変更になっているので注意が必要です。

JAL先得運賃の発売
JAL先得運賃のメリットまとめ。特便割引との違いは? 3月31日分から購入・取消規定が変更へ。

まとめ

JALのクラスJはかなり快適なのですが利用する機会が減ってきました。先得Aしか購入できないのは実質的な値上げですし、直前は高い。

従い、クラスJはプラス1,000円の当日アップグレードで利用するようにしています。とは言え、週末だとアップグレードは難しくなります。

JALアップグレードの空席待ちを羽田空港で体験しての感想。羽田那覇線は凄かった。

 

JAL公式を見ると以前はプラス1,000円!を強調していましたが、改めてみるとプラス1,000円の文字は少なくなってますね。

こんな感じで見えにくい部分ですが、利用者にとって影響のある変更がされています。

プレミアムエコノミー減少やLCC参入もそうですね。上位クラスを減らしエコノミーを増やす。限られた機材で供給をいかに増やすかに重点を置いています。

JAL搭乗口
JALプレミアムエコノミーが減少へ。仕様変更でエコノミー席が増える。影響は?

 

さて、JALはエアバスの新機種を投入します。エアバスはJALにとって初めて。羽田福岡線で9月の予定です。個人的にJAL国内線の一番の関心事です。今から搭乗するのが楽しみです。

JALのA350
JALのエアバスA350がついに明らかに!9月から羽田福岡線で就航へ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください