しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ヒルトン ポイントプログラムの変更 実際に使用してみて

f:id:norikun2016:20170325064509j:plain

2017年3月1日からヒルトンのポイントプログラムが変更になりました。
3週間ほど経過したので実際に使用してみての感想を。

変更点の概要は以下。
名称がヒルトンHオナーズからヒルトンオナーズに変更。
ホテルのカテゴリーはなくなった。
柔軟にポイントを交換できるようになった。
1000ポイント単位で5000ポイントからポイントを利用できるようになった。
友人とポイントを共有できるようになった。
ポイントを米アマゾンで利用できるようになった。
ダイヤモンドのステータスを理由を問わず1年延長できるようになった。

最も大きな変更点は1000ポイント単位で使えることになったことでしょうか。
ヒルトンは、より柔軟に、と言うことを強調しています。

と言うことで、変更になったヒルトンのポイントプログラムについて。

ヒルトン ポイントプログラムの変更

 

ポイント&マネー特典について

以前はカテゴリー毎に分かれて無料宿泊に必要なポイントが決められていました。例えばヒルトン東京だと60,000ポイント必要とか決まっていた訳ですね。ポイントが足りない場合は貯まるまで待つか、ポイントを購入する必要がありました。以下は以前のホテルカテゴリーについて、参考まで。

f:id:norikun2016:20170324191911j:plain

新しくなったポイント&マネー制度。
今後は最低5000ポイントから1000ポイント単位でポイントを使用できるようになりました加えて、以前のカテゴリーに要したポイント数を下回るポイントで利用が可能になる、とホテル側は発表しています。改定前のポイントより多くのポイントを必要としない、と言うことです。

例えば以下の通り。最高ポイントは変わりませんが、最低ポイントは少なくなっています。中には大幅に少なくなっているホテルもありオフピークが狙い目になるでしょう。とは言え、どのくらいオフピークでの宿泊日があるか、と言うのはまだ分かっていません。

f:id:norikun2016:20170324192434j:plain

宿泊に必要なポイント数はリアルタイムで変動することになります。このリアルタイムって言うのがキーでしょうね。やはり、少ないポイントで宿泊したいですからね。必要なポイント数についての確認はこちらから。

More Flexible Rewards | Hilton

 

例えばヒルトン東京のとある4月の平日。会員ディスカウントで40,572円で60,000ポイント必要、従って無料宿泊する場合は1ポイント0.75円の価値。
以下の『Pay with points & Money』で使用するポイントを選択することが可能です。

f:id:norikun2016:20170324195047p:plain

ポイントの調整は以下画面でスライドすると1000ポイント単位で料金が表示されます。ポイント&マネーで20,000ポイント使うとすると残りは30,040円。
従い、ポイントは10,532円になり1ポイント0.5円になります。
ポイントの価値は部屋の料金、ホテルによって変わってきます。

f:id:norikun2016:20170324195451p:plain

結論としては、より使いやすくなった、ことは事実でしょう。
ヒルトンはポイントのボーナスが充実していますがある程度たまらないと利用できませんでした。今後は、例えば1回宿泊しそれで得たポイントで次の予約も可能なので、
よりポイントの効果が実感しやすい、と言えるのではと思います。

尚、ピークを避けた方がより少ないポイントで利用できるので、頻繁にチェックしてみてはと思います。

 

ポイントの共有

最大11名のポイントを共有できます。2017年4月以降で可能になります。
ポイントを出し合って一つにまとめて特典に利用する、そんなイメージです。

方法としては以下の通り。
1名が口座を作って残りの人数(最大10名)がポイントを一つ口座に入れる。
メンバー1名が1年で1000ポイントから最大500,000ポイントを口座に入れる事ができ、メンバーは1年で最大200万ポイントを受け取ることができます。

この辺は、家族間、サークルその他とかになるでしょうか。

 

ポイントを米アマゾンで利用

2017年の夏ごろ利用可能ですが正式にはまだ決まっていません。
どのくらいで利用できるか分かっていませんし様子見と言うことで良いでしょう。

今のところ参加は米アマゾンだけなので殆どの人は関係ないのではと思います。

 

ダイヤモンドステータスの延長

ダイヤモンド会員は1度だけ1年間ステータスを延長できる権利を持ちます。
ただ、全ての会員ではなく過去に、
①3年間以上ダイヤモンド会員だったことがある(連続でなくも可)
②ダイヤモンド会員経験者で250泊以上、または500,000ベースポイントを獲得したことがある。

何れかを満たす人が対象となります。
まあ、これはもう一回使ってください、と言うホテル側からのアピールですね。
対象者は限られるでしょう。

 

実際に使用してみて

使用しての感想としては1000ポイント単位で使える、と言うのはとても魅力です。
貯まったポイントを次の宿泊ですぐに使えるのでポイントの流動性が上がり、よりポイントの価値を実感できるのではと思います。

例えば、こんな感じで1泊2000ポイントが貯まったり、スマホからの予約で500ポイント!何てキャンペーンがあるのでキャンペーンは非常にありがたく感じることになるでしょうね。現在のキャンペーン中はこちら参考まで。


ポイントの柔軟性は確認できますが、カテゴリーがなくなり無料宿泊の最低ポイント数の確認はまだできません。オフピークで上手く利用できればと思うのですが、こちらは直前で空室が多い等、設定は限られるのかもしれません。

尚、2017年3月27日まで最大35%オフのセールを実施中です、参考まで。

おすすめ観光地 | Hilton Hotel Deals

 

ヒルトンオナーズについて

ヒルトンHオナーズについて簡単に。詳細は以下の通り。 


①ホテル滞在により、Hオナーズポイントと航空会社のマイルを同時に獲得できる「ダブル・ディッピング」あり。

②1,000ポイント単位でポイント購入することも可能。年8万ポイントまで。
③ポイントは無料特典、プレミアムルーム、アップグレード特典に利用可能。その他、スパトリートメント、高級レストランでの食事、ゴルフレッスン、オンラインショッピングとの交換が可能。
④ヒルトン三井住友VISAカードにより上級ステータスの獲得が可能。

*他社からのステータスマッチでゴールドステータスの獲得が可能、こちら参考まで。


●ヒルトングループについて
ヒルトン
コンラッド
ブルツリー
ハンプトン・イン ハンプトン・イン&スイーツ
コーラル・バイ・ヒルトン
エンバシー・スイーツ・ホテルズ その他

 

スポンサーリンク

 

関連記事