しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

JALマイルフライト 人気路線で特典航空券が取りやすい! 【2017年9月まで】

JAL国内線特典航空券のマイルフライト。

マイルフライトとは

通常だと枠に限りがある特典航空券。対象の便の普通席に空きがある限りマイルを使って予約が可能。

2017年4月から6月のマイルフライト設定路線は以下の通り。
羽田ー新千歳、関西、福岡、那覇、秋田、徳島、
関西ー新千歳、那覇、伊丹ー那覇
中部ー新千歳、小松ー那覇、岡山ー那覇、福岡ー那覇那覇、石垣

空港待合室から見た飛行機

2017年7月から9月は夏のお出かけシーズンです。
うまくマイルフライトを活用したいですね。

JAL国内線特典航空券マイルフライト 

JAL国内線特典航空券について

マイルフライトは通常の国内線の特典航空券の扱いになります。
JAL国内線の特典航空券の詳細は以下の通り。

路線ごとに必要マイル数が異なる。
予約期間は搭乗日の2ヶ月前の同日9:30から4日前まで。
搭乗者、区間区間数の変更は不可。
航空券の有効期間内で4日前まで(且つ元の予約便の出発時間まで)は変更が可能。
普通席に加えクラスJもプラス2,000マイルで発券が可能。
二親等以内の親族、義兄弟姉妹の配偶者が利用可能。

マイル積算対象外です。
払戻手数料は1名につき3100円 (2017/4/1から統一)

JAL国内線の必要マイル数については2017年4月1日から変更になり、
片道が往復の半分で発券できるようになりました。こちら参考まで。


2017年7月から9月のマイルフライトの詳細

詳細は以下の通り。マイルフライトは普通席に空席がある限り特典航空券の発券が可能です。直前の航空券は高いのでうまく活用したいですね。

出発 到着 便名 出発時間 到着時間 片道必要マイル
羽田 新千歳 JL521 15:30 17:05 7,500
羽田 新千歳 JL321 20:30 22:05 7,500
新千歳 羽田 JL506 11:00 12:35 7,500
新千歳 羽田 JL530 21:25 23:00 7,500
羽田 関西 JL225 13:00 14:20 6,000
関西 羽田 JL224 15:00 16:15 6,000
羽田 福岡 JL319 13:25 15:10 7,500
福岡 羽田 JL314 13:00 14:40 7,500
羽田 那覇 JL921 16:10 18:35 7,500
那覇 羽田 JL902 9:50 12:15 7,500
羽田 徳島 JL461 15:30 16:40 7,500
徳島 羽田 JL456 11:40 12:55 7,500
関西 札幌 JL2503 14:00 15:50 7,500
札幌 関西 JL2502 10:55 13:00 7,500
中部 新千歳 JL3115 16:55 18:40 7,500
中部 新千歳 JL3117 18:35 20:20 7,500
新千歳 中部 JL3100 8:45 10:25 7,500

*7、9月の連休、お盆期間は対象外となっています。詳しくはこちら。

マイルフライト - JALマイレージバンク

さて、ANAも普通席に空席がある限り特典航空券を予約出来る『特選フライト』があり2017年7月から9月は沖縄が対象になっています。JALの方も沖縄は含まれていて、ANAJALも片道発券可能なのでJALマイルフライトで片道、ANA特選フライトで片道発券するのも便利だと思います。ANA特選フライトはこちら参考まで。


JAL国内線特典航空券マイルバックキャンペーン

期間中に登録の上特典航空券を申込むとマイルがバックされるキャンペーンがあります。登録はこちらから。

https://www121.jal.co.jp/JmbWeb/JR/CampaignEntryProp_ja.do?cmpn=f0bd3539609fffaccc58ef4edf8bbd0f


キャンペーンの内容は以下の通り。
キャンペーン期間:2017年5月9日~7月13日(搭乗日)
*一度、登録しておくとキャンペーンの期間が延長されると自動的に登録済みになります。どこかにマイル、おともdeマイルは対象外。

マイルバック数は以下。
A区間(必要マイル数が片道6000マイルの区間)・・片道250マイルバック
B区間(必要マイル数が片道7500マイルの区間)・・片道500マイルバック

例えば羽田福岡だと往復で15,000マイルですがキャンペーンに登録すると1,000マイルバックされ14,000マイルに、片道の場合は7,500マイルが500マイルバックされて7,000マイルになります。

尚、今回の2017年6月から9月は国内線の特典航空券が割引で利用できるディスカウントマイルの対象外の期間になっています。

 

まとめ

マイルフライトは人気路線で特典航空券が取りやすく片道発券も可能、とても便利だと思います。マイルバックキャンペーンもあるので登録はぜひ。特に直前でどこか行こうかな、と言う時はうまく使えるのではと思います。

その他、JAL特典航空券について、どこに行くか分からない、その代わり往復6,000マイルで特典航空券を発券できる『どこかにマイル』もあります。羽田発に加えて伊丹発も利用できるようになりました。こちらも面白いと思います、参考まで。

スポンサーリンク

 

関連記事