読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ANA国際線でアップグレードポイントを使ってみました

ANA ANAプラチナ・SFC特典

ANA国際線で座席のアップグレードの方法は大きく分けて2つ。
①マイルを使う。
②アップグレードポイントを使う。

アップグレードポイントとは

ANAプレミアムメンバーの特典の一つ。
1月~12月のANAグループ運航便の利用で獲得したプレミアムポイントに応じて、翌年度(4月1日~翌年3月31日)に貰えるポイント。座席クラスのアップグレードやラウンジの利用などに使える。尚、翌年4月1日以降への持ち越しは不可。


そんなアップグレードポイントは最も価値が高い座席変更で使用したいですが、対象の予約クラスで購入する必要があり結局は高くついてしまう、と言う問題がありました。ツアーとか格安航空券は対象外になります。クラスの詳細は以下の通り。

旅程エリア エコノミーからビジネス ビジネスからファースト
日本地区旅程開始 Y,E,B,M,U J,C,D,Z  *Pは除く
日本地区以外の旅程開始 Y,E,B,M,U,H J,C,D,Z  *Pは除く

 

そこで、旅作のプレミアムエコノミーが良いのではと以前に投稿しました。
元々安く設定されている上に予約クラスがEなのでアップグレード対象だからです。
とは言え、これだけだと使い辛いのは変わりません。詳しくはこちらに


さて、アップグレードポイントについて。
私はダイヤモンドメンバーになったばかりなのでポイントは保有していません。
事前サービス中なので来年4月にもらえることになります。

しかしながら、事前サービス中でも翌年4月以降の便だとポイントを前借りする形で使用できるということで、使えそうな路線を探していました。

路線として海外発券は良いと言うことを聞いていましたが、
現地発着なので使い勝手が悪くあまり考えていませんでしたが、では片道発券はどうか、と言うことから始まり実際に発券・ポイント利用にいたりました。

と言うことで詳しく書いてみたいと思います。

 

クアラルンプールから東京 片道を発券

今回アップグレードしたのはクアラルンプール線です。
と言っても東京発ではなくクアラルンプール発になります。

先ずは参考までに東京ークアラルンプール往復のエコノミー運賃。
最安は56,670円でアップグレード不可。(キャンペーン中だともっと安いです)
アップグレード可能な運賃は166,670円と高いですね。

クアラルンプール発のANA便

 

これがクアラルンプール発着だとどうなるか。片道運賃です。
最安値はアップグレード不可ですが、真ん中のFlex Plus はアップグレード可の運賃(クラスはH)です。往復7万円程度になりますので、東京発着より全然お得になります。ちなみに右下のアップグレード反映を押すと空きがあるか分かるようになっています。

クアラルンプール発の片道運賃

 

とは言え、クアラルンプール発着の往復は、
クアラルンプール⇒東京⇒クアラルンプールなので、
東京⇒クアラルンプール、クアラルンプール⇒東京を加える必要があり例えLCCで行ったとしても時間とコストがかかってしまいます。

そこで、クアラルンプール⇒東京の片道発券で考えてみました。
海外発券だと通常の半分の運賃で済むので良いですね。

 

 

クアラルンプール⇒羽田でアップグレードポイントを使ってみた

実際に発券しポイントを使ってみましたので順をおって書きたいと思います。

 

 

先ずはチケットを確保

ANAホームページにて出発地をクアラルンプール、到着地を東京で検索。

ANAホームページから国際線を予約

 

以下の画面でアップグレードに空席があるか必ず確認してください。
購入したは良いがアップグレードできない(空席待ち)だと辛いですので。

ANA国際線のアップグレード情報

 

空きを確認して購入しました。次はアップグレードポイントを使うことになります。

 

 

事前サービス中は電話でアップグレードの申請

事前サービス中なので4月まではポイントはありません。
前もって使用する場合にプレミアムデスクに電話する必要があります。

尚、ダイヤでもプラチナでもその時点で確定していれば事前サービス中でも翌4月以降分であれば使用OKとのことです。ちなみに貰えるポイントはこんな感じです。

ANAアップグレードポイント

 

チケットを確保した上で電話しました、やりとりは以下の通り。

私『〇〇についてアップグレードをお願いしたいのですが』
担当『はい、かしこまりました。マイルを使ってのアップグレードですね?』
私『いや、アップグレードポイントを使いたいです』
担当『失礼ですが、お手持ちのアップグレードポイントはないようなのですが』
私『あ、すいません。来年4月以降の便なのでポイントが使えると思います』
担当『失礼しました。お席(枠)が1つしかないのですぐに確保します。少々お待ちくださいませ』

アップグレードポイントは0なので初めは理解されなかったですが経緯を説明するとすんなりでした。

そしてすぐに反映されました。
8アップグレードポイントと38,600円(諸税込)でビジネスクラスです。
実際の運賃は最安値で97,900円ですので6万円近く得をしたことになります。

ANAクアラルンプール片道でアップグレード


機材はB787-8でフルフラットではありませんが十分でしょう。
ちなみに18,000マイルを使ってのアップグレードも可能です。
またマイル加算70%なのでプラチナだと4,555マイル貯まります。

尚、上記は片道ですので東京⇒クアラルンプール片道が必要です。
片道発券可能なLCCでも良いですし、JAL特典でも良い、BA(ブリティッシュエアウェイズ)マイルを使って東京⇒香港⇒クアラルンプールでも良いかなと思っています。4月までは時間もありますし年が明けてから考えたいと思います。

アップグレードポイントは残りは32ポイントになりました。
この調子で行けばダイヤ修行分くらいは元を取れそうです。

尚、アップグレードについては登録すれば2親等以内での利用も可能です。

 

 

まとめ

クアラルンプール以外だと台北線も良いですね。
東京発着のアップグレード対象は高いので、こちらも台北発の片道で。
台北(桃園)⇒成田で36,720円(諸税込)が対象運賃。

ANA台北発の運賃

 

6アップグレードポイントか12,000マイルでアップグレード可能です。

こちらも現地まで行く必要がありますがLCCは多く出ていますし、
デルタ、BAマイルを使うのも良いかなと思います。

アップグレードポイントはスカイコインに交換できますが、
40ポイントもらっても4万コインにしかなりませんので、やはり価値が高いアップグレードに使いたいところ。

クアラルンプールや台北は治安も良いですしホテルも多く楽しめるのではと思います。
本当は欧米路線で使いたいのですが対象運賃だと高くなりますので、現地発着のアジアは魅力だと思います。

マイルを使ったアップグレードも良いですね。こちら参考まで。


 

 

 関連記事