しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

あのエミレーツ航空のラウンジが有料で利用できるって知ってました?

あのエミレーツ航空のラウンジが有料で利用可能に?
ニュースレターを見て驚きました。実際は2017年2月から利用可能になっているようです。時代の流れに乗った、と言う感じでしょうか。但し、エミレーツ航空搭乗に限られるので利用機会は限られます。

さて、空港ラウンジって?

以下の2種類に分けられます。
①プライオリティパスやクレジットカードで利用できるラウンジ。
②航空会社が運営するラウンジ。

出発前の時間、誰かとお喋りしたり、食事したり、一人で読書したり。
思い思いに過ごすエリアです。

①は比較的利用しやすいラウンジの入室方法です。

②の航空会社のラウンジは一定のステータスを得ることで利用できます。
一定のステータスになればラウンジ利用の他にも優先チェックイン、優先手荷物、優先搭乗、ボーナスマイルその他の特典があり、そうした特典を求めて航空会社にひいきを作る、いわゆる『修行』する人が増える要因になっています。

航空会社のラウンジは有料でも利用できるところが多いです。
例えば、ANA、JAL、ユナイテッド航空、アメリカン航空とか。

そんな中、エミレーツ航空。
今回、ニュースレターが届いて知ったのですがびっくりしました。
あのエミレーツ航空のラウンジが有料で?ビジネスクラス搭乗やステータスを獲得しないと利用できないと思っていたので驚きです。

エミレーツ航空はセールを頻繁に実施しています。
エコノミーで行くヨーロッパが5万円台とか。そうしたセールを利用してラウンジを利用するのも一つかなと思います。

エミレーツ航空のラウンジが有料で利用できる

エミレーツ航空って

中東御三家の一つ。カタール航空、エミレーツ航空、エティハド航空が中東を代表する航空会社。地理的な利点を生かし乗継空港としての戦略が上手くいき、オイルマネーからの設備投資も功を奏し順調に発展しています。以下の発着地域を見ると地理的な面を生かしていることが分かります。ヨーロッパ、アメリカからの乗継に適しています。

f:id:norikun2016:20170814075820j:plain

 

エミレーツ航空のステータス

エミレーツ航空のステータスは以下の4つ。
ブルーは通常会員。シルバー以上で優先手続き、ラウンジ利用、ボーナスマイル等の特典があります。

f:id:norikun2016:20170814080200j:plain

さて、エミレーツ航空のステータスを得ようする人は限定されます。
なぜならエミレーツ航空はアライアンスに属していないの特典が限定的になるからです。

例えばANAのステータスを得るとANAだけでなく同じスターアライアンス便(エバー航空、ユナイテッド航空とか)に乗ってもANAで得た特典を受けることができる、この辺の違いは大きいですね。

 

エミレーツラウンジの変更点

今まではシルバー会員以上が該当するラウンジを無料で利用できました。

2017年2月から通常会員であるブルー会員も利用できることになりました。
ドバイ空港のラウンジで会員本人と同便での同行者が利用可能。最大4時間利用できます。

ドバイ空港のビジネスラウンジはこんな感じ。ゴージャスですね~

f:id:norikun2016:20170814090020j:plain

ファーストラウンジは食事はレストラン形式ですし、まあ、すごいの一言です。

f:id:norikun2016:20170814093538j:plain

利用料金は以下。
ファーストクラスラウンジは200米ドル。
ビジネスクラスラウンジは100米ドル。
エミレーツラウンジは100米ドル。

ビジネスクラスのラウンジ100ドルは高いですが、
乗継で4時間滞在すると考えれば食事、アルコールは無料ですし、許容範囲かなと思います。豪華なトランジットのホテルに短時間滞在するイメージですかね。30分とか1時間ならもったいない気がします。元を取りたいです(笑)

以下の空港でも100米ドルで利用可能。但し、搭乗本人に限る。

オークランド、バンコク、バーミンガム、ボストン、ブリスベン、ケープタウン、デリー、デュッセルドルフ、フランクフルト、グラスゴー、ハンブルク、ヨハネスブルグ、クアラルンプール、ロンドン(ガトウィック)、ロンドン(ヒースロー)、ロサンゼルス、マンチェスター、メルボルン、ミラノ、ミュンヘン、ニューヨーク(JFK)、パリ(シャルル・ド・ゴール)、パース、サンフランシスコ、シドニー、成田、チューリッヒ

エミレーツ航空搭乗が条件なので機会は減りますが大きな試みと言えます。
対象者を限定することで利用者が少なくなりラウンジの価値が高まることに繋がりますが、有料ですべての人に開放。利用者が減っていること、そしてラウンジの魅力を知って貰うと言うことでしょうか。

エミレーツ航空は頻繁にセールを開催しています。
ドバイ乗り継ぎのヨーロッパが5万円台とか。そうしたセールを利用して乗継時に利用するのが一つかなと思います。私も機会があれば試したいと思います。

有料で使えるラウンジについて

ANAは国内線も国際線も有料で利用可能、対象空港は羽田空港、成田空港になります。


ANAスイートラウンジはラウンジ券がオークションで5000円くらい。
エミレーツの料金が破格だと分かります。

こちらはクレジットカード(プライオリティパス)で使えるラウンジについて。
特に国内線だと混んでいることも少ないので個人的にねらい目だと思います。

スポンサーリンク

 

関連記事