読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

国際線の期間限定運賃 ANAとJALを比較してみて

 f:id:norikun2016:20170504193320j:plain

航空会社は競争しているので互いの運賃を意識しています。

例えばANAJAL

国内線の普通運賃はほぼ同じです。
路線によって若干の違いがあったり、普通席以外は違っていたりしますが(ANAはプレミアムクラス、JALはファーストクラス)国内線はほぼ同じと言って良いでしょう。

従って、購入する基準としては、
①どちらのマイレージに加入しているか。
②便の良い時間帯はどちらか。
③セールをやっているとか。

等々、価格以外の要素が購入の基準になるのではと思います。
ANAJALの国内線についてはこちらにまとめています、参考まで。


さて、ANAJALの国際線について。
国際線についてもほぼ同じような金額が並びますがその中で『期間限定運賃』と言うものがあります。

文字通り期間限定で安くする、セールのことです。
今回シドニー線で面白いなあ、と思ったことがあったのでまとめてみました。

ANAJAL 国際線での機関限定運賃について

 

JALシドニー線について

JALが期間限定と言うことで4月13日にセール価格を打ち出しました。
東京・大阪・名古屋発シドニー行きが60,000円。2017年に入り上がったサーチャージ等が加算されますが、60,000円はお得な値段だと思います。

f:id:norikun2016:20170504184904p:plain

運賃の詳細は以下の通り。
運賃は60,000円(別途諸税)。
滞在は3日以上。
ストップオーバー不可。
予約の変更・取消は不可。
マイルは30%加算(予約クラスQ)

 

次にANAシドニー

2017年5月4日現在でANA公式ホームページのトップには以下の記載あり。
東京シドニーで96,000円、随分違いますね。

f:id:norikun2016:20170505074200p:plain

さて、JALがセール価格を打ち出して5日後の4月18日、期間限定と言うことでセールを打ち出しました。JALに対抗していることがわかります。ただ運賃は77,000円となっていて、JALの運賃は出せなかったのかな、と思っていました。

f:id:norikun2016:20170504185926p:plain

そして今回、運賃詳細をクリックしてみるとさらに下げていました。
63,000円となっています。これだけ運賃がバラバラで表示されるのも珍しいです。

f:id:norikun2016:20170504190355p:plain

運賃の詳細は以下。
運賃は63,000円(別途諸税)
滞在は2日以上。
乗り換えは日本国内で往路・復路各1回可。
ストップオーバーは不可。
マイルは30%加算(予約クラスL)

実際に予約しようとすると以下の様になります。
尚、全ての日にちでセール運賃は出てきません。セール販売している数量が限定されているので、週末その他の良い日にちはすぐに埋まってしまいます。

f:id:norikun2016:20170504191326p:plain

 

まとめ

今回のシドニー線は分かりやすい例です。
JALのセール運賃を見てANAが追随してきた、そんな感じです。
尚、追随したかどうかは実際は分からないので現況を見ての推測になります。

その逆もあります。
2017年のクアラルンプールのビジネスクラス運賃でも最初はANAがセールを出し、
その後合わせるかのようにJALが同程度の運賃を出してきました。

ANAJALに限らず航空会社は互いの運賃を猛烈に意識しています。
利用者としては運賃を見ながらお得に購入できたらいいですよね。

例えば、香港や台湾だとANAJAL以外にもエバー航空キャセイパシフィック航空チャイナエアライン、その他LCCが多数乗り入れしているので合わせてくる可能性が高いです。

どの航空会社にするか迷っている、そんな場合にはセールを比較したり、セールが出るのを少し待ってみるのも一つだと思います。

 

スポンサーリンク

 

関連記事