読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ヒルトン上海宿泊記 アクセス良くて観光に最適!

ヒルトン

2月中旬、旧正月明けの上海に行ってきました。

上海は1泊のみの旅程でしたが懸念していたPM2.5も全くと言っていいほど影響はありませんでした。現地の知人に聞くと旧正月明けは結構狙い目だよ、とのこと。天気も快晴で良い旅になりました。

さてANA特典航空券を利用して上海へ。羽田⇒上海の搭乗記はこちら。


今回は、単純往復ではなく羽田ー上海ー台北松山ー羽田と台北松山を経由して帰って来ました。経由してもしなくても必要マイル数は殆ど変わらないので、せっかくだからと好きな街である台北に寄ることにしました。

発券手順としては最終目的地は台北となり、上海は乗継扱いとなります。いつもとは変わった旅程にしたい、と言う時にはお勧めの発券方法です。こちら参考まで。


当日、上海浦東国際空港に21時着。
本来ならば現地のバス等公共機関の乗り物を利用するのですが、遅いと言うこともあり空港前から出ているタクシーを利用しました。40分程で177元(3,000円弱)でした。

ヒルトン上海宿泊記

ヒルトン上海は上海浦東国際空港から約50分、上海虹橋国際空港から約20分の所にあります。ビジネス地区、そしてしばらく進むとエンターテイメント施設も数多くあり、ショッピング、グルメには最適の場所です。

この周辺はフランス租界と言われています。第二次大戦が始まる前にヨーロッパの裕福な階級の人たちによって作られた街。当時の建築物はギャラリーやレストランとして現在も使われています。

40階建てのヒルトン上海。

f:id:norikun2016:20170217141423j:plain

気候としては日本と同じくらいでしょうか。 やはり寒いです。

f:id:norikun2016:20170217141438j:plain

中に入ると旧正月らしい飾りつけで出迎えてくれました。
左側には豊作を祈る、その他は豊かになりますように、と言った飾りつけです。

f:id:norikun2016:20170217142006j:plain

こちらは受付。

f:id:norikun2016:20170217141455j:plain

立派なロビーもあります。 

f:id:norikun2016:20170217141510j:plain

部屋に入りましょう。キングベッドです。

f:id:norikun2016:20170217142039j:plain

ビジネスデスクにこのチェアは良いですね~
コーヒーを飲みながら、そして読書しながらうたた寝したいものです。

f:id:norikun2016:20170217142053j:plain

そしてバスルームへ。バスタブもあります。

f:id:norikun2016:20170217142155j:plain

中は広く、歯ブラシ、くし、その他アメニティは豊富にそろっています。

f:id:norikun2016:20170217142211j:plain

ウェルカムフルーツもあります。

f:id:norikun2016:20170217142643j:plain

上海の街並みを一望できます。PM2.5の影響はなく素晴らしい景色でした。

f:id:norikun2016:20170217142657j:plain

腹が減っては何とやら、起床してすぐに朝食会場に出向きます。

f:id:norikun2016:20170217142714j:plain

f:id:norikun2016:20170217142734j:plain

洋食そして中華がメインです。

f:id:norikun2016:20170217143108j:plain

エッグステーション。出来立てのオムレツを提供。

f:id:norikun2016:20170217143123j:plain

f:id:norikun2016:20170217143144j:plain

こんな感じで頂きました。ごちそうさまでした。

f:id:norikun2016:20170217143242j:plain

 

ヒルトン上海エグゼクティブラウンジへ

ヒルトンHオナーズのゴールド以上でエグゼクティブラウンジが利用できます。
ヒルトンvisaゴールドを持つか、他のホテルチェーンからのステータスマッチでヒルトンゴールドになることができます。ステータスマッチはこちら参考まで。

エグゼクティブラウンジへ入ります。

f:id:norikun2016:20170217143856j:plain

ラウンジ内は結構混んでいました。

f:id:norikun2016:20170217143959j:plain

食事の数々。感想としては1階のブッフェの方が種類も豊富で空いているので、
1階で食べる、その後ゆっくりお茶する程度での利用がお勧めかと思います。

f:id:norikun2016:20170217143909j:plain

f:id:norikun2016:20170217143926j:plain

f:id:norikun2016:20170217143943j:plain

ヒルトン上海
 8つのレストラン、室内プール、フィットネス、テニス・スカッシュコート、スパもあります。浦東空港からは40~50分と少し離れていますが観光には適しています。
ブッフェも美味しくスパもあり運動も可能。機会があればぜひ。

 

そして上海観光

さてヒルトンを後にします。
この辺は徒歩圏内で観光名所が多いです。ヒルトンを前にして右手に進むと静安寺があります。静安寺は三国時代に呉の孫権によって建立された寺院です。

f:id:norikun2016:20170217144537j:plain

静安寺へ。旧正月と言うことでしょうか、中に入るには入場料が必要でした。
静安寺の周りには至る所で警官が経っており、やはり日本とは違います。

f:id:norikun2016:20170217144553j:plain

皆さん何をお祈りしているのでしょう。

f:id:norikun2016:20170217144610j:plain

中を散策していると皆さん何やら食べているのを発見。
私も頂きました。お粥のようですが日本で言う雑煮でした。
甘からず、お餅は小さく、それでいて美味しく頂きました。

f:id:norikun2016:20170217144623j:plain

それから周辺を小一時間散策した後は外難へ。タクシーで向かいます。
『恋人の壁』として有名な歩道を歩くと対岸には浦東地区の高層ビル群を眺めることができます。香港のハーバーを思い出させる光景です。

f:id:norikun2016:20170217144711j:plain

片側には植民地時代に建てられたゴシック様式の建物が立ち並び歴史を感じさせます。
こちらは逆に中国と言う感じはしません、新鮮でした。

f:id:norikun2016:20170217144726j:plain

上海は初めてでしたがまた来たい、と思う街でした。
ただPM2.5の問題があるので時期は避けてゆっくり散策したいと思います。

上海浦東空港ではこちらの2つのラウンジを利用しました。

 


スポンサーリンク

 

関連記事