モッピーのJALマイルキャンペーン延長へ

ANAアメックスのキャンペーンが熱い!ゴールドカードだと最大88,000マイル獲得可能!

ANAアメックスゴールド

ANAアメックスが激熱です。

ANAカードとアメックスが提携したANAアメックスは双方の特典を兼ね備えています。

ANAアメックスカードとANAアメックス・ゴールドカードの2種類あります。

ポイント&マイルが貯まり、1,000ポイントを1,000ANAマイルに移行可能。

ANAアメックスの何が激熱?

キャンペーンです。

アメックスとANAカードそれぞれでキャンペーン中。ANAアメックスゴールドカードだと最大88,000マイル獲得可能です。

年会費を考えてもかなりお得です。アメックスの特典も多く飛行機搭乗が多い場合はメリットが大きいカードです。

ANAアメックス、ANAアメックスゴールドの詳細

ANAカードとアメックスが提携したANAアメックス。ANAカードとアメックス両方のメリットを享受できるカードです。

ANAアメックス、ANAアメックス・ゴールドともに通常の還元率は1%です。

100円で1ポイント(1ANAマイル)

年会費は以下の通り。

  • ANAアメックスは7,560円、家族カードは2,700円。
  • ANAアメックスゴールドカードは33,480円、家族カードは16,740円。

 

ANAアメックスは空港ラウンジが無料で利用可能、その他トラベルサービスあり。通常ゴールドカードに付帯される特典を普通カードで受けることができます。この辺はアメックスならではです。

ANAアメックス、アメックスゴールドカードはこんな人におすすめ。

MEMO
飛行機を利用する機会が多い、ANAマイルを貯めたい人。

 

アメックスポイントの貯め方

ANAアメックス、ANAアメックス・ゴールドともに通常の還元率は1%です。

ただし、以下の場合において還元率が上がります。

ANAグループ(航空券、旅行商品)で商品を購入すると以下になります。

  • ANAアメックスは1.5%
  • ANAアメックス・ゴールドカードは2%

 

さらにANA便搭乗時のボーナスがあります。

  • ANAアメックスは10%
  • ANAアメックスゴールドカードは20%

 

通常のフライトマイルに割増しされ加算されます。

例えば、羽田福岡のスーパーバリュー運賃だと以下。

  • ANAマイレージカード:425マイル
  • ANAアメックス:467マイル
  • ANAアメックスゴールド:531マイル

 

東京シンガポールで50%積算運賃だと以下。

  • ANAマイレージカード:1,656マイル
  • ANAアメックス:1,821マイル
  • ANAアメックスゴールド:2,070マイル

 

ANA便で飛べば飛ぶほど、長距離ほどマイルを稼ぐことができます。

通常の決済は1%はゴールドカードでの平均還元率ですが、ANAグループをよく利用する人はメリットが大きいクレジットカードです。

入会時、毎年の継続マイルは以下の通り。

  • ANAアメックスは1,000マイル
  • ANAアメックスゴールドカードは2,000マイル

 

以下の様に貯まっていきます。

ANAアメックス・ゴールドカードは安くはない年会費ですが、ANAグループ利用時のボーナス、トラベルサービス等のアメックス特典の充実、入会キャンペーンを考えてもお得度が増すカードです。

ANAショップでの優遇

空港内店舗、機内販売、オンラインショッピングサイトの割引があります。

空港ショップの『ANA FESTA』、機内販売の『ANA SKY SHOP』、オンラインショップの『A-style』が対象。

 

全国34の空港にあるANA FESTA。空港でお土産を買うのに最適のショップです。

ANAカードを提示するだけで10%割引になります。(2019年4月1日からは5%へ。その代わりマイル積算が開始されます。)

 

こんな感じでマイルが貯まっていきます。

アメックスポイントの使い道

ANAアメックスのポイント

ANAアメックスポイントの有効期限は最大3年。

ANAアメックスはポイント移行コース(年6,480円)に登録すると無期限になり、各種ポイントへの移行が優遇されます。

ポイント移行コースって?

