しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

特典航空券でマイルが加算された話

飛行機と夕日

特典航空券とはマイルで交換した航空券とのこと。
ビジネスクラスでハワイ!あるいは憧れのパリへ!夢が広がるチケットのことです。

そんな特典航空券は、搭乗してもマイルは積算不可が基本です。
全ての航空会社での決まりと言っていいでしょう。

例えばANAホームページにマイルが貯まらないケースとして以下の記載があります。

①他の航空会社のマイレージプログラムからの移行・合算
例えばJALのマイルをANAに交換(移行)することはできないとか。
まあ、考えればごく自然なことですが、一度あるマイレージに登録すると他のマイレージには交換できないということです。

②特典航空券の利用
国内外を問わず積算は不可になります。
例えば、貯まった楽天ポイントで商品を購入した際に更に楽天ポイントが付くようなもので、特典航空券でマイルが加算されることは基本的にありません。

 

さて、私のケース。
11月初旬に特典航空券で旅をしたのですがしっかりマイルが加算されてました。
通常のケースではないので、こんなこともあるんだ、と言う感じで見てもらえればと思います。

 

特典航空券でマイルが加算される?

 

 

まずは経緯から

ブリティッシュエアウェイズ(BA)のAvios(マイル)を使ってシドニーオークランド間の特典航空券を発券しました。オークランドからの往路はカンタス航空シドニーからの復路はラタム航空で発券。

少し余談。
違う航空会社でも同じアライアンス内であれば特典航空券を発券することが可能です。今回の場合はBA、カンタス航空、ラタム航空は同じワンワールドに加盟しているので、発券できたと言う訳です。その他、例えば、JALだとキャセイパシフィックとかカンタス航空の発券が可能になります。こちら参考まで。


使用したマイルは2万マイル×2の4万マイル。
BAの口座から4万マイルが引き落とされました。

アビオスを使って発券

 

そして、11月初旬に実際に搭乗。
ラタム航空は南米チリの会社であり搭乗する機会は殆どないでしょうから貴重な
体験でした。個人的には結構おすすめです。機会があればぜひ。


それから2週間。何気なくBAの口座を見てみるとマイルが増えていることに気付きました。しかもティアポイントまで。ティアポイントとは、ANAだとプレミアムポイント、JALだとFOPのことで、マイルとは別に加算される翌年のステータスの基準になるポイントです。*600ティアポイントでワンワールドのサファイヤ相当。

特典航空券でマイル加算

 

シドニーからオークランドなのでラタム航空分で加算されました。

シドニーオークランドは1340マイル。
従って、マイルは100%加算されたことが分かります。区間の計算は以下から。

Mileage Calculator - WebFlyer :: The Frequent Flyer Authority


それからブリティッシュ・エアウェイズの提携会社(ラタム航空)でのマイル積算を確認しました。100%だとエコノミーフレキシブルかプレミアムエコノミーになるはずですが、 今回搭乗したのはビジネスクラス。なぜでしょう、不思議です。

座席クラス 予約クラス 加算マイル
エコノミー(低価格) K, M, L 50%
エコノミーフレキシブル Y, B, H 100%
プレミアムエコノミー P 100%
ビジネス J, C, D, I, Z 125%

 

今回の謎は、
①マイルが加算されたこと
②予約クラスでのマイル数も間違っている(マイル加算されると仮定して)

と言うことで、なんで?と言うこと以外に言葉が見つかりません。

 

 

加算された原因について

特典航空券でマイルが加算されるケースはごくたまにある様です。
原因としてはシンプルで発券時の入力ミス。

マイル発行元の自社便で発券する場合はこういったミスはないでしょうが、
BAマイルで他の航空会社の発券をしたので生じたのではないか、と推測できます。

こちらはシドニー空港のラタム航空のカウンター。
予約時はBAのホームページ上であり得ないと思うので、手入力となるとここしか思いつきません。従って、地上スタッフさんが間違った、としか言いようがないですね。実際のところは分かりませんが。

ラタム航空のカウンター

 

チケットを確認。
マイレージはBAの記載はありますが、予約クラスの記載はありません。

ラタム航空のチケット

 

マイルを使っての特典航空券。
同じ会社ではなく提携航空会社の特典航空券を発券する際は今回と同じようなケースがあるかもしれません。ごくまれにだと思いますが。

BAマイルは先日も1ヶ月以上先の便でインボラに成功しました。
BAマイルとは相性がいいですね(笑)


 

国内線搭乗でデルタ500マイル

特典航空券で加算されるということでデルタマイルも触れない訳にはいきません。

国内搭乗の際に、航空会社を問わず1区間500マイルがもらえます。
ANAJALスカイマーク、ピーチ他国内線なら何でもOKです。

通常会員だと10区間で5000マイル、ステータス保持だと40区間の20000マイル。これは特典航空券時も貰えるのでので、申請しないと損だと思います。

デルタマイルは特典航空券に交換する際の必要マイル数が多く使い勝手は悪いですが、
JTBクーポンでの利用も可能なので、申請だけでもと言う感じがします。こちら参考まで。


 

ライフタイムマイル

航空会社によってライフタイムマイルを表示している会社があります。

ANAのライフタイムマイル(LTマイル)。

ANAマイレージクラブへの入会からの総飛行距離(マイル口座に積算された搭乗分の区間基本マイルの合計)のこと。ANAグループ運航便は「ANAライフタイムマイル」、提携航空会社運航便は「ライフタイムマイル(ANA+パートナー航空会社)」として計算されます。1997年4月1日以降にマイル口座に積算されたマイル実績が対象。


このLTマイルは使えませんが、『自分はこれだけ乗ったんだ!』という距離が分かるので、あくまで参考程度になります。尚、何十万と乗れば別途恩恵がありますが、私も含め通常だと厳しいと思います。

尚、ANA国内線・国際線特典航空券の利用でLTマイルの積算を希望する場合は、搭乗から6カ月以内に事後登録手続きが必要です。

ちなみに私のLTマイル。少ないですねー

ANAのライフタイムマイル

 

 

まとめ

たまにあると聞いていた特典航空券でのマイル加算。
マイル発行元ではなく提携航空会社の便を利用する際は手違いであるかもしれませんが、あまり期待はしない方が良さそうです。

国内線搭乗だとデルタ500マイルが加算されるので、そちらの方が手堅いと思います。と言うことで、イレギュラーなマイル加算についてでした。

 

 

関連記事