読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

知らないと損!羽田空港情報誌でターミナル内レストランが割引に!

ビッグバードプレスって知ってますか?

羽田空港の情報誌ですね。ちなみに『ビックバード』とは羽田空港国内線の総称です。
情報誌は毎月出ていて4月号はこんな感じです。

f:id:norikun2016:20170402060639j:plain

情報誌と聞くと内容は想像しやすいと思います。
空港内のイベント、ショップやレストラン、コラムや季節の情報等々。
ターミナルマップもあるので手元にあればとても便利です。

さて、そんな羽田空港の情報誌。レストラン割引の特典が付いているんです。
割引されるレストランは毎月変わってくるようですが羽田空港で食事を!と言う時は利用したいですね。特典が掲載されているページを提示すれば10%の割引になります。

そんなビックバードプレスの特典を実際に利用してみました。

羽田空港の情報誌『ビックバード』で特典を利用してみました

 

どこにおいてあるの?

ビックバードプレスは国内線ターミナル内のいたるところに置いてあります。
フロアマップがある横に置いてあるところが多かったですね。

こちらはJALの第1ターミナル。

f:id:norikun2016:20170402061535j:plain

こちらはANAの第2ターミナル。

f:id:norikun2016:20170402061648j:plain

 

何の特典が付いているの?

国内線ターミナル内のレストランが情報誌を提示するだけで10%割引になります。
対象となるレストランは毎月違ってくるようです。こんな感じで掲載されています。

f:id:norikun2016:20170402065751j:plain

例えば4月の第1ターミナルだと、
6Fのスカイステーション、5Fのあずみ野、寿司田、4Fのロイヤルコーヒーショップ、ロイヤルデリ、ロイヤルイタリアンダイニング、3Fの赤坂離宮、2Fの新大和、Hitoshinaya、ル・シエール、1Fのあずさ、b1Fのエディアール、アビオン、サブウェイ、東京シェフズキッチンが対象で10%割引になります。

第2ターミナルだと、
5Fのウエストパークカフェ、蕎麦割烹 あずみ野、4Fのエアポートグリル&バール、3Fのウェストパークカフェ(エクスプレス)、広東家菜、2Fのカフェ&ビアレストラン アビオン、羽田エクセル東急の『フライヤーズテーブル』、1Fのアーツカフェ&ブラッセリー、餃子とタンメン 天、TOKYO AIRPORT RESTAURANTが対象で10%割引になります。

第2ターミナル搭乗予定だけど第1ターミナルで食べたいわ、何て時にもB1F京急線で繋がっている地下通路を使えばターミナル内を簡単に移動できるので、時間に余裕がある時は食べたい方で利用したいですね。ターミナル内の移動についてはこちら参考まで。


実際に利用してみました

向かった先は第1ターミナルの『ひとしなや』
店の特徴は、あさごはん、どんぶり、らーめんの3店舗が一堂に会しています。
3店舗とも『だし』にこだわっているとのこと。あさごはんと言っても昼でも夜でも満足できる味、そして量があります。

のれんをくぐって『あさごはん』の方へ。

f:id:norikun2016:20170401221608j:plain

メニューは肉膳、魚膳、鮭膳、おかゆとか。

f:id:norikun2016:20170401221625j:plain

店内の風景。厨房が見渡せるのが特徴です。

f:id:norikun2016:20170401221640j:plain

 肉膳はこんな感じ。あー、全部が美味しい(笑)優しい味でした。

f:id:norikun2016:20170401221754j:plain

f:id:norikun2016:20170401221810j:plain

さて、1点注意事項。
割引は現金かICカードのみでクレジットカードは不可です。
ICカードはiD、楽天EdywaonPASMOSuicaが使えました。

f:id:norikun2016:20170401222056j:plain

簡単に10%の割引が受けられました。

f:id:norikun2016:20170402070817j:plain

割引の有効期間は発行月の1日から月末まで。特典の利用は1グループにつき1冊1回まで。羽田空港の国内線で食事をしよう、何て時はぜひ利用してみてください。
ビックバードは特典の他にもお土やスイーツの特集、ラウンジの紹介なんかもあるので読むだけでも面白いですよ。

さて、羽田空港。余った外貨を電子マネーに交換できるサービスが始まり、
2017年3月末から交換先として『WAON』が加わりました。今後交通系の電子マネーが加わり、羽田空港以外に設置されれば更に便利になるでしょうね。尚、設置先は羽田空港国際線ターミナルですがターミナル間は無料バスが出ているので国内線搭乗時でも利用が可能です。こちら参考まで。


スポンサーリンク

 

関連記事