しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

JALとANAはどっちが特典航空券を取りやすい? 上級会員の枠で検証してみました

特典航空券とは

マイルを使って発券する航空券。
ビジネスクラス或いはファーストクラスも手が届く、チケットのこと。

そんな特典航空券ですが必ずしも希望通りに航空券をゲットできる訳ではありません。航空会社もマイルではなく有償で取って欲しいですから予め枠が決められています。

さて、その枠について。
航空会社の上級会員になれば特典航空券は取りやすくなる、と言われています。
上級会員になれば通常会員に比べ解放される枠が多くなるからです。取りやすさが改善することについては皆さん語っていますが、ホームページその他には明文化されていません。

そこで、私自身今年ANAのプラチナ(SFC)にそれからダイヤへとなったのでそれぞれで特典航空券の取りやすさを比較検証してみました。

ANAのステータスは、
①ブロンズ、②プラチナ(SFC)、③ダイヤモンドがあり、
②のプラチナ以上で枠が改善すると言われています。
SFCはプラチナになれば申込できるカード。年会費を支払う限りプラチナ相当のステータスの恩恵を受けれます。

実際に検証してみました、こちら参考まで。

ANA特典航空券 取りやすくなったニューヨークは狙い目 - しーずざでい SFC修行とかマイルとか

ANA特典航空券を検証 ファーストよりビジネスが取り辛い? - しーずざでい SFC修行とかマイルとか

 

結果としてはこんな感じです。 

通常会員 < プラチナ(SFC) ≦ ダイヤ

通常会員とプラチナ(SFC)の差は大きい、
プラチナ(SFC)とダイヤモンドの差は僅か、と言うものです。

この点については今年修行されて同じように検証された方が多くいます。

では、JALの上級会員との比較はどうか。
ANAプラチナはJALで言えばサファイヤに相当します。

先日、JALのサファイヤになりましたので早速検証してみることにしました。

JALANA ステータスでの特典枠の比較

 

東京ニューヨーク線で検証 

先ずニューヨーク線で検証してみました。
最激戦区のハワイだと双方空きがなく比較しづらい、ニューヨークは激戦区で便数が同じというのが理由です。

さて、ニューヨーク線はJALANAとも2便が運航しています。
JALは2便とも成田発着、ANAは成田、羽田それぞれ1便です。詳細は以下。

JAL東京ニューヨーク線
JL006成田11:00 ⇒ニューヨーク(JFK)9:55
JL004成田19:30 ⇒ニューヨーク(JFK)18:25
JL003ニューヨーク(JFK)9:15 ⇒成田13:25(1日)
JL005ニューヨーク(JFK)12:15 ⇒成田16:35(1日)

ANA東京ニューヨーク線
NH010成田16:40 ⇒ニューヨーク(JFK)15:10
NH110羽田10:20 ⇒ニューヨーク(JFK)9:00
NH009ニューヨーク(JFK)10:45 ⇒成田15:00(1日)
NH109ニューヨーク(JFK)16:55 ⇒羽田21:10(1日)

ニューヨークは人気路線であり席が埋まると中々比較できないので、
2月の寒いニューヨーク、そしてビジネスクラスで調べてみました。先ずはJALから。

全てにおいて空席待ちです。2月だけでなくそれ以降も空席待ちが続きます。
びっくりしましたね、殆ど取れません。

JAL特典でニューヨークの空き状況

 

続いてANA
全ての日に空きがある訳ではないですが、こうしてすんなり2名分確保できちゃいます。

ANA特典でニューヨークの空き

 

その他の曜日も2名、そして3名取れる日もありました。
ANAの場合はステータスを生かして特典を取れる日が目立ちました。

ANA特典航空券でニューヨークの予約

 

その他の日も調べてみましたが結論としてはANAの方が取りやすいです。 
理由としては、ANAに比べJALはビジネス利用が多いと言うことでしょうか。
JALの方が年配の上級会員が多いと言われますからね、とは言え正確な理由は分かりません。

2017年6月を見てみると、こうして往路、復路で空席具合が全く異なるので片道発券が可能なことも影響しているかもしれません。(ANAは片道発券不可)

JALビジネスクラスの特典の空き

 

JALの方は全く取れないと言う意外な結論になりました。

 

 

成田ロンドン線で検証

こちらも激戦区です、双方1便で運航。寒い冬のロンドン、ビジネスクラスで検証。

先ずはJALから。
キャンセル待ちですね。2月以降も往復で取れる日にちは中々見つかりませんでした。

JAL特典でロンドン

 

続いてANA
こうして2名分確保できる日もあり激戦区でも取りやすいですね、こちらは安心して検索できます。

ANA特典でロンドン

 

その他、比較的取りやすいアジアだと、JALANAも同じ様に取れることが多いです。ただ、アジアだと地域によって発着便数の違いもありますので、行先によって変わって来るでしょうね。

 

 

まとめ

行先によって変わってくるでしょうが、ANAの方が取りやすい感があります。
アンケート等ではJALの方が取りやすい、とあるので意外な結果でした。

アジア方面だとJALANAも取りやすいですが、空きが多く通常会員でも複数枠を確保しやすいのでステータスの恩恵はあまりないかもしれません。

結論としては以上ですが、日によって変わってくることもあるでしょうし、
自社便以外(アライアンス便)での違いもある、空席待ちでの取りやすさ、加えて週末だと双方難しくなるので、平日での結果、あくまで参考程度と言うことで。

追記:JALダイヤのクレアさんの情報によるとJAL特典の方は空席待ちに優遇がある様です。この辺は実際に予約してみないと分かりませんが、参考までと言うことで。
ANAダイヤ、JALダイヤのクレアさんのブログはこちら。クレアの日記


さて、ステータスを取るために飛行機に乗りまくることを俗に『修行』と言いますが、
修行する目的の一つに『特典航空券の取りやすさ』があります。

この辺は制度の改悪等によって変わってくる可能性も高いですが、
ANAの方がステータスの恩恵を受けやすい、そんな気がします。

ANAの修行でSFCを取れば得ればこんな恩恵があります、こちら参考まで。


JALの修行でJGCだとこんな感じです、参考まで。

スポンサーリンク

 

関連記事