しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

まだ間に合う!夏のJAL航空券 先得の予約と注意点について

f:id:norikun2016:20170616204031j:plain

夏の予定は決まってますか?

梅雨が明けると本格的に夏シーズンの開幕です。
直前だと高い航空券ですが今だとまだまだ安く購入することが可能です。

さて、JAL国内線の運賃について。

JAL国内線の運賃には普通運賃、株主優待運賃、ビジネスきっぷ、特割、先得等がありますが、早く買えば買うほどお得になるのが先得になります。

2017年6月現在、2017年10月28日までの先得が発売されています。

まだ間に合う2017年の夏の予定。
JAL先得運賃についてまとめてみました。

2017年夏 JAL国内線について

 

先得運賃について 

変更・取消について

先得は早く買えば買うほどお得になる運賃です。
先得のメリットは安い、と言うことですが変更不可・取消料が発生する(しかも高い)のがデメリットです。

先得運賃の予約・変更については以下。
先得割引(28日・45日前までに予約)、スーパー先得(55日前までに予約)、
ウルトラ先得(75日前までに予約)の3種類で全ての先得は変更不可の運賃になり、航空券1枚に対し430円の払い戻し手数料と、取消日にかかわらず、運賃に対し約50%相当額の取消手数料が発生します。

安い代わりに変更不可で取消料が発生する運賃になります。

 

マイル加算について

先得のマイル積算率は75%(クラスJは85%)になります。
但し、JALカードのツアープレミアムに加入することで100%の積算になります。

ツアープレミアムとは

ツアープレミアムに加入し先得や国内外のツアーに参加すると通常のマイルに加えてボーナスマイルが貰え、100%マイルが加算される。

例えばJALカードclub-A会員で羽田ー那覇普通席の往復だと1,846マイル、
ツアープレミアムに加入することで2,338マイルになります。往復で約500マイルの差になります。

ツアープレミアムは年会費が2,160円必要ですが、
通常50%マイル加算の国内外のツアーも100%加算対象になるので、JAL便を多く利用すると言うことであれば加入して損はないと思います。


特便割引

JAL航空券を購入する場合、普通運賃、ビジネスきっぷ等の高い運賃、或いは株主を除けば通常は特便割引か先得での購入になると思います。

先得は数ヶ月後でも購入可能で長い期間に対応し安い運賃になりますが、一方で特便割引は搭乗日の3日前まで予約可能な特便割引1、搭乗日23日前まで予約可能な特便割引21と直前での割引に多い運賃になります。

尚、特便割引の取消料は路線によって違ってきますが、例えば羽田―那覇の出発前取消で430円の払戻手数料と1枚につき2,000円の取消料となっています。(先得は約50%の取消料)

尚、特便運賃はツアープレミアム対象外になります。

 

先得と特便の違い

先得運賃と特便運賃の違いは以下の通り。

先得・・安い、ツアープレミアム対象運賃、FOP400ボナースがない(2017年現在のキャンペーン)、取消規定が厳しい、と言うことになります。
特便割引・・ツアープレミアム対象外、FOP400ボナースが有る、取消規定は先得より緩い。

 

先得カレンダー

さて、先得を使って旅行や出張の計画をする場合、先得カレンダーが便利です。

リンクは以下で。

先得カレンダー - JAL国内線

 

例えば羽田那覇の先得運賃は以下のように表示されます。

f:id:norikun2016:20170616201142p:plain

8月もまだまだ安いですね。45日前までに予約が必要な、
先得割引になっています。

f:id:norikun2016:20170616201259p:plain

9月だと75日前までに購入が必要なウルトラ先得になっています。 
安いですが変更不可、取消料が発生するので注意してください。

f:id:norikun2016:20170616211118p:plain

上記はスマホ画面になりますがPCだと以下の通りで一覧になり分かりやすいです。

f:id:norikun2016:20170616205905j:plain

先得運賃は安いので利用しやすいですが変更不可には気を付けたいですね。
予定が分からない、と言うことであれば有効期限内での変更が可能な株主優待運賃を使うのも一つかなと思います。 

 

先得のキャンペーン

 搭乗前までに登録し先得運賃で1回以上搭乗すれば搭乗毎に300Pontaポイントが貰えます。1Pontaは0.5マイルに交換できるので、300Pontaポイントは150JALマイルになります。

先得キャンペーンの詳細は以下のとおり。
対象期間:2017年3月26日~2017年7月13日
対象運賃:先得割引、スーパー先得、ウルトラ先得

尚、搭乗前までに「JMB×Ponta会員」に登録する必要があります。
登録は無料で1度JALPontaを紐付けすればその後もキャンペーンの適用になるので、
JAL先得運賃で搭乗したり、その他キャンペーン適用運賃で搭乗すれば自然にPontaポイントがもらえます。登録はこちら参考まで。

JMB×Ponta会員について|Ponta [ポンタ]

 

その他

ドコモ回線を持っている場合はdポイントクラブを経由しJAL国内線運賃を購入すると1%のdポイントがもらえます。加えて、Dカード、Dゴールドカードだとさらに2%ポイントが加算されます。全額をクレジットカードで決済したのみ対象となります。カードとe JALポイントとの併用は対象外になります。

詳しくは以下で。

JALの先得&dポイントGETでおトク!|d POINT CLUB

f:id:norikun2016:20170616213200j:plain

その他、JAL国内線の航空券はdクラブ以外でもポイントサイトを経由するとポイントがもらえます。どこか高いかは場合によりますが、どこ得で調べて一番高いところ、普段使っているポイントサイトで経由すればポイントが貯まることになります。

JAL 航空券』等で調べてみてください。

ポイントサイト案件比較検索 / どこ得?

 

国内線の特典航空券

JALマイルフライトは普通席に空きがある限り特典航空券を予約することができるサービスです。夏に人気の那覇路線もあるので、直近の場合はこちらも良いのではないでしょうか。


あとは『どこかにマイル』とか。
どこかにマイルはいわゆるミステリーツアーでどこに行くかはわかりません。
その代わり通常の半分の往復6,000マイルで国内線の特典航空券を予約できます。

現在、羽田に加えて伊丹発着路線が追加されました。
尚、以下の通り除外期間がありますのでご注意を。
羽田伊丹発の除外期間:
2017年7月14日~7月15日、8月4日~8月12日、9月15日~9月16日

実際に利用してみました、こちら参考まで。


まとめ

JAL国内線の先得運賃その他についてまとめてみました。
早ければ安く利用できる先得運賃ですがその代わり変更不可で取消料が発生するのが難点です。予定が分かっていれば先得で良いかと思いますが、予定が分からない場合は変更できる特典航空券とか、マイルフライトがおすすめです。

尚、JAL航空券はマイルをe JALポイントに変えて支払することも可能です
e JALポイントはこちらにまとめています、参考まで。

スポンサーリンク

 

関連記事