読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ユナイテッド航空の格安航空券でマイル加算100%にする方法

空港でチェックインするサラリーマン

『格安航空券は安い代わりにマイル加算は少ない』が基本ですが100%加算と
夢のような話があり面白そうなので調べてみました。

ユナイテッド航空の路線は色々ありますがマイルが貯まりやすい路線で調べてみました。とある11月の香港ーニューヨーク往復、諸税込で74,550円。

ユナイテッド便を予約

 

次に香港発の往路について。
ユナイテッド航空のマイル加算は運賃1米ドル×5で計算します。
従って、片道3万円程度なので1,580マイルが基本マイルになり、
ステータスがあればそれに応じて上乗せ加算される、と言う形になります。

ユナイテッドの香港発ニューヨーク

余談ですが8,060PQMと言うのはANAで言えばPP(プレミアムポイント)、JALで言えばFOPと同じであり翌年のステータスを決める数字となります。7万円で約16,000PQMですから20万円ちょっとで5万PQMは到達できそうなので、ANAJALに比べてゴールドステータス獲得は容易に感じます。

すこし脱線しましたが本題のマイルについて。
香港ーニューヨーク線の予約クラスは『G』です。
ユナイテッド航空マイレージについては運賃ベースなのでマイル加算は少ないですが、予約クラス『G』で100%加算できる他のマイレージがありました。

予約クラスとは

アルファベット1文字で表わされた航空券のクラス。運賃やマイル積算、取消・変更、アップグレードの可否、等様々な条件のもと決められています。

 

 

シンガポール航空 クリスフライヤーについて

ユナイテッド航空スターアライアンスに属します。
世界で主なアライアンスはANAユナイテッド航空が属するスターアライアンスJALキャセイパシフィックが属するワンワールドデルタ航空エールフランスが属するスカイチームがあります。
アライアンスとは

航空会社の連合。ラウンジの共有化、フライトのコードシェア、それぞれにマイル加算が可能、等の連携を行い集客の向上を図っています。例えば、ユナイテッド航空で搭乗した分をアライアンス内の他社にマイル加算することも可能です。

さて、ユナイテッド航空の格安航空券で100%加算できる他のマイレージとはシンガポール航空マイレージ『クリスフライヤー』です。
そのクリスフライヤーの提携他社における予約クラスを表にしてみました。上記の香港ーニューヨークでは『G』でしたので、クリスフライヤーでは100%加算と言うことになります。(*ユナイテッド航空の格安運賃については殆どが100%のクラスに該当するようです。)

  エコノミー ビジネス ファースト
シンガポール航空 110% - P, S, T 100% - B, E, H, L, M, W, Y
50% - N, Q 10% - K, V
125% - C, D, J, Z, U 300% - R
150% - A, F
ユナイテッド航空 100% - B, E, G, H, K, L, M, Q, S, T, U, V, W, Y 125% - C, D, J
100% - P, Z
150% - A, F
ANA 100% - B, E, M, Y 70% - G, H, Q, U
50% - S, V, W
125% - C, D, J, Z 70% - P 150% - A, F
コパ航空 100% - B, E, H, K, M, Q, S, U, V, W, Y 125% - C, D, J  
タイ航空 100% - B, H, K, M, Q, S, T, U, Y
100% - G, V, W (excludes international flights)
125% - C, D, J, Z 150% - A, F, P
トルコ航空 100% - A, B, E, H, L, M, O, Q, S, T, Y 125% - C, D, K, Z4 100% - J  

 

なぜ100%加算にしているかについてはシンガポール航空ユナイテッド航空の顧客を呼び込む戦略を取っていると言えるのではないでしょうか。
結果、香港ーニューヨークの場合は約16,000マイルをクリスフライヤーに付けることが可能となります。ユナイテッドへの加算だと3,000マイルほど。従って、ユナイテッドのステータス獲得を目指すのであればユナイテッドに加算させる方がベターですが、そうでなければクリスフライヤーに加算した方がお得だと思います。もちろん、その他色々な事情によると思います。予約クラスの詳細についてはリンクから。

http://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/ppsclub-krisflyer/earn-miles/earn-when-you-fly/

 

 

ユナイテッド航空 成田ーシンガポール線について

ユナイテッドはANAとのコードシェアで成田ーシンガポールを運航している便が多くあります。つまりユナイテッドから予約してもANAから予約してもANA運航で搭乗することが可能になります。最低価格の場合、ANAから予約すると30%の加算(ゴールドカード保有)で1,241ANAマイル、ユナイテッドで搭乗すると予約クラスはSなので3,291マイル(クリスフライヤー)獲得できることになります。

ユナイテッドで成田からシンガポール

 

ちなみにANAプラチナだと1,936マイル(ANA)と加算はクリスフライヤーより少ないですが、でプレミアムエコノミーへのアップグレード等ステータスの恩恵があるので、ANA側から搭乗した方が恩恵があるでしょう。

ステータスが無い場合はユナイテッドから搭乗した方が100%加算の魅力がありますが、運賃・搭乗手続き等のサービス違いはありますので、絶対のお勧めはできません。しかしながら、クリスフライヤーへのマイル加算は魅力的ではと思います。

ちなみにユナイテッドの日本発着の便は以下の通り。搭乗便を決めるのはマイルだけではありませんが、以下の場所に行く場合はユナイテッド便を利用することも一案ではないでしょうか。

福岡 グアム
東京・羽田 サンフランシスコ
大阪・関西 サンフランシスコ
成田 デンバー
  ロサンゼルス
  ヒューストン
  ニューアーク
  ソウル
  シンガポール
  ワシントンDC
  グアム
  サンフランシスコ
  ホノルル
  シカゴ

 

 

クリスフライヤーの特徴について

さいごにクリスフライヤーの特徴についてまとめておきます。
マイルの有効期限は36ヶ月後の月末。(手数料を払うことで延長が可能)
②特典航空券のネット予約は15%割引になる。
③A380、A340、B777ー300ERといった機材に搭乗が可能。(自社の会員のみで他のアライアンスメンバーには開放していない)
⑤半分のマイル数で片道発券が可能。
⑥家族や友人5名分まで発券可能。
⑨SPGその他多くのポイントからの交換が可能。
その他詳細はこちらで詳しく。


ユナイテッド航空の格安運賃で100%クリスフライヤーに加算できることが分かりました。あとはそのマイルをどう使うかだと思いますが、例えば成田ーシンガポールビジネスクラスだと68,000マイル+諸税9,960円になりそこまで多くのマイルを必要としませんので、使い勝手は良いのかなと思います。アメックスやSPGのポイントを移行することも可能ですので貯まり易いマイレージプログラムでもあります。
SPGについてはこちら参考まで。


ただ100%加算されるからと言ってマイルを使用しなければ意味がありませんので、
ユナイテッド便に搭乗の機会がある、予定としていた路線でユナイテッド便がある、なんて時に利用し貯めておくのもありかなと思います。
尚、ユナイテッド便でクリスフライヤーに加算する場合は前もってクリスフライヤーに加入、そしてチェックイン時に申請する必要があります。

併せて、予約クラス等については改定・改悪される可能性が常にありますので、その点ご注意ください。

 

 

関連記事