  • 年会費は6,480円。2年目以降は自動更新。
  • ANAマイルに1,000ポイントを1,000マイルから移行できるようになる。
  • 未登録時は1ポイント0.3円が、各サービスをポイントで支払う場合の利率がアップ。
  • 航空会社だと1ポイント1円。
  • ホテル・旅行代理店だと1ポイント0.8円。
  • 旅行関連以外は0.5円。

 

移行コースのメリットはポイントの有効期限が無期限になる点、ANAマイルに移行できる点が大きいです。

1,000ポイントを1,000マイル。

のりさん

ANAマイルに移行する場合は年間6,480円必要なので少ないマイルを交換する場合はもったいないですね。交換する際は一気に交換したいです。

 

その点、ANAアメックス・ゴールドカードなら移行手数料は無料です。

尚、ANAマイルの有効期限は36ヶ月ですが、ポイントを保有しておくことで実質ANAマイルの有効期限を延長させることができます。

ANAアメックスの場合、ANAマイルへ移行する場合『ポイント移行コース』に登録する必要があるのでベストなタイミングで移行したいですね。

交換したあとはポイント移行コースを解約するのもあり。ポイントを貯め、その後、移行した場合に再度登録、そんな形です。

ANAアメックス・ゴールドカードのポイント

ANAアメックス・ゴールドカードのポイントの有効期限は無期限です。

加えて、ポイント移行コースに登録しなくてもANAマイルに移行することが可能です。

のりさん

費用かからずANAマイルに移行できる点は良いですね!年間のポイント移行制限がないので、好きなだけポイント移行できる点は便利です。

 

ANAマイルの有効期限は36ヶ月なので、貯めたポイントを急いで移行する必要はありません。ポイントの有効期限はないので、実質無期限でANAマイルを貯めることができます。

 

こんな人におすすめ。

MEMO
無期限でポイントを貯めたい。好きな時にANAマイルを移行したい。

スポンサーリンク

ANAアメックスのポイントはANAマイル移行が一番のおすすめ

ANAマイル以外の利用先として航空会社やホテル代の充当がありますが、利率が低くなるので1,000ポイントが1,000マイルになるANAマイルが1番です。

1ポイント1マイル。国際線でビジネスクラスやファーストクラスにすると1マイルが5,6円(それ以上)になるので、ANAマイルへの交換が一番。

貯めたポイントでファーストクラスの特典航空券も取れますよ。タイ航空のファーストクラス₊ビジネスクラスで88,500マイルでした。国内線だと片道5,000マイルから交換可能です。

ファーストクラスのドンぺリ
ファーストクラス搭乗記。ANAマイルでタイ航空を発券。2階建てボーイング747でバンコクへ。

アメックス トラベルサービスの特典

アメックスでの各種トラベルサービスの特典があります。ANAアメックスはマイルが貯まるクレジットカードだけでなく、飛行機搭乗が多い場合にメリットが大きくなります。

空港ラウンジ

ANAアメックスとANAアメックスゴールドカード共通の特典です。同伴者1名もOK。

全国28の空港、ハワイ・イノウエ空港、仁川空港にある空港ラウンジが利用可能です。

新千歳空港、函館空港、青森空港、秋田空港、仙台空港、成田空港、羽田空港、静岡、セントレア、新潟空港、小松空港、富山空港、伊丹空港、関西空港、神戸空港、岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、徳島空港、高松空港、松山空港、新北九州空港、福岡空港、大分空港、長崎空港、熊本空港、鹿児島空港、那覇空港

 

岡山空港のラウンジ。広くて空いているのでゆっくりできるラウンジです。ソフトドリンク無料です。

通常有料のラウンジが無料で利用できます。ソフトドンリンクあり。

ANAアメックス、ANAアメックスゴールドカードともに同伴者1名も無料です。夫婦で友達と旅行に出かける際は利用してみてください。

空港ラウンジ利用の特典は大きいです。

時間があまった時、家族や友人とゆっくり話をしたいときに便利。飛行機に乗る機会が多いほど恩恵があります。

広島空港ラウンジ
おすすめの空港ラウンジを勝手に厳選!対象のクレジットカードで無料で利用可!

