読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ジェットスター搭乗でJALマイルを貯める

宮古島の海

LCC大手のジェットスター
オーストラリアのカンタス航空グループとJALが三分の一ずつ出資しています。残りは日本企業2社で。設立はピーチと同年である2011年。現在国内LCCの最大手となっています。

国内だと16路線あり発着空港は、成田、関西、千歳、中部、福岡、那覇、高松、松山、大分、鹿児島、熊本の11空港。
海外だと13路線で行先は台北、香港、バンコク、マニラ、ケアンズメルボルンゴールドコーストの七か国。2016年8月現在。

ジェットスターを始めとするLCCが台頭して以来、より安く気軽に飛行機を利用することが可能になりました。今後もLCCアライアンス設立による影響もあり特に海外での路線が増えてくると思います。ちなみに、LCCは同じA320の機材を保有し運転させていくことで、メンテナンスや効率性、パイロットの確保等様々な問題に対処しています。詳しくはこちらに。


そんなLCCに搭乗する際に気を付けることがあります。大きくは2つ。
①独自のマイレージプログラムがないのでマイルが付かない。
②最安値の料金だと予約の変更、キャンセル、払い戻しができない。

ですが、その2つの問題を解消する料金プランがジェットスターにはありました。

 

ジェットスターの運賃タイプは3種類

ジェットスターの運賃は通常に加え、ちゃっかりPlusとしっかりMaxがあります。
簡単に言えば、ちゃっかりPlusだと通常は選べない座席指定が可能、予約後の変更が無料、提携会社のマイル或いはポイントが貯まる、但し払い戻しはできない、こんな感じです。ちゃっかりPlusの料金は国内線だと1,650円からとなっています。しっかりMaxは払い戻しが可能な運賃なので行けるかどうか分からないわ、と言う時に保険としては良いでしょうか。

ジェットスター運賃体系

 

次にマイルについて。
ちゃっかりPlus以上の運賃で区間マイルの25%のJALマイルが加算されることになります。JAL以外にもエミレーツのスカイワーズマイル、ベトナム航空のロータスマイル、カンタスポイントへの加算が可能です。

ちなみに成田ー那覇線だと片道246マイル貯まることになります。11月の安い運賃は7,270円なので約3%のJALマイルが加算されると言うことになりますね。マイルだけみれば還元率は低いですが他の特典を考慮すればどうでしょう、次に詳しく。

ちゃっかりプラスの運賃

1,750円プラスの料金をどう見るかと言うことになりますが、
①座席指定が可能。これは複数で行くときはそうしたいですね。例えば友人、家族同士で離れ離れと言うのは寂しいですから。
②日時の変更可能。どうしても無理になった、と言う時はありますからね。
欠航・遅延時の見舞金が1万円。LCCは少ない機材で運営しているのでどうしても遅延の問題が発生しがちです。見舞金の条件は『当初の出発予定時刻から6時間以上出発が 遅延した場合』と成立する条件としては厳しいですが、無いよりはあった方が良いですね、安心できます。夏の台風シーズンでも有り難いシステムですね。

これに区間25%のJALマイルが加算されます。1人で行くより複数で行く場合の方が重宝しやすい制度かなと思います。

しかしながら、やっぱり安いのがええわ、と言うことであれば次の戦略をどうぞ。

 

 

ジェットスター最低保証制度について

他社のウェブサイトに、ジェットスターより安価な価格のフライトがある場合、コールセンターに連絡すると対象となる他社の価格から10%引きの価格でのフライトが提供されます。
概要は以下の通り。
申込はコールセンターに電話を。
②前後1時間で他社が安ければその価格から10%引きで提供される。
③決済はクレジットカードで決済料は無料。
④ちゃっかりPlusとしっかりMaxの運賃への変更はできない。

詳しくはこちら。

最低価格保証 | ジェットスター

ピーチ、バニラエアも運航している那覇、新千歳なんかは比較し易いので結構適用が可能と思われます。参考までにバニラエアの10月の運賃。ジェットスターが高ければこれより10%安くなると言うことですね。ジェットスターの10月の運賃を見てみると最低運賃は同じくらいですがばらつきがあり7000円代が多いですから相対的にバニラエアの方が安いです。従って、最低価格保証の恩恵を受けられそうです。

バニラエア那覇行の運賃


最低保証適用の運賃は座席指定できない料金体系ですので1人で行く場合に向いているシステムかと思います。或いはジェットスターで行こうとしたら高かった、ちょうどその際ピーチでセールをやっていて往復で数千円違う、なんてこともある様ですから、価格のチェックだけでも良いかもしれませんね。

普段はANAとかJALを使っていても路線によってはLCCも重宝できます。
やはり安いですからね。LCCの中でもジェットスターJALマイルが貯まりますし。
さて、結論。複数名で行くのであれば、ちゃっかりPlusで安心フライトを且つマイルを貯めて、一人なら最低価格を狙ってより安くフライトを、って感じですかね、私なら。

国内路線だとデルタ航空のキャンペーンで1搭乗につき500デルタマイルが貯まります、お忘れなく。


 

関連記事