しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

伊丹空港JAL国内線ダイヤモンド・プレミアラウンジ体験レポート

JAL国内線のダイヤモンド・プレミアラウンジは、
羽田空港新千歳空港、そして伊丹空港の3カ所。
その内、伊丹空港は最も新しく2016年10月13日にオープンしました。

と言っても、今までサクララウンジとして運用していた所をプレミアラウンジとして新設した訳ですが、羽田行のダイヤモンド・JGCプレミア会員の優先搭乗の多さを鑑みると、分けても良いのかな、なんて思ったりします。その分サクララウンジは混みますが。ダイヤ・プレミアとサファイヤ・JGCでは同じくらいの優先搭乗、羽田伊丹線の特徴です。

さて、今回JGC修行の締めのフライトとして贅沢に国内線ファーストクラスで最後を飾ることにしました。と言ってもJALファーストクラスの路線の中で2万円を切る金額で予約できたのでお得でした。その他、羽田那覇の長距離路線でファースト設定路線が増便されましたし、価格も2万円を切るところもちらほらなので相当お得に予約できるかもしれません。国内線ファーストについてはこちら参考まで。

 

伊丹空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジ

2階のダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場からスタート。

f:id:norikun2016:20161218193002j:plain

保安検査を抜けてエレベータで3階に上がれば、
ダイヤモンド・プレミアラウンジへすぐに行くことができます。

f:id:norikun2016:20161218193031j:plain

中はこんな感じでサクララウンジの時と基本的には変わりません。
私自身は伊丹のJALラウンジは初めてなので新鮮でした。提供座席は112席。 

f:id:norikun2016:20161218193252j:plain

f:id:norikun2016:20161218193314j:plain

f:id:norikun2016:20161218193425j:plain

日当たり良好、滑走路も近いので窓際に陣取りました。 
こんな場所に座ってビールなんか飲んでると最高に間違いないですが、
酔って眠ってからの寝過ごしには注意したいところです。

f:id:norikun2016:20161218193441j:plain

マッサージチェアは2席。

f:id:norikun2016:20161218193717j:plain

生ビールはモルツとアサヒスーパードライキューサイの青汁もあります。

f:id:norikun2016:20161218194020j:plain

ウイスキーピーナッツ入りの柿の種。 

f:id:norikun2016:20161218194050j:plain

おにぎりは終日提供、ごま鮭と梅の2種類。

f:id:norikun2016:20161218194135j:plain

バタークロワッサンとハムマヨネーズパイ、終日提供。
こちらのクロワッサンはフランスのAOP認定を受けたバターを使用しているとのこと。
と言ってもよく分かりませんが(笑)

f:id:norikun2016:20161218194151j:plain

そして、目玉のJAL特製カレーパン。
国際線ラウンジで提供されている『JAL特製オリジナルビーフカレー』をベースにした具をフォカッチャ生地で包んだもの。提供時間は11時30分から営業終了まで。

f:id:norikun2016:20161218194426j:plain

ボルシチ風トマトスープ、こちらも終日提供。
兵庫県淡路島で収穫された玉ねぎをふんだんに使用したボルシチ風トマトスープ。

f:id:norikun2016:20161218194750j:plain

カレーパンはこんな感じ。
カレーパンって生地が脂っこいのが多いですが、これはそうでもなく
生地パリパリで絶品でした。 

f:id:norikun2016:20161218194809j:plain

もちろん、ビールもいただきます。

f:id:norikun2016:20161218194839j:plain

伊丹空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジ
利用対象・・国内線ファーストクラス利用、JALダイヤモンド、JGCプレミアワンワールドエメラルド会員で同行者1名も利用可能。その他、キャンペーン。

 

 

関連記事