しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

空港ラウンジはこんなに魅力 無料で使えるクレジットカードまとめ

空港に早く着いて時間が余った時、
友人や家族とゆっくり話したい時、
仕事をしたい時、
乗継がある時、

そんな時は空港ラウンジが便利です。
空港ラウンジは搭乗前の待合室の様なもの。ソファーがあって、デスクがあって、飲み物が無料。ゆっくり、のんびりすることができ、またWiFiもあるのでパソコンでの作業もはかどります。

f:id:norikun2016:20170406060629p:plain

私自身、羽田空港のカードラウンジを初めて利用した時はびっくりしましたね。対象のクレジットカードは持っていましたが、利用できる、と言うことを知りませんでした。

そんな、空港ラウンジについて。

空港のラウンジは航空会社のラウンジとカード会社のラウンジがあります。
航空会社のラウンジは航空会社の一定のステータスを取ることで利用できます。ANAJALは国内の主要な空港にはラウンジを設けて出発前のひと時をより快適に過ごせるようサービスを提供しています。全ての空港にはなく、また利用のハードルは高いです。

一方、カード会社の空港ラウンジは航空会社のラウンジと違い利用制限はなく、
対象となるクレジットカード(ゴールドカード)を持つことで無料になります。手っ取り早く空港ラウンジを利用するのはこちらが便利です。

対象のゴールドカードを持つことで無料になる、それが魅力。
ゴールドカードと言っても年会費5,000円から利用できるカードがあり、大体は10,000円前後でしょう。加えて、ラウンジ云々ではなく、旅行傷害保険、ショッピング保険、各種ポイントの優遇、入会キャンペーン、初年度無料等々の特典があり、利用しやすくまた魅力なカードとなっています。

さて、広島に行った帰りのこと。

f:id:norikun2016:20170406061013p:plain

アメックス・ゴールドカードを使って広島空港のカードラウンジ『もみじ』を利用しました。今まで幾つかのカードラウンジを体験しましたがこれは最強レベルです。
そんなラウンジ『もみじ』、そして空港ラウンジについて。

ゴールドカードで使える空港ラウンジ

 

広島空港の『もみじ』を利用してみて

広島空港国内線2階の出発ロビーに『もみじ』があります。
正面を向いて左がJAL、右がANAのチェックインカウンターでJAL側に『もみじ』があります。

f:id:norikun2016:20170405200028j:plain

一番奥にカードラウンジ『もみじ』があります。
保安検査の前の出発ロビーにあるので、見送りの場合には皆で利用することも可能です。利用条件は各種クレジットカードの提示で無料、または有料(税込み1,620円)です。

f:id:norikun2016:20170405191449j:plain

受付の先にあるこちらは贅沢なスペースの使い方ですね。利用客一人一人の目が合わない様に設計されています。と言うかガラガラですね。このエリアを独占できる感じが素敵です。

f:id:norikun2016:20170405191539j:plain

f:id:norikun2016:20170405191604j:plain

隠されたように奥にあるこちらは座り心地抜群のチェアが出迎えてくれます。
ちょっとうたた寝するくらいだとちょうど良いでしょうね。

f:id:norikun2016:20170405191622j:plain

受付から右に進むとこちらのスペース。
一つ一つ敷居があってプライベート感満載です。

f:id:norikun2016:20170405191701j:plain

『もみじ』に何が一番驚いたかと言うとテレビがセットされている場所があることです。リモコンとヘッドホンは受付で無料で貸してくれます。こんなラウンジは初めてです。時間潰しには最適ですね。

f:id:norikun2016:20170405191745j:plain

f:id:norikun2016:20170405191802j:plain

こちらはビジネスデスク。

f:id:norikun2016:20170405191820j:plain

パソコンがあったり。

f:id:norikun2016:20170405191841j:plain

喫煙コーナーもあります。

f:id:norikun2016:20170405191907j:plain

 

飲み物コーナー

ブラック、ラテ、エスプレッソ他、コーラ、レモンティーにお茶があります。
アルコール、食べ物類は無し。

f:id:norikun2016:20170405191929j:plain

f:id:norikun2016:20170405192004j:plain

f:id:norikun2016:20170405192356j:plain

 

まとめ

『もみじ』は国内線で今までに体験したラウンジでは上位に来るサービスでした。広島空港を利用の際はぜひ立ち寄ってみてください。

さて、空港ラウンジは各空港それぞれ特色があります。とは言え、サービスの差はあれど基本的には『もみじ』の様な感じです。ソフトドリンクは無料、アルコールは基本は無し(あれば有料)、食事類は基本なし(あればスナック程度)。

羽田空港のラウンジはこんな感じ。巨大空港とあって時間帯によっては激混みします。
大型連休だと使い勝手は悪いかもしれないですね。それ以外だと比較的利用しやすいです。WiFi無料、ドリンク無料、軽食あり。

f:id:norikun2016:20170406054158j:plain

クロワッサン、ごまロールと言ったパンもありますね。
パン類は無くなり次第終了になります。食事についはラウンジによって異なります。国内線のラウンジは食事は無し、国際線のラウンジは食事有りが基本です。

f:id:norikun2016:20170406054219j:plain

個人的にお気に入りなのが関空のラウンジ 「比叡」。
ソフトドリンク系、缶ビール、ウイスキー(アルコールは有料)とおつまみがあります。おつまみは煎餅、柿の種、かりんとうです。利用客も多くなく落ち着いた雰囲気で何度か利用しました、おすすめのラウンジです。

f:id:norikun2016:20170406055635p:plain

ちなみに航空会社のラウンジはこんな感じです。広島空港のJALラウンジです。

f:id:norikun2016:20170406060033j:plain

f:id:norikun2016:20170406060047j:plain

国内線でのカードラウンジとの一番の違いはアルコール(ビールサーバー有)が無料、と言うことでしょうか。尚、飲まないと言うことであればカード会社のラウンジも航空会社もあまり変わらない、と個人的に思います。ただ国際線の場合は食事が全然違うので、航空会社ステータスを取ってラウンジに!という場合はやはり国際線での利用が魅力でしょう。航空会社の国際線のラウンジについてはこちら参考まで。