手荷物無料宅配サービス

海外からの帰国時にカード1枚に対し手荷物1個無料で郵送してくれます。帰りはお土産等でどうしても荷物が増えてしまいます。かなり便利ですよ。

対象の空港は3空港。

成田空港、中部国際空港、関西国際空港

国内外の傷害保険

ANAアメックスは利用付帯、ANAアメックス・ゴールドカードは自動付帯₊利用付帯です。

利用付帯とはカードで支払った場合のみ適用になる保険。自動付帯はカードで支払っていない場合でも適用になる保険です。

ANAアメックスカードの場合は以下。

海外で傷害死亡、後遺障害保険金が最高3,000万円で利用付帯(会員の家族には1,000万円)。

ANAアメックスゴールドカードの場合は以下。

海外で傷害死亡、後遺障害保険金が最高1億円で利用付帯(会員の家族には1,000万円)、自動付帯でも傷害死亡、後遺障害保険金が最高5,000万円(会員の家族には1,000万円)補償されます。国内は利用付帯で傷害死亡、後遺障害保険金が最高5,000万円。

キャンセルプロテクション

急な用事やケガ、入院等によりカードで支払ったコンサートや旅行に行けなくなった場合にキャンセル費用等が最高10万円まで補償されます。

ショッピングプロテクション

国内外を問わずカードで支払った商品が破損、盗難にあった場合に購入より90日以内であれば年200万円(ゴールドは500万円)を上限に補償されます。

スポンサーリンク

オンラインプロテクション

インターネット上で不正利用と判明宇された分については原則支払う必要がありません。

ANAアメックスとANAカードのキャンペーン

アメックスでのキャンペーン、ANAカードでのキャンペーンがあります。

ANAアメックスのキャンペーン

ANAアメックスのキャンペーンは以下の通り。最大で40,000マイル獲得可能。

詳細は以下の通り。

  • 入会で1,000マイル
  • 入会後の1か月でカードを3回利用し1,000マイル
  • 入会後の3か月でカード利用が15万の場合に3,000マイル
  • 入会後の3か月でカード利用が60万の場合に29,000マイル
  • 60万円のカード利用で6,000マイル

 

最も大きなボーナスが入会後の3か月で60万利用で29,000マイルです。

この点をクリアできるかが重要になってきます。何かの出費に合わせてキャンペーンを利用するのが良いでしょうね。引っ越しや大きな買い物、その他がある場合はぜひ検討してみてください。

尚、紹介キャンペーンを利用すると2,000マイルプラスされ計42,000マイルになります。

ANAアメックスゴールドのキャンペーン

ANAアメックス・ゴールドのキャンペーンは以下の通り。最大で60,000マイル獲得可能。

詳細は以下は以下の通り。

  • 入会で2,000マイル
  • 入会後の1か月でカードを三回利用し3,000マイル
  • 入会後の3か月でカード利用が30万の場合に7,000マイル
  • 入会後の3か月でカード利用が90万の場合に39,000マイル
  • 90万のカード利用で9,000マイル

 

最も大きなボーナスが入会後の3か月の利用90万で39,000マイルです。

かなり大きな金額になりますが、引っ越し、家電製品の買い物、その他で予定がある場合はかなりお得なキャンペーンとなっています。

紹介だとさらに8,000マイル加算され68,000マイルになります。

1の入会キャンペーンが通常2,000マイルから10,000マイルになります。ぜひ利用してみてください。

ANAカード新規入会キャンペーン2019

ANAアメックスだけでなくANAカード側でもキャンペーン中。

普通カードだと最大17,000マイル、ゴールドカードだと最大20,000マイルの獲得チャンスです。

キャンペーンでの注意事項。

注意
キャンペーン期間は2019年4月30日まで。別途、登録が必要。新規入会限定のキャンペーン。

キャンペーンは以下の通り。

  • 通常の入会特典して普通カードで1,000マイル、ゴールドカードで2,000マイル。
  • 普通カードの入会で500マイル、ゴールドカードの入会で2,000マイル。
  • 150,000円以上499,999円未満で3,000マイル。500,000円以上で15,000マイル。
  • ANAカードファミリーマイル登録で普通カード500マイル、ゴールドカード1,000マイル。

