読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

カンタス航空搭乗記 特典航空券でビジネスクラス

11月初旬、カンタス航空を利用しました。

ニュージーランドオークランドからシドニーまでをブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のAvios(マイル)で発券しました。短距離だと他に比べて必要マイル数が少ないことが多いBAマイルですが、具体的には区間距離2,000マイル以内だとお得です。

例えば1,511~2,000マイルの必要マイル数は、
エコノミーが10,000マイル、
ビジネスクラスが20,000マイルとなっています。

オークランドシドニーは上記内の1,340マイル。
この路線でカンタス航空に乗る機会もないでしょうから、せっかくだからとビジネスクラスで発券、2万マイルを使用しました。こんな感じです、参考まで。

 

 

カンタス航空ビジネスクラス搭乗記

 オークランド国際空港にはカンタスラウンジがあります。
2時間ほどまったりと過ごしました。


機材はボーイング737-800でこちら。
主にオーストラリア国内とオーストラリアーニュージーランド間で運行している、
ビジネスクラス12席、エコノミークラス156席の小型機になります。

f:id:norikun2016:20161128220915j:plain

シートは4×4ですが、一見ビジネスクラスに見えないですね。
機材選びって重要だということが分かります。

f:id:norikun2016:20161129053423j:plain

例えば同じ路線で運航中のラン航空で言えばボーイング787になり、
シートはフルフラット、なんと言うか全然違います。時間帯によって変わって来るでしょうが、シートが抜群に良い(サービスも良かったです)ラン航空はガラガラだったので、シートで選ぶと言うより有名な会社、信頼できる会社で選んでいる印象があります。カンタス航空はオーストラリアでメインの航空会社ですからね。


中はこんな感じ。先頭のシートは広々としてます。 

f:id:norikun2016:20161128220938j:plain

シート自体はどっしりとして普段座れないような役員席と言った感じです。 

f:id:norikun2016:20161128221014j:plain

足元はこんな感じ。 国際線のエコノミーとあまり変わりませんでした。

f:id:norikun2016:20161128221029j:plain

ウェルカムドリンクはシャンパン。 

f:id:norikun2016:20161128221221j:plain

ヘッドホンはこんな感じ。 

f:id:norikun2016:20161128221258j:plain

窓から滑走路を見るとシンガポール航空のA380が見えました。
シドニーオークランドはこうした大型機が結構飛んでいます。 

f:id:norikun2016:20161128221049j:plain

空の上でお決まりのポーズ。シャンパン2杯目。 

f:id:norikun2016:20161128221318j:plain

そして食事。サラダにパンに、あとは唐辛子のスープ。
まあ、酸っぱいスープだこと。てっきりトマトのスープだと思ってましたが、
あとで調べてみると唐辛子のスープでした。日本ではあまりない味でしたね。
フライト3時間で昼間の便だとこんな感じになります。ワイン1杯目

f:id:norikun2016:20161128221336j:plain

メインはチーズのサンドウィッチ的なものでした。

f:id:norikun2016:20161128221351j:plain

その後、クラッカーにチーズ、チョコレート、ワイン2杯目。

f:id:norikun2016:20161128221405j:plain

そうこうしているうちにシドニーが近づいてきました。 

f:id:norikun2016:20161128221427j:plain

ジェットスターのお隣に到着。 

f:id:norikun2016:20161128221443j:plain

シドニーオークランド間はカンタス航空とラン航空が運航。
一見カンタス航空便の方が良さそうですが、実際は逆になります。
機材選びは重要です。ANAでもJALでも特に国際線を利用する際はホームページで機材の確認をして便を選ぶことでより快適な空の旅が待っていると思います。

カンタス航空JALと同じワンワールド
成田ーシドニーブリスベンメルボルンクライストチャーチへ直行便あり、2016年12月からは成田ーメルボルンが就航予定。

ニュージーランドとオーストラリアはJALJGC修行で訪問しました。

 

 

関連記事