 

空港のカードラウンジは制限エリア外にあることが多く搭乗予定者以外でも利用が可能です。尚、その場合は有料になります。

そんな空港ラウンジはゴールドカードを持つことで無料になります。
搭乗予定が多いとき、家族で旅行をするとき、搭乗前の時間潰しをしたいとき、等々の場合、空港ラウンジはとても魅力です。

 

空港ラウンジの利用方法について

国内線のほとんど全ての空港でカードラウンジは設置されています。
逆に航空会社(ANAJAL)のラウンジは全ての空港にはないので、その場合はカードラウンジでの利用になるでしょうか。

ラウンジ前にはこのように利用が無料になるクレジットカードの一覧が掲示されています。有料でも利用可能で料金は1,620円となっています。

f:id:norikun2016:20170406072133j:plain

 

提携しているクレジットカード

クレジットカード会社と提携している空港ラウンジは各種カードと当日の搭乗券の提示で無料になります。対象となるゴールドカードは幾つかあり、会費や、同伴者の無料・有料はそれぞれ異なってきます。空港ラウンジが無料で利用できる主なクレジットカード(ゴールドカード)の年会費(税抜)は以下の通り。

カード名 年会費
ダイナース 22,000
エポスカードゴールド 5,000
ジャックスカードゴールド 5,000
三菱東京UFJ-VISA ゴールド 10,000
DCゴールド 10,000
楽天プレミアムカード 10,000
ライフカードゴールド 10,000
JCBゴールド 10,000
UCゴールド 10,000
アメリカン・エクスプレス 12,000

ダイナースを除けば税抜5,000円~10,000円と言ったところです。
5,000円のゴールドカードで空港ラウンジが使えるのは魅力でしょう。
ゴールドカードの特典はラウンジ云々だけではないので、各種特典を考慮し、発行するのが良いでしょうね。

例えばアメリカン・エクスプレスカードなら同伴者1名可能、家族会員6,000円で家族カードを持つと更に同伴者1名で計4名が利用可能になります。
JCBゴールドだと初年度無料で2年目以降税抜10,000円、家族カードは1枚目無料、2枚目は1,000円と破格です。

こんな感じで1名で利用する場合、複数で利用する場合によって変わってきます。
従って、特典はもちろん、旅行が多い、と言うことであれば利用可能な人数を考慮の上、カードを選択するのが良いでしょう。

加えて、年会費初年度無料のクレジットカードも多いです。
私はアメックス・ゴールドカードを発行しましたがキャンペーンにより初年度は無料(2年目以降は29,000円)でした。アメックスゴールドは各種特典も豊富でゴールドカードの中での充実ぶりは上位にくるでしょうね。こちらにまとめています、参考まで。


プライオリティパスを利用

今までは国内線のラウンジについてでしたが海外でもカードを提示することで無料になるラウンジがあります。ダイナースだと提示するだけで無料になる場合がありますが、それ以外は有料になります。そんな時はプライオリティパスでしょうね。

 

プライオリティパスとは

世界で約1000ヶ所の空港ラウンジを利用することが出来る。日本だと成田空港、中部国際空、関西空港福岡空港の4つ。3種類の有料プランで利用可能で提携クレジットカードからプライオリティパスのカードを申請できる。 

プライオリティパスで利用可能なラウンジは全ての空港にある訳ではありませんが主要な空港にはあることが多いです。アルコールやソフトドリンク、食事、場所によってはシャワーあり。搭乗前の時間を快適に過ごせること間違いなしです。 

実際に利用した香港のプラザプレミアムラウンジは最高でした。
ヌードルバーあり、ビールサーバーあり。これが無料で利用できるので海外に行く際はプライオリティパスを携帯していですね。

 

プライオリティパスの発行について

最も発行して利用しやすいのは楽天プレミアムカードでしょう。プライオリティパスを無料で発行できます。年会費10,000円で国内外のラウンジが使えることになる楽天プレミアムカードは旅行や出張が多い、と言う時は発行したいカードの一つです。尚、ラウンジによって異なりますが、同伴者は有料になります。

その他、アメックスゴールドカードでもプライオリティパスは発行可能、但し無料は年2回までとなっています。

 

まとめ

国内外で無料で利用できるクレジットカードについてまとめてみました。
ラウンジ無料と言ってもカード発行は有料ですのでどのカードにするかは慎重に選びたいですね。

カードの選択基準としては、
カードの特典、発行時のキャンペーン、初年度無料かどうか、ラウンジでの利用人数、国際線の利用が多いか、等によって変わってきます。発行するのであれば発行時はキャンペーン、初年度会費について注目したいですね。

加えて、クレジットカードの乱発は避けたいところ。
カードの優先順位を付けて発行するのがベターです。発行したいカードから先に、キャンペーンが魅力なカードから先に発行するのが良いでしょう。

私自身のクレジットカード保有について以下でまとめました、参考まで。

スポンサーリンク

 

関連記事