読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

バンクーバー国際空港でプラザ・プレミアム・ラウンジを体験 プライオリティパスで利用可能

バンクーバー国際空港のプラザ・プレミアム・ラウンジ(Plaza Premium Lounge)を利用しました。制限エリア内のラウンジで出国審査後左に進みすぐの所にあります。

プラザ・プレミアム・ラウンジ(Plaza Premium Lounge)とは

1998年に香港の会社が香港国際空港等で運営を開始。2017年2月現在で16の地域・国の35の空港に140以上の空港ラウンジを運営。利用条件は有料、プライオリティパス、ダイナース等のクレジットカードとの提携、その他航空会社の指定ラウンジとなっています。

バンクーバー国際空港のプラザプレミアム・ラウンジはプライオリティパス、ダイナースカードでも利用可能ですが航空会社の指定ラウンジでもあります。指定の航空会社は以下の通り。

ANAJAL、エアチャイナ、エバー航空エールフランス中国東方航空大韓航空カンタス航空、フィリピン航空等々

ANAJALも名を連ねており、今回ANA便を利用したので指定ラウンジとなりました。尚、ANAのプラチナ以上(SFCを含む)で利用できるラウンジはもう一つありますが、シャワーはプラザプレミアム・ラウンジしかないと言うことでこちらを利用しました。

バンクーバー国際空港のプラザプレミアム・ラウンジを体験

出国審査を抜けてすぐの場所にあるプラザプレミアム・ラウンジへ。

f:id:norikun2016:20170220204909j:plain

中は広々しています。
出発の1時間半前に入った際はめちゃめちゃ混んでましたが、時間が経つにつれ
減っていきました。ANA便が控えていることもあり日本人利用者が多かったです。

f:id:norikun2016:20170220204932j:plain

f:id:norikun2016:20170220212136j:plain

f:id:norikun2016:20170220205001j:plain

f:id:norikun2016:20170220205055j:plain

こちらは入って右手奥にあるダイニングスペース。

f:id:norikun2016:20170220205213j:plain

食事の数々。

f:id:norikun2016:20170220205234j:plain

こちらはおかゆ。

f:id:norikun2016:20170220205259j:plain

ヌードルバーもあります。本日のおすすめは『フィッシュボールのスープ』

f:id:norikun2016:20170220205321j:plain

 ソフトドリンク各種。

f:id:norikun2016:20170220205351j:plain

中央部にドリンクを提供しているコーナーがあります。
コーヒーだとラテ、カプチーノその他、アルコールもビール、ワイン、ウイスキーがあります。種類は多くないですが十分でしょう。

f:id:norikun2016:20170220205412j:plain

中央部コーナーにある食事類。

f:id:norikun2016:20170220212156j:plain

ミートボールにパスタ。

f:id:norikun2016:20170220205430j:plain

チキンヌードルスープとマッシュルーム入りのクリームスープ。

f:id:norikun2016:20170220205445j:plain

パソコンも利用可能です。

f:id:norikun2016:20170220205503j:plain

そしてシャワー室。国際線搭乗前のシャワーは最高です。機内でぐっすり眠れます。

f:id:norikun2016:20170220205525j:plain

中は広々、食事も豊富、そしてシャワーあり。とても快適に過ごせました。

バンクーバー国際空港のプラザプレミアム・ラウンジ
場所は出国審査後に左手に進みすぐ。
180席、空港のWiFIを利用可能。パソコン、シャワー室あり。

プライオリティパスでも利用可能です。プライオリティパスは楽天プレミアムカードで無料発行できます。日本で最も利用されている方法ではないでしょうか。

ちなみに香港国際空港のプラザプレミアム・ラウンジはこんな感じです。こちらもプライオリティパスで利用可能。


今回私はANAステータスで利用しましたが、その中でSFCはカードの年会費を払い続ける限りラウンジを含めた各種特典を利用することが可能です。特典その他はこちらにまとめています、参考まで。


スポンサーリンク

 

関連記事