読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

SFC修行は海外で!テーマは『楽しむ、PP単価はそこそこで』

ANA SFC修行 ANA SFC修行-まとめ

タイ航空A350

SFC修行にタイ航空が良いかもしれない。
コンセプトは『楽しむ、PP単価はそこそこで良いじゃない?』

激安エアチャイナに比べれば運賃は高くなりますが、日本では希有なA380を味わえる、スワンナプーム空港ではラウンジの他にロイヤルオーキッドのスパも体験できる、ことが魅力。

さて、SFC修行は基本的にはANA運航便が良く、
他社便だと加算されない路線倍率や搭乗ポイントを考慮すると、同じ路線でもANA運航便の方がプレミアムポイントが高くなります。然しながら、違った航空会社や機材に乗りたいと思っている人も多いのではと思います。

プレミアムポイントとは

1年間利用したANAグループ運航便、スター アライアンス加盟航空会社の搭乗について、マイルとは別に積算されるポイント。毎年1月~12月に獲得したプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーのステイタスが決まります。ANA以外にもスターアライアンスメンバーであればマイルの加算が可能、従って修行用として使えます。

 

そこで、ANA以外に修行で使える路線がないか調べていました。
基本的にはアジアが安いので、アジアを拠点としたシンガポール航空エバー航空
エアチャイナ、タイ航空あたりを候補として。以前にシンガポール航空のキャンペーンを利用した路線について投稿しました。

今回、タイミングよく9月末まで開催中のタイ航空のキャンペーンがありました。
エコノミーだとANA加算対象外なのでビジネスクラスが修行用として使え、
数ある路線の中で成田発バンコク経由のシドニーorメルボルンが魅力的でしたので、調べてみました。成田から直行するより遠回りするのでその分距離を稼ぐことが可能になります。

 

 

タイ航空(TG)スーパーディール

先ずはキャンペーンの詳細、以下の通り。

販売期間2016年9月30日まで
適用期間日本発2017年1月31日まで
但し以下は適用外。
日本発2016月7月27日~2016年8月28日、2016年12月22日~2016年12月31日まで。

出発東京 (成田) ・大阪・名古屋・福岡で詳細は以下。
往路 : 日本-バンコク間: 成田発 TG641便/ TG643便 / TG677便 、大阪発 TG623便 / TG673便、名古屋発 TG645便/TG647便、福岡発 TG649便  
復路 : 成田着 TG640便 / TG642便 / TG676便、大阪着 TG622便 / TG672便、名古屋着 TG644便 / TG646便、福岡着 TG648便 

 

出発:シングルオープンジョー旅行
予約クラス
エコノミークラス:W/V/Qクラス(ANAへ加算できない)
ビジネスクラスJクラスANAへ125%加算)
エコノミーは可算されないので、修行用としてはビジネスクラスのみになります。

路線:成田⇒バンコクシンガポールホーチミン、上海、台北、香港、クアラルンプール、シドニーメルボルン、ロンドンその他
滞在期間2日~1ヶ月
変更:発券後は不可
途中待機
【Jクラス】バンコクで往路・復路各1回可(1回につき20,000円)
【Q/V/Wクラス】バンコクで往路・復路各1回可(1回につき10,000円)

 その他、詳しくは以下リンクにて。

TG スーパーディール ネットワーク

 

 

SFC修行 タイ航空 成田発バンコク経由でシドニー

キャンペーンの行先は東南アジアが主ですが、ビジネスクラス約15万円となり区間距離を考えると物足りません。オファーの中ではバンコク乗継のシドニーメルボルンが輝いていましたね、距離がありますので。以下はシドニーの運賃で諸税込で231,830円。

タイ航空航空キャンペーンの値段

 

区間距離は成田⇒バンコクが2,880マイル、バンコクシドニーが4,680マイル、従って片道7,560マイルになり往復で15,120マイル、加算率が1.25倍ですので18,900PPになります。PP単価は12ほどPP単価10が平均的な値ですから、十分でしょう。
区間距離はこちらで調べました。

Mileage Calculator - WebFlyer :: The Frequent Flyer Authority


十分な理由、その1。
A380に搭乗できますね。日本だとシンガポール航空とタイ航空が発着していますが、シンガポール航空は撤退の意向ですので、今後タイ航空のみとなります。(2019年にANAもホノルル線で投入することになります)
尚、便は幾つかありますので、往復ともにA380を選択することも可能です。

タイ航空運航の機材

 

こちらはA380の路線を調べたものです、参考まで。


十分な理由、その2。
タイ航空ビジネスクラス搭乗者はスワンナプーム空港でタイ航空所有のロイヤルオーキッドスパでマッサージを30分無料で受けることが可能です。 これは相当気持ち良いですよ、タイ航空特典の目玉の一つになっています。


まとめとしては、『楽しむ、PP単価はそこそこで良いじゃない?』と言うことなら最高ではと思います。今回のキャンペーンは9月30日まで販売で適用は2017年1月末までですが、その後もキャンペーンがあればこの路線は使えるのではと思います。
今年初めに知っていれば乗っていたでしょうね。 そのくらい価値が高いものではと個人的には思います。

SFCのメリットについてはこちらにまとめてみました。


 

関連記事