 

利用条件として500,000円以上で15,000マイル。

ANAアメックス側で攻略できるならANAカード側でも達成する数字なので、合わせてがんがんマイルが貯まるキャンペーンとなっています。

キャンペーンまとめ

通常の決済での還元率は1%。

ANA便利用時、空港ショップ、ANAオンラインショップ利用時は還元率がアップします。そして毎年の継続マイル。

何と言っても入会キャンペーンが熱いです。入会を希望する場合はアメックス、ANAカードの双方でキャンペーン中を狙ってください。

ANAアメックス ANAアメックス・ゴールド
入会特典 1,000 2,000
カード利用ボーナス 1,000 3,000
カード利用達成ボーナス1 3,000 7,000
カード利用達成ボーナス2 29,000 39,000
カード利用分 6,000 9,000
紹介分 2,000 8,000
ANAカードキャンペーン最大 17,000 20,000
59,000 88,000

カードで利用条件を達成できるなら検討してみてください。かなりビッグなキャンペーンです。

注意点としてはANAアメックスの場合、ANAマイルに移行するには『ポイント移行コース6,480円』に登録する必要があると言うこと。その点、ANAアメックスゴールドは無料です。

ANAアメックスゴールドカードのキャンペーン利用条件である90万円の決済ができるならANAアメックスゴールドカードがおすすめです。ポイントが無期限で貯められる点も大きいです。

さて、キャンペーンは紹介からの入会がお得です。

MEMO
普通カードなら2,000マイル、ゴールドカードなら8,000マイル上乗せされます。

 

紹介者キャンペーンは私から紹介も可能なので『ANA AMEX希望』と書いてこちらのフォームから気軽に問い合わせください。紹介メールを送ります。本名でなくても大丈夫なので安心してください。

スポンサーリンク


まとめ

ANAアメックス、ANAアメックスゴールドカードの特典、及びキャンペーンについてまとめました。

入会はアメックス&ANAカード双方のキャンペーン中を狙ってください。ANAカードの新規入会キャンペーンは4月30日まで。

ANAアメックス ANAアメックス・ゴールド
年会費(税込) 7,560円 33,480円
家族カード 2,700円 16,740円
ポイント移行コース 6,480円
通常ポイント 1% 1%
ANAグループ利用時のポイント 1.5倍 2倍
ANA便搭乗ボーナス 10% 25%
国内旅行傷害保険 最高2000万 最高5000万
海外旅行傷害保険 最高3000万 最高1億円
ショッピングプロテクション 最大200万円 最大500万円
キャンセルプロテクション あり あり
空港ラウンジ利用
初年度最大ボーナス 40,000ポイント 60,000ポイント
ANAカード最大ボーナス 17,000マイル 20,000マイル
継続ボーナス 1,000マイル 2,000マイル

 

ANAアメックスカードはこんな人におすすめ

年会費をできるだけ安くしたい。キャンペーンでANAマイルを貯めたい。ANA便に搭乗する機会が多い。

 

ANAアメックスゴールドカードはこんな人におすすめ

ポイント無期限に交換したい。いつでも好きなだけANAマイルに移行したい。ANAマイルを貯めたい。スーパーフライヤーズカードを申し込みたい。

 

尚、ANAステータスの一つであるスーパーフライヤーズカードの場合は、ANAアメックスゴールドカードのみ申し込み可能です。

ANAマイルは国内線だと5,000マイルから発券可能です。キャンペーンで得たマイルで国際線でもビジネスクラス、ファーストクラスに乗るのも良いですね!

ANAビジネスクラスはこんなシートです。最新のシートはフルフラットで超快適です。

ANAビジネスクラスの比較。機材によってこれだけ違いあり。おすすめは